Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

JavaでのScannerクラスの使い方とは?Scannerクラスを正しく使いこなそう!

2021年01月22日
SE
JavaのScannerクラスはどのようなときに使用するのでしょうか。
PM
指定した型の値を読み込むのにScannerクラスを使用します。

JavaでのScannerクラスの使い方とは?


今回は、JavaでのScannerクラスの使い方について説明します。
指定した型の値を読み込むのにScannerクラスを使用します。指定した型以外の値を読み込むと例外が発生しますので、例外処理を施してください。

ここでは、以下について紹介します。
・基本的な使い方
・複数回の入力
・ファイルからの入力
・Delimiterの変更
・Radixの変更

JavaでのScannerクラスの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

基本的な使い方

JavaでのScannerクラスの基本的な使い方を紹介します。Scannerクラスを使用するには、「import java.util.Scanner;」を記述します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

数字を入力すると、画面に入力した数字が出力されることが分かります。このように、Javaでは指定した型の値を読み込むのにScannerクラスを使用します。

数値以外を入力すると、InputMismatchExceptionが発生します。try-catchで囲んでください。

複数回の入力

先ほどのサンプルについて、複数回入力するプログラムを紹介します。ここでは、型にdoubleを指定します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaのScannerクラスを利用して複数回入力することもできます。

ファイルからの入力

JavaのScannerクラスでは標準入力ではなく、ファイルから入力することもできます。

以下のようなファイルを入力とします。

実際のソースコードを見てみましょう。ファイルを扱うので「import java.io.File;」を記述します。

実行結果は以下のようになります。

ファイルの内容が出力されていることが分かります。このように、JavaのScannerクラスでは標準入力ではなく、ファイルから入力することもできます。

Delimiterの変更

ScannerクラスのDelimiterはデフォルトでは半角スペースになっています。

実行結果は以下のようになります。

ScannerクラスのDelimiterは変更できます。パイプ(|)で区切れば、複数のDelimiterを指定することもできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaにおいてScannerクラスのDelimiterは変更できます。

Radixの変更

ScannerクラスのRadix(基数)はデフォルトでは10進数になっています。Radixは変更することができます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaにおいてScannerクラスのRadixは変更できます。

SE
JavaでのScannerクラスの使い方がよく分かりました。
PM
Scannerクラスの使い方をより理解するために、あえて指定した型以外の値を読み込んでみるのも良いでしょう。いろいろ試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。JavaでのScannerクラスの使い方について説明しました。
指定した型の値を読み込むのにScannerクラスを使用します。指定した型以外の値を読み込むと例外が発生しますので、例外処理を施してください。DelimiterやRadix(基数)を変更することもできます。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


Java分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)