Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

JavaのListについてわかりやすく解説!

2020年12月29日
SE
JavaのListとはどのようなものなのでしょうか。
PM
順序のある複数の要素を持つことができるインターフェイスです。配列をより便利にしたものと考えてよいでしょう。

JavaのListとは?


JavaのListは順序のある複数の要素を持つことができるインターフェイスです。配列をより便利にしたものと考えてよいでしょう。

Listの親インターフェイスはCollectionで、その親インターフェイスはIterableであるため、その2つの機能も備えています。

この記事ではListインターフェイスを実装しているクラスの使い方を紹介します。要素が複数あるデータを扱う時に、是非参考にしてください。

配列は拡張することが出来ない

Javaで10個の文字列を入れたい場合、以下のようなString型の配列があります。

String[] strAry = new String[10];

しかし、Javaの配列は拡張することができないため、これでは11個以上の文字列を入れることができません。その場合は、以下のようなListを使用します。

List<String> strList = new ArrayList<String>();

List型のクラスを宣言する方法

Listインターフェイスを実装したクラスで多く利用されるのはArrayListクラスです。以下のように利用します。

List<中のデータの型> 変数名 = new ArrayList<中のデータの型>();

ただしJava 10からは型推論ができるようになったため、右側の中にあるデータの型は以下のように省略できるようになりました。

List<String> strList = new ArrayList<>();

なおこのページのサンプルを実行する場合は、ソースの先頭に以下のimport文を追加してください。Listとそれに関連するクラスはjava.utilパッケージに属しています。

import java.util.*;

ArrayListの使い方

以下がArrayListの基本的な使い方です。

List<String> strList = new ArrayList<>();
strList.add(“”太郎””);
strList.add(“”二郎””);
strList.add(“”花子””);

for(Iterator<String> iterator = strList.iterator(); iterator.hasNext();) {
System.out.println(iterator.next());
}

addで追加を行い、順次処理ができるIteratorインターフェイスの機能で次々にアクセスして中身を表示しています。実行結果は以下のようになります。

太郎
二郎
花子

ArrayListの使い方の応用

Stringの文字列ではなく数値を格納したい場合は、以下のJavaサンプルのようにInteger型を利用します。

List<Integer> intList = new ArrayList<>();
intList.add(100);
intList.add(200);
intList.add(300);

intList.forEach(System.out::println);

addでクラスではない数値を渡していますが、Javaのオートボクシングの機能でInteger型に変換してくれます。最後にforEachと言うメソッドを使っていますが、これでIteratorを使わなくても繰り返し処理をすることができます。

addAllとset

addAllメソッドを使うと既存のListの中身を全て追加することができます。上のJavaサンプルに以下を追加することで、intList2にintListの中身をコピーできます。

List<Integer> intList2 = new ArrayList<>();
intList2.addAll(intList);

setは指定した場所を別の値に変更できます。

List<Integer> intList = new ArrayList<>();
intList.add(100);
intList.add(200);
intList.add(300);
intList.set(1,400); // 入れ替え

intList.forEach(System.out::println);

実行すると以下のようになります。0から数えて1番目が200から400に変わりました。

100
400
300

値を1つだけ取り出すならget

IteratorやforEachで全部取得するのではなく、特定の値を1つ取得する時はgetを使用します。

List<Integer> intList = new ArrayList<>();
intList.add(100);
intList.add(200);
intList.add(300);
System.out.println(intList.get(1));

実行すると以下が表示されます。0から数えて1番目を取得しています。

200

サイズ取得と配列変換

以下のJavaサンプルはListを配列に変換しています。

List<Integer> intList = new ArrayList<>();
intList.add(100);
intList.add(200);
intList.add(300);

Integer[] intAry = new Integer[intList.size()];
intList.toArray(intAry);
for (int i = 0; i < intAry.length; i++) {
System.out.println(intAry[i]);
}

Listの要素数はsize()で取得できます。それを使ってInteger型の配列intAryを宣言します。それにtoArrayメソッドで中身をコピーして表示しています。実行結果は以下になります。

100
200
300

indexOfとlastIndexOf

指定した値が何番目にあるかはindexOfを使用します。以下のJavaサンプルをご覧ください。

List<String> strList = new ArrayList<>();
strList.add(“”太郎””);
strList.add(“”二郎””);
strList.add(“”花子””);
strList.add(“”二郎””);

System.out.println(strList.indexOf(“”二郎””));
System.out.println(strList.lastIndexOf(“”二郎””));
System.out.println(strList.contains(“”二郎””));

indexOfは指定した値が最初に登場した位置、lastIndexOfは最後に登場した位置、containsは指定された値があるかどうかがわかります。実行結果は以下になります。

1
3
true

removeで削除する

Listの要素の削除はremoveで行います。

List<String> strList = new ArrayList<>();
strList.add(“”太郎””);
strList.add(“”二郎””);
strList.add(“”花子””);
strList.add(“”二郎””);

strList.remove(“”二郎””);
strList.forEach(System.out::println);
System.out.println();
strList.remove(1);
strList.forEach(System.out::println);

実行結果は以下になります。「二郎」を削除していますが、削除されるのは最初に見つかった1つだけです。

その後に0から数えて1番目の「花子」を消しています。このようにremoveは要素の値と番号の2つの指定方法があります。

太郎
花子
二郎

太郎
二郎

Collections.sortでソートできる

Listの内容は簡単にソートすることができます。

List<Integer> intList = new ArrayList<>();
intList.add(8);
intList.add(3);
intList.add(5);
intList.add(2);

Collections.sort(intList);
intList.forEach(System.out::println);

実行すると以下のように昇順にソートされています。

2
3
5
8

SE
JavaのListを理解できました。Javaのスキルアップを目指せそうです。
PM
JavaのListは便利なインターフェイスです。Listをマスターして素晴らしいJavaのプログラムを作ってみてください。

JavaのListを上手く使いこなそう

JavaのListの機能について解説しましたが、ご理解頂けましたでしょうか。

Listにはここで紹介した内容以外にも色々な機能があります。Listをマスターして素晴らしいJavaのプログラムを作ってみてください。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags