Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

JavaでのPathクラスの使い方とは?Pathクラスを正しく使いこなそう!

 
JavaでのPathクラスの使い方とは?Pathクラスを正しく使いこなそう!
SE
JavaでのPathクラスはどのように構成されるのでしょうか。
PM
Pathは、ディレクトリの区切り文字(/や)で区切られた要素で構成されます。

JavaでのPathクラスの使い方を紹介します!

今回は、JavaでのPathクラスの使い方について説明します。
Pathは、ディレクトリの区切り文字(/や\)で区切られた要素で構成されます。
ここでは、Pathオブジェクトの生成、Pathの連結、ファイル名などの取得、Pathの比較、Pathの判定、要素の分解、サブPathの取得について紹介します。

JavaでのPathクラスの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

Pathオブジェクトの生成

Pathオブジェクトの生成方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにJavaのPathオブジェクトを生成します。

Pathの連結

Pathオブジェクトの連結方法を紹介します。resolveメソッドやresolveSiblingを使用します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaではPathオブジェクトを連結できます。

ファイル名などの取得

Javaでは、Pathオブジェクトから各種情報を取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaではPathオブジェクトから各種情報を取得できます。

Pathの比較

Javaでは、compareToメソッドでPathオブジェクトを比較できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

辞書的に先に登場する場合は-1、後に登場する場合は1、同じ場合は0を返却します。

Pathの判定

Pathオブジェクトの判定方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaではPathオブジェクトの判定ができます。

要素の分解

Pathオブジェクトの要素分解方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

サブPathの取得

PathオブジェクトからサブPathを取得する方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、JavaではPathオブジェクトからサブPathを取得できます。

SE
JavaでのPathクラスの使い方について、よく理解できました。
PM
Pathオブジェクトの生成、Pathの連結などの使い方を理解して、実際にソースコードで指定してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。JavaでのPathクラスの使い方について説明しました。
ここでは、Pathオブジェクトの生成、Pathの連結、ファイル名などの取得、Pathの比較、Pathの判定、要素の分解、サブPathの取得について紹介しました。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags