Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

Javaのvarとは?型推論で右辺の内容から型が自動的に決まる・varはローカル変数にしか使えない

2021年07月28日
SE
Javaのvarとはどのような機能なのでしょうか。
PM
Java 10からローカル変数の宣言で使用できるようになった「型推論」と言われる機能です。

Javaのvarとは?


Java 10からローカル変数の宣言で「var」を使用できるようになりました。これは「型推論」と言われる機能です。他の言語で多く採用されていますが、Javaでもようやく使えるようになったのです。

varにより型推論を使うことでプログラミングの負担が軽減され、作業効率を高めることができます。この記事ではJavaのvarを詳しく解説するので是非ご覧ください。

型推論とは?

型推論とはどういう意味なのでしょうか。読んだ通りで、型を推論するという意味です。変数を宣言する時にvarを使うと、Javaコンパイラが型を推測して自動的に決めてくれるのです。例えば、以下のようなローカル変数があるとします。

varの型推論を利用すると、以下のように記述することができます。

型推論で右辺の内容から型が自動的に決まる

varを使うと、上の例のようにどのような型の変数宣言でもvarで統一することができます。宣言の右辺の内容から型を推測してくれるのです。var value = 123;であれば右辺が数値なのでvalueはint型になり、var str = “あいうえお”;であれば右辺が文字列なのでstrはString型になります。

なお数値型でintでなくlong、float、doubleにしたい場合は、以下のように末尾でそれを明確にする必要があります。

varはローカル変数にしか使えない

Javaのvarはメソッド内のローカル変数にしか使えません。以下のようにクラスのメンバ変数や、メソッドのパラメータの型には使用できないのです。

varは動的型付けではない

なおJavaのvarが提供する機能は型推論であって、動的型付けではありません。動的型付けとはプログラムの時点では変数の型を決めず、実行時に自由に変数の型を変えられる機能です。

しかしvarは型の記述を省略できるだけで、プログラムの時点で型が決まります。これを静的型付けと言います。

そのため、varで変数を宣言する時は型が静的に決まる必要があるため、右辺の初期値が必須になります。以下の場合はval2はエラーになります。その直後に数値を代入していても不可です。

varを使うメリット

Javaのvarを使うメリットは何でしょうか。まず、プログラミングの負担が減ることです。以下のように長いクラス名の宣言がコンパクトになります。記述がくどくなくなるのでソースコードの可読性も高まります。

varを使うデメリット

では変数の宣言全てをvarにした方が良いのでしょうか。実はそうでもありません。以下のような戻り値の型がわかりにくいケースはvarを使わず、型を明示した方が良いでしょう。

無名クラスとvar

Javaには無名クラス(又は匿名クラス)という機能があります。以下のようにメソッドの中で一時的に使用するだけのクラスが必要な場合、「親クラス名() { … }」で宣言することが出来ます。

varを使えば無名クラスがとても便利になる

上のJavaサンプルを実行しようとすると、System.out.println(~);の行がエラーになります。Object型の子クラスとして無名クラスを定義していますが、Object型にはnameやageといったメンバが無いためです。

ところが、以下のようにvarを使えば型推論によりこれがエラーにならず実行できます。varと組み合わせることで無名クラスがより便利に使えます。

varの無名クラスの制約

なお上のhumanにObject型のインスタンスを再代入しようとすると、型が違うというエラーになります。humanに代入された無名クラスは型推論された何かであって、Objectクラスのサブクラスではないという扱いになります。

無名クラスの変数に再代入する必要性はないと思われるので、問題はないでしょう。

varは予約語ではない

なお誤解されやすいのですが、Java 10で導入されたvarは予約語ではなく「reserved type name(予約された型名)」です。よってプログラムの中で変数名やメソッド名に使うことが出来ます。

はエラーにならず、

もエラーになりません。メソッド名にも使えます。

varはクラス名には使えない

ただしvarは予約された型名であるため、クラス名には使用できません。以下はエラーになります。そのためJava9以前のソースコードでvarというクラスがあったら使用できなくなります。ただクラス名にvarとつけることはまずないでしょう。

Javaのクラス名は先頭は大文字にするのが普通なので、あるとしたらVarです。それはエラーにならないので実質的には問題は生じないでしょう。

SE
Javaのvarのメリットやデメリットなどが理解できました。
PM
プログラミングの効率をアップのためにもvarを使用してみましょう。

Javaのvarを活用して生産性を高めよう

Javaのvarについて解説しましたが、ご理解頂けましたでしょうか。varを使うことでローカル変数の型について冗長な記述をしなくて済むため、プログラミングの効率がアップすることは間違いありません。

また無名クラスとvarを組み合わせれば、Javaにそんなテクニックがあったのかと驚かれることは間違いありません。是非varを活用して生産性を高めて、他と差を付けましょう。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags