Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

JavaのInputStreamを使用しファイルを読み込む方法を解説!

 
JavaのInputStreamを使用しファイルを読み込む方法を解説!
SE
JavaのInputStreamとはどのようなクラスなのでしょうか。
PM
「ストリーム」はJavaの様々なクラスとして実装されていますが、InputStreamはそれらのスーパークラスにあたります。

JavaのInputStreamとは?


Javaはテキストファイル等の外部入力を読み込む仕組みとして「ストリーム」という概念を採用しています。「ストリーム」はJavaの様々なクラスとして実装されていますが、InputStreamはそれらのスーパークラスにあたります。

InputStreamのサブクラスを使用することで、ファイルの内容を読み込み、変数に格納する・表示する、といったことが可能になります。

InputStreamのサブクラスでファイルを読み込む方法


InputStreamのサブクラス「FileInputStream」を使用し、一行ずつ、1バイトずつ、1文字ずつJavaでファイルの内容を読み込む方法を説明します。

FileInputStreamでファイルを1行ずつ読み込む

FileInputStreamを用い、ファイルから1行ずつ文字列を読み込むことができます。具体的には次の様になります。

上記コードにより、「readLine.txt」の内容が1行ずつ、コンソール等の標準出力に表示されます。readLineメソッドの、ファイルの終端に達するとnullを返す仕様を利用し、最終行まで読み込みを行います。

FileInputStream→InputStreamReader→BufferedReaderの順にオブジェクトを生成する点、文字エンコードを指定する点に注意です。

FileInputStreamでファイルから1バイトずつ読み込む

次はFileInputStreamでファイルから1バイトずつ読み込む方法です。BufferedReaderは用いず、InputStreamReaderのreadメソッドを用います。

ファイル「readByte.txt」の内容が「ABC」であった場合、対応する文字コード

  • 65
  • 66
  • 67

が標準出力に表示されます。ストリームの終端に達すると-1を返すreadメソッドの仕様を利用し、ファイルの終端まで読み込みます。

FileInputStreamでファイルから1文字ずつ読み込む

1バイトずつ読み込んだバイトデータをchar型に変換することで、ファイルから1文字ずつ文字を表示することも可能です。



ファイルの読み込み方自体は先ほどと同じですが、標準出力に表示する際に(char)によってchar型にキャストしている点が異なります。ファイル「readChar.txt」の内容が「ABC」であれば、

  • A
  • B
  • C

と表示されます。あくまで1バイトずつ読み出しchar型に変換しているため、マルチバイト文字には対応しない点に注意してください。

FileInputStreamでファイルからバイト配列に格納する

FileInputStreamを使用し、ファイルからバイトデータをバイト配列に格納することもできます。BufferedInputStreamのreadメソッドを使用します。


FileInputStreamでファイルを一括でバイト配列に格納する

FileInputStreamのreadメソッドを使用して、ファイルの内容を一括してバイト配列に格納することもできます。

バイト配列を生成する際、あらかじめファイルのサイズを取得する点に注意です。BufferedInputStreamのreadメソッドの様にループを組んで格納を行う必要がない点は便利です。

InputStreamを継承しないクラスでファイルを読み込む方法


FileInputStreamを用いずにファイルの内容を読み込むこともできます。InputStreamを継承しないクラスを用いて、ファイルを読み込む方法を説明します。

FileReaderを用いファイルを1行ずつ読み込む

次のように、FileReaderを使用しファイルの内容を1行ずつ読み込むことも可能です。

FileInputStreamと比べ、コードをシンプルにできます。ただし、エンコード指定ができない点には注意が必要です。

FileReaderを用いファイルから1バイトずつ読み込む

FileReaderのreadメソッドを使用し、ファイルから1バイトずつ読み込むこともできます。

ファイルから1バイトずつバイトデータを取得します。ファイル「readByte.txt」の内容が「DEF」であれば「68、69、70」となります。char型にキャストすることで「D、E、F」を得ることもできます。

SE
JavaのInputStreamの使い方についてよく理解できました。
PM
JavaのInputStreamが理解できたら、目的に応じて使い分けてみましょう。

JavaのInputStreamについて、まとめ

InputStreamを用い、ファイルを読み込む方法を紹介しました。InputStreamは目的に応じ様々な方法で使用できる便利なクラスです。使い方を覚え、是非使用してみてください!


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags