Javaコラム Javaエンジニアのためのお役立ちコラム

Javaにおけるコマンドライン引数について|Javaでコマンドライン引数を取得する方法

 
Javaにおけるコマンドライン引数について|Javaでコマンドライン引数を取得する方法
SE
Javaにおけるコマンドライン引数について知りたいです。
PM
コマンドラインの概要やコマンドラインの取得方法について解説しますので、一緒に見ていきましょう。

Javaにおけるコマンドライン引数について


この記事では、Javaにおけるコマンドライン引数(ひきすう)について、説明します。

Javaのプログラムを工夫すると、コマンドライン引数と呼ばれる引数を受け取り、それに応じて動作を変えることも出来ます。Javaにおけるコマンドライン引数について、興味のある方は、ぜひご覧ください。

コマンドライン引数とは?

さて、ではそもそもコマンドライン引数とは何なのでしょうか。もしかすると、統合開発環境などでプログラムを作成している方には、馴染みが薄いかもしれません。

Javaのプログラムを作成した場合、コマンドラインからプログラムを起動することが出来ます。例えば、Windowsに付属しているソフト「コマンド プロンプト」(Macの場合は「ターミナル」)で以下のように入力すると、コンパイル済のプログラムを起動することが出来ます。

実は、このクラス名の後ろに、スペース区切りで文字を入力すると、その文字がコマンドライン引数として、プログラムに渡されます。

例えば、”sample.class” というファイルに”1″、”あいう”という文字をコマンドライン引数として渡して実行したい場合、以下のように「コマンド プロンプト」へ入力します。

このように、スペースで区切れば、1つ以上の値を、コマンドライン引数としてプログラムに渡すことが出来ます。

Javaでコマンドライン引数を取得する方法


ここからは、実際にサンプルコードを示しながら、Javaでコマンドライン引数を取得する方法や、それをどのように活用していくのか、ということについて説明していきます。

簡単なサンプルコード

では早速、簡単なサンプルコードを示します。

このプログラムは、コマンドライン引数があれば1つ目のコマンドライン引数を、コマンドライン引数がなければ「コマンドライン引数がありません」と出力するプログラムになっています。

このソースコードを見ると分かる通り、Javaにおいて、コマンドライン引数は、main関数への引数として、渡されます。より具体的には、

で定義されている、String型の配列としてコマンドライン引数をプログラム内から参照することが出来ます。

配列ですので、1つ目のコマンドライン引数を取得する場合はargs[0]、2つ目のコマンドライン引数を取得する場合は args[1] というように指定することで、コマンドライン引数を自由に利用することが出来ます。

また、コマンドライン引数の個数は、 args.lengthで確認することが出来ます。

応用したプログラムの例

では、コマンドライン引数を活用した、プログラムを作成してみましょう。

このプログラムは、コマンドライン引数として渡されたファイルの、ファイル名、拡張子、ファイルサイズ、最終更新日を取得して、result.csvにCSV形式で書き出すプログラムです。使い方としては、コマンドライン(コマンドプロンプト)に

まで入力し、ファイルをドラッグ・アンド・ドロップすることで、ファイルへの絶対パスがコマンドラインに引数として追加されていきます(ただし、複数のファイルを引数として指定するには、スペースを入力する必要があります)。

この状態でEnterキーを押して、プログラムを実行することでresult.csvが作成されます。

コマンドライン引数に関するよくある間違い

ここでは、コマンドライン引数に関係するよくある間違いを紹介します。

まず、コマンドライン引数を使わないならmain関数の引数を省略できるのではないか、と思う方もいるかもしれません。実はJavaの場合、コマンドライン引数がなかった場合でもmain関数には空のString型の配列が必ず渡されます。

つまり、以下のような、プログラムは、コンパイルできるものの、実行時にエラーとなります。

また、コマンドライン引数には数字しか使わないと決めていれば、String型の配列ではなく、int型の配列で受け取っても良いのではないか、と思う方もいるかも知れません。

しかし、先にも書いたとおり「main関数にはString型の配列が必ず渡される」という制約があります。そのため、以下のプログラムも実行することは出来ません。

このように、Javaの仕様上の制約として、main関数は必ずString配列を引数として受け付けられるようにしなければなりません。

SE
サンプルコードなどを参考に、Javaでコマンドライン引数を使ってみたいと思います。
PM
コマンドライン引数を使用して、プログラムの幅を広げてみましょう。

コマンドライン引数を利用したプログラムを作ろう


いかがでしたでしょうか。この記事では、コマンドライン引数とは何か、Javaでコマンドライン引数を参照・利用するにはどうすれば良いか、ということを説明してきました。

コマンドライン引数を参照し、それにあわせて挙動の変わるプログラムを作成することで、よりプログラムの幅を広げることが出来ます。

ここで紹介したサンプルプログラムを参考にしながら、ぜひ一度、ご自身でプログラムを作成し、Javaにおけるコマンドライン引数についての理解を深めてみてください。


Javaでのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

recommended

Categories

Tags