AWSエンジニアの将来性は高い?
今後必要なスキルや知識を押さえよう!

AWSエンジニアとはアマゾンが提供するAWSサービスに関わるエンジニアです。AWSエンジニアの将来性は高く、転職によってキャリアアップを目指すことができます。転職を成功させるには様々な知識やスキルを身につけることや認定資格の取得が有効です。

目次

近年、Webサービスの種類は多様化し、それにつれて様々な種類のエンジニアが活躍しています。中でもAWSエンジニアは特に注目されている職種です。

その需要の高さにより、転職することによってキャリアアップの可能性がありますが、実際に転職するのは不安な人が多いのではないでしょうか。

本記事では、AWSエンジニアとして転職してキャリアアップするにはどうすれば良いのかを解説します。エンジニアとしての更なる高みを目指しましょう。

AWSエンジニアの将来性が高いといわれる4つの理由!

AWSエンジニアは将来性が高いと言われています。IT化が進む社会の中で、様々なエンジニアの職種が生まれてきましたが、その中でも特にAWSエンジニアは社会から必要とされる存在になると予測されます。

ここではなぜAWSエンジニアの将来性が高いと言われているのかを説明します。AWSエンジニアとしての将来が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

クラウド環境への移行が進んでいる

AWSエンジニアの将来性が高いと言われる理由の1つとして、クラウド環境への移行が進んでいることがあげられます。

サーバーやストレージなどのシステムインフラを利用するために多くの企業がクラウドサービスを導入し始めています。そしてその利便性から、これからもさらにクラウド環境への移行が進んでいくと考えられます。

現時点でもクラウドサービスシェアNO1

AWSは2019年の時点ではNO1のクラウドサービスシェアを誇ります。

AWSが世界で最も包括的で広く採用されている理由は、その機能の豊富さや最高レベルの柔軟性とセキュリティ、さらに革新のペースが最速であることなどです。

AWSはその機能の多様さから、様々な場面で活用されており、日本でもたくさんの有名企業が利用しています。そのためAWSエンジニアの活躍の場は多く、将来性も高いと言えます。

AWSサービスが多様化して需要が増える

AWSサービスが多様化して需要が増えることが見込まれていることも、AWSエンジニアの将来性が高いといわれる理由の1つです。

AWSのサービスはサーバーのみではなく、Machine Learning、分析とデータレイク、IoT、サーバーレスコンピューティングなど顧客の需要に合わせた様々なものがあります。

AWSでは60を超える製品やサービスが利用できるため、今後様々な場面で需要が増えていくと考えられます。

平均年収が高い

AWSエンジニアの平均年収は高く、およそ500~600万円と言われています。AWSと仕事内容の近いインフラエンジニアの平均年収が約500万円と言われていることから、AWSエンジニアの年収の水準は高めであると言えます。

AWSエンジニアの年収が高い理由として、インフラのみではなくクラウドについての深い知識が必要となる点が第一に挙げられます。AWSエンジニアには一般的なエンジニアに比べ、高い専門性と幅広い知識が必要なため、その分待遇も良いということになります。

転職の際に企業からAWSエンジニアとしての実力を認められれば、さらに高い年収を得ることもできます。

フリーランスでも稼げる!

AWSは世界的に数多くの企業が採用しているクラウドサービスです。したがって、AWSに関する専門的な知識を有していれば、仕事を請け負うチャンスが多くあります。そのため、AWSエンジニアはフリーランスとして稼げる職種と言えます。

現状、日本ではクラウドを未導入の企業も多く、これからクラウドを導入する企業が増えることが予測されるので、AWSエンジニアの需要も増加していくと考えられます。

このようにAWSエンジニアの将来性は高いため、今後さらにフリーランスとしても稼ぎやすい環境になっていくでしょう。

AWSエンジニアの数がまだあまり多くない

現在、社会のIT化が進む中でエンジニアの需要は増え続けています。その一方で、専門的な知識や経験を持ったエンジニアは人手不足と言われています。

エンジニアの中でも、AWSエンジニアのようなその分野独自の専門知識が必要とされる職種は、特に需要に対して人材が不足しています。

AWSエンジニアの需要は今後伸びていくと予測されているため、これからの時代、AWSエンジニアは貴重な人材として企業から高く評価されるでしょう。

将来性が高いAWSエンジニアの転職に必要なスキルや知識3選

AWSエンジニアとして転職を成功させるには、自分の強みを企業にアピールする必要があります。そのために、ほかの人と自分を差別化できるようなスキルや知識を身につけましょう。

ここでは将来性が高いAWSエンジニアの転職に必要なスキルや知識を紹介します。転職によってAWSエンジニアとしてより良い待遇を目指す人はぜひ参考にしてください。

クラウド

クラウドに関する知識は、AWSエンジニアにとって必須です。

クラウドとは、インターネットを経由してクラウドサービスプラットフォームから様々なITリソースをオンデマンドで利用できるサービスの総称です。利用できるITリソースには、コンピュータ、データベース、ストレージ、アプリケーションなどがあります。

AWSの導入や管理には、これらのITリソースに関する深い知識が必要なので、AWSエンジニアにはクラウドについての専門的な知識やスキルを磨いていくことが求められます。

インフラ

ITにおけるインフラとは、道路や水道など社会の土台となる設備をインフラストラクチャと呼ぶのと同様に、ITシステムを稼働するための基盤となる機材や、ソフトウェア、ネットワークなどの総称です。

AWSのようなクラウドサービスは、ITインフラを利用するための手段です。したがって、AWSエンジニアはAWSに関わるインフラについての知識やスキルを持っている必要があります。

アプリケーション

AWSのサーバー、ストレージ、ネットワークなどのサービスは、アプリケーション経由で操作するため、AWSエンジニアにはアプリケーションに関する知識が必須です。

アプリケーションの知識やスキルを高めることで、AWSのサービスを効率よく効果的に利用できるため、転職によるキャリアアップを目指す際はしっかりと勉強して経験を積みましょう。

AWSエンジニアの転職におすすめの資格は?

資格を取得することで、AWSに関する知識や経験を証明できるようになり、転職の際に企業へのアピールポイントとなります。AWSに関する資格にはいくつかの種類があるので、よく調べて将来性の高い資格の取得を目指しましょう。

AWSエンジニアの転職におすすめの資格として、アマゾン公式からの認定が得られるAWS認定資格があります。信頼できる資格なので、AWSエンジニアとしてキャリアアップを目指す人は取得するとよいでしょう。

AWS認定資格

AWSクラウドに関する知識、スキル、ノウハウを確認する試験を受け、合格することでアマゾンからAWS認定を受けることができます。

AWS認定は、役割と専門分野ごとに様々な認定試験が行われています。同じ分野の試験の中でもAWSクラウドの習熟度によって数段階に分かれており、基礎コース、アソシエイト、プロフェッショナルがあります。

AWS認定試験にはいくつかの受験方法があります。自分に合った方法で受験しましょう。

基礎

基礎コースのAWS認定を受けるには、6か月の基礎的なAWSクラウドと業界知識が必要です。まだAWSエンジニアとしての経験が浅い人は、まずこの基礎コースの認定を受けましょう。

この認定資格を取ることでAWSに関する基礎的な知識がつき、AWSエンジニアとしての第一歩を踏み出せます。さらなるキャリアアップを目指す場合は、基礎コースで満足せず、次で説明するアソシエイトなどの上位の認定を目指しましょう。

アソシエイト

アソシエイトの認定資格を得るには、1年間のAWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験が必要です。

基礎コースに比べて実践的になっており、この認定を受けることでAWSの主要サービスがある程度使いこなせるようになります。

アソシエイトの認定の中でも、アーキテクト、運用、デベロッパーの3つの分野についての認定資格があるので、自分にとって必要な認定を優先的に取得しましょう。

プロフェッショナル

プロフェッショナルの認定を得るには、AWSクラウドを2年間使用したソリューションの設計に加えて、クラウドの運用とトラブルシューティングに関する包括的な知識が必要です。

プロフェッショナルの認定資格には、アーキテクトに関するソリューションアーキテクト(プロフェッショナル)と、運用、デベロッパーの2分野をまとめたDevOpsエンジニアという認定があります。

このレベルになると、AWSクラウドに関する高度な専門知識の証明となるので、転職の際に大きな強みになるでしょう。

AWSエンジニアの将来性は有望!転職してキャリアアップを目指そう!

AWSエンジニアの需要は高い一方で、その数はまだあまり多くありません。そのため、AWSエンジニアの将来性は有望で、スキルや経験次第では高い収入を得ることがきます。

たくさんの企業がAWSエンジニアを求めているため、転職によって今よりも良い待遇で働ける可能性があります。AWSエンジニアとしてキャリアアップを目指す人は、エンジニア転職サイトを使って自分のスキルが活かせる職場を見つけましょう。