.net column
.NET開発者のためのブログメディア

新しい.NETのイメージ

【.NETが統合】.NET 5の概要と今後のリリース予定

2020年03月05日

マイクロソフトは2019年5月6日、「.NET 5」を発表し、.NET アプリ開発者の間で大きなニュースになりました。.NET 5の特徴と今後のリリース予定を解説します。

PL
.NET 5によって何が変わるのでしょうか?
PM
現在、3つあるフレームワークの「.NET Framework」「.NET Core」および「Xamarin/Mono」が統合され、今後は「.NET 5」という名称でリリースされます。

.NET 5のプラットフォームの特徴

マイクロソフトの発表では、「.NET Core 3.0」の次期リリースが.NET 5となり、他のフレームワークを統合することが発表されました。つまり、.NET Coreに、.NET Framework、Xamarin/Monoが統合され、1つになった.NET 5で、Windows、Linux、macOS、iOS、Android、tvOS、watchOS、WebAssemblyなどのクロスプラットフォーム開発ができるようになります。

下記のマイクロソフト公式ページでも、.NET 5の詳細が解説されています。

【再統合された.NET 5に関するマイクロソフトの計画】
https://docs.microsoft.com/ja-jp/archive/msdn-magazine/2019/july/csharp-net-reunified-microsoft%E2%80%99s-plans-for-net-5

.NET 5に含まれない機能

.NET 5では、統合される3つのフレームワークの主要な機能が利用できます。しかし、機能的に.NET Coreと重複するものは廃止が予定されています。

  • •Web Forms
  • •Windows Communication Foundation (WCF)
  • •Windows Workflow

上記は代表例で、それ以外のAPIもいくつかサポートされなくなる予定です。

.NET Framework 4.8のサポート

.NET 5の発表と同じくして、.NET Frameworkはバージョン4.8が最終バージョンになることが発表されました。今後、.NET Frameworkは新機能の追加が行われません。(セキュリティアップデート等のサポートは今後も続きます)

今後の.NET 5関連のリリース

.NET 5は、2020年11月にリリースが予定されています。その後も、年1回のペースでバージョンアップが行われる予定です。また、2回に1回リリースされるバージョンが、長期サポート(LTS)版となり、最低3年間のサポートか、次のLTS版リリースから1年間の長い方がサポート期間になります。

PL
.NET 5に統合されて便利で、バージョンの考え方がシンプルになりそうですね。
PM
そうですね。これまで利用する機能によって、フレームワークを切り替えていたのが、1つのフレームワークで開発できるようになります。

今後の.NET 5ニュースに注目

.NET 5は、まだ発表されたばかりで、リリース時期などが変更されることも考えられます。また、.NET Frameworkで作成されているアプリは、将来的に .NET 5に移行する必要があります。.NET開発者は、関連の最新ニュースをウォッチしておきましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags