.net column

.NET開発者のためのブログメディア
アプリ開発ツール

Visual StudioとGitを連携する方法【GitHubのリポジトリに接続】

2020年04月01日

GitHubにてソースコードを管理している場合Visual StudioとGitを連携することで、Visual Studio上でのGit操作が可能となります。ここでは、Gitと連携する作業の1つであるGitHubのリポジトリをクローンする方法を解説していきます。

PG
Visual StudioでGitHubのリポジトリをクローンしたいのですが、どうしたら良いのでしょうか。
PL
新規プロジェクトを立ち上げる際に、GitHubのクローンを作成することができます。実際にやってみましょう。

前提条件
・GitHubアカウント作成済み
・リポジトリ作成済み
・Visual Studioインストール済み

Visual StudioのGit連携機能でできること

中規模以上の開発業務において、Gitの使用は常識と言っても過言ではないほど広く使用されています。Visual Studioは固有のGit連携機能があるため、非常に使いやすく作業の効率化には最適です。
エディター内にはブランチ一覧を表示することができ、現在の作業ブランチやマージ先がひと目でわかるため、プログラムの改修作業などブランチの切り替えが必須となる業務で重宝します。

また、Gitがインストール済みでVisual StudioにGitアカウントを登録しておけば、Gitコマンドを使用したローカルリポジトリから、リモートリポジトリへの反映作業も可能となります。Visual Studio固有のターミナルを使用することができるので、わざわざ別ウィンドウでGitを開く必要もありません。他にもGitに特化したプラグインが配布されているので、Gitを用いた開発に拡張性を持たせることができます。

GitHubのリポジトリからプロジェクトを開く方法

  1. Visual Studioを起動し、スタートウィンドウから「コードをクローンまたはチェックアウトする」をクリックします。
  2. コードをクローンまたはチェックアウト

  3. 「リポジトリの場所」にクローンしたいリポジトリのURLを入力し、クローンをクリックします。
  4. リポジトリのURLを入力

    ※リポジトリのURLはGitHubリポジトリのコードタブ画面にある、「Clone or download」という緑のボタンをクリックするとURLが出てきます。

    Clone or download

  5. しばらくするとリポジトリがクローンされ、ローカル環境での作業が可能になります。
  6. 実行結果

PG
開発中のリポジトリに接続することができました!
PL
簡単な操作でリポジトリのクローンを作成することができるので、手順を覚えておくと良いでしょう。

ソースコードの管理が非常に便利なGitとの連携はもはや必須

複数人での開発作業の場合、同じファイルを修正していると内容が入れ違いになってしまうことがあります。Gitはそんな問題を解決してくれる便利なツールで、Visual Studioと連携することでさらに作業の効率化を図れるでしょう。ぜひ実践してみてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)