.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Spring Bootで開発環境を構築する方法とは?設定から起動についての流れも詳しく解説!

 
Spring Bootで開発環境を構築する方法とは?設定から起動についての流れも詳しく解説!
SE
Spring Bootを使って開発環境を構築する方法について教えてください。
PM
分かりました。設定から起動するまでの流れをご紹介しましょう。

Spring Bootとは?


Spring Bootとは、Spring Frameworkを使いやすくするフレームワークです。Spring Frameworkとはアプリケーション開発を簡単にするために、開発されたJavaのフレームワークです。

Spring Frameworkは多様なフレームワークを提供し、幅広い開発が可能な反面、フレームワークの使い分けが難しいという課題があります。この課題を解決すべく、Spring Bootでは、フレームワーク同士の連携で必要な設定を自動化する機能が開発されました。

Spring Bootの開発環境「Spring Tool Suite」をインストールする方法


Spring Tool Suite(STS)とは、Spring Bootを利用できる開発環境です。STSを利用することで、Spring Boot特有のコマンド実行といった作業を省くことが可能です。

STSをインストールする方法には、次の方法がありますが、今回はEclipseにSTSのプラグインをインストールする方法を紹介します。

  • EclipseベースのSTSをインストールする
  • EclipseにSTSのプラグインをインストールする
  • STSのプラグインが同梱済みのPleiades All in One Eclipse(2018-09以降のバージョン)をインストールする

【Step1】Eclipseを起動する

Eclipseを起動します。Eclipseがインストールされていない場合は、Eclipseをインストールしてから起動します。

【Step2】EclipseマーケットプレースからSTSを選択する

Eclipseマーケットプレースとは、Eclipseのプラグインをインストールしたり、インストール済みのプラグインをアンインストールしたりする機能です。Step2では、EclipseマーケットプレースからSTSを検索し、インストールを行います。

  • Eclipseの上部メニューから「ヘルプ(H)」>「Eclipseマーケットプレイス(M)…」をクリックします。
  • 「Search」タブの検索(l)欄に、「Spring Tool Suite」を入力し、「Go(G)」ボタンをクリックします。
  • 最新の「Spring Tool Suite」の「インストール」ボタンをクリックします。
  • インストールするモジュールが表示されます。不要なモジュールがある場合は、そのモジュールのチェックボックスをクリックし、チェックを外してください。「確認(C)」ボタンをクリックします。
  • ライセンスのレビュー画面で、「使用条件の条項に同意します(A)」のラジオボタンにチェックします。「完了(E)」ボタンをクリックします。

【Step3】Eclipseを再起動する

STSのインストールが完了すると、Eclipseの再起動を尋ねる画面が表示されますので、「今すぐ再起動(R)」ボタンをクリックし、Eclipseを再起動します。

Spring Tool SuiteでHello Worldを作成する方法


STSを利用して、Spring MVCのHello Worldを作成する方法を簡単に紹介します。MVCとは、Model・View・Controllerの略で、Webアプリケーションを実装するための概念です。

Modelとは、アプリケーション内のビジネスロジックを担当します。Viewとは、画面表示や入出力を行う処理です。Controllerとは、ユーザーの入力内容に応じてModelとViewをコントロールする処理を担当します。

今回は簡単な紹介のため、ViewとControllerのみを使って、Hello Worldを作成します。

【Step1】プロジェクトを作成する

Spring用のプロジェクトを新規作成します。

  • Eclipseの上部メニューから「ファイル(F)」>「新規(N)」>「その他(O)…」をクリックします。
  • ウィザードを選択画面のツリーから「Spring Boot」>「Spring スターター・プロジェクト」を選択状態にし、「次へ(N)」ボタンをクリックします。
  • 新規 Spring スターター・プロジェクト画面の型欄を「Gradle」に変更し、「次へ(N)」ボタンをクリックします
  • 新規 Spring スターター・プロジェクト依存関係画面の使用可能欄に「Web」と入力します。
  • 絞り込まれた結果が表示されますので、「Thymeleaf」と「Spring Web」または、「Web」をチェックし、「完了(F)」ボタンをクリックします。※「Spring Web」、「Web」はSTSのバージョンによってどちらか一方が表示されますので、表示されている方を選択します。

【Step2】画面を作成する

MVCのView(画面)を作成します。Thymeleafを利用するため、画面はHTMLで作成します。Thymeleafとは、Spring Bootで推奨されているテンプレートエンジンの1つで、画面をHTMLでコーディンクできます。

  • 作成したプロジェクトを右クリックし、「新規(N)」>「ファイル」をクリックします。
  • 親フォルダーを入力または選択(E)欄に「%プロジェクト名%/src/main/resources/templates」を入力します。例えば、プロジェクト名が「demo」の場合は、「demo/src/main/resources/templates」を入力します。
  • ファイル名(M)欄に「hello-world.html」を入力し、「完了(F)」ボタンをクリックします。
  • 「hello-world.html」に次のようなHTMLを編集し、保存します。

hello-world.html

【Step3】Controllerクラスを作成する

MVCのControllerクラスを作成します。

  • プロジェクトを右クリックし、「新規(N)」>「クラス」をクリックします。
  • 名前(M)欄に「HelloWorldController」と入力し、「完了(E)」ボタンをクリックします。
  • プロジェクト・エクスプローラーの「src/main/java」の下にパッケージが作成され、パッケージの下に2つのJavaファイルが作成されます。
  • 「HelloWorldController.java」を下記のように編集し、保存します。

HelloWorldController.java

【Step4】動作を確認する

プロジェクトを右クリックし、「実行(R)」>「4 Spring Bootアプリケーション…」をクリックします。EclipseのコンソールにTomcatの起動完了が表示されましたら、ブラウザから「http://localhost:8080/」にアクセスし、Hello Worldが表示されるか、確認します。

SE
ありがとうございます。教えていただいたとおりにやってみます。
PM
Spring Bootを使うと容易にWebアプリケーションを作ることが出来ますので、ぜひチャレンジしてください。

Spring BootでWebアプリケーションを作ってみよう


今回は、Spring Bootや開発環境の構築方法を紹介しました。Spring BootとはSpring Frameworkを使いやすくするためのフレームワークです。Spring Bootを利用することで、より簡単にWebアプリケーションが作成できます。

是非、Spring BootでWebアプリケーションを作ってみてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags