.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. クラウド
  4. Azure Automationを使ってVMを自動起動する方法

Azure Automationを使ってVMを自動起動する方法

  • クラウド
公開日時:   更新日時:
Azure Automationを使ってVMを自動起動する方法
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

    AWSをはじめクラウドサービスの仮想マシンの自動起動や停止を行うことは意外と難しいかもしれません。しかし、AzureではAzure Automationを使用することで、自動起動や停止の作業を簡単に行うことができます。ここで一緒に確認していきましょう。

    システム
    エンジニア
    Azure Automationってことは直訳するとAzure 自動化ってことですよね。これを使えば簡単にいろいろな作業が自動化できるってことですか?
    プロジェクト
    リーダー
    そのとおり!基本的にはPowerShellで行える作業は自動化できると思ってもらって大丈夫です。ここでは主に仮想マシンの自動起動について紹介しますね。

    Azure Automationの概要

    Azure Automationは、日々の作業の自動化及び構成管理ツールなどを提供するサービスです。作業を自動化するためには、PowerShell等を利用してスクリプト化する必要があります。Runbookといわれるテンプレートを使用することで簡単にプロセス処理を行うことができます。

    以下で自動化できる作業の例を挙げます。

    • ◆仮想マシンの自動起動とシャットダウンを行う
    • ◆仮想マシンを作成し、異なるAzure環境にコピーする
    • ◆ローカル環境からAzure BLOBストレージ環境へファイルをコピーする
    • ◆Azureはインターネット上に存在するクラウドサービスですので、常に悪意ある攻撃からの監視、検出を行っておく必要があります。そういったセキュリティ関連の自動化も行うことできます。

    他にも自動化できることは多々ありますので、必要に応じてスクリプトを作成して自動化していきましょう。

    自動起動の手順について

    1. Automationアカウントの作成
    2. AzureポータルでAzure Automationアカウントを作成していきます。
      Azure Automationで利用する資格には、マイクロソフトのアカウントは利用できません。ですので、Azure Active Directory(Azure AD)でユーザーを作成し、共同管理者として設定しておく必要があります。

    3. Runbookの作成
    4. Runbookとは、自動実行するためのプログラムが格納されている場所です。PowerShellベースのRunbookを作成し、仮想マシンの自動起動を実行できるようにします。入力する内容は、PowerShellと同様のものとなります。プログラムを組み終えたら発行を押下します。

    5. スケジュールを登録
    6. スケジュールの追加から「スケジュールをRunbookにリンクします」を選択し、日単位、開始日、開始時間をそれぞれ設定します。

    システム
    エンジニア
    仮想マシンを自動で起動や停止ができるのは非常にありがたいですよね。これがなかったら誰かが手動で行う必要がありますもんね。
    プロジェクト
    リーダー
    手動で起動や停止を行うのはけっこう手間だったりします。自動化するべき箇所でもありますので、Azureを利用する際には、まずは自動化の作業を進めてみても良いのではないでしょうか。

    日々の作業を自動化することはとても重要なこと

    スクリプトを作成するなどの作業は発生しますが、その作業さえ終えれば日々の作業を自動化することができます。AzureではAzure Automationが準備されていますので、上手に活用して現場の作業負担を減らしていくことに努めていきましょう。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    Azure新着案件New Job