.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. データベース
  4. SQL Server
  5. SQL ServerのMERGE文を解説。データの同期を1行で実行する

SQL ServerのMERGE文を解説。データの同期を1行で実行する

  • SQL Server
  • データベース
公開日時:   更新日時:
SQL ServerのMERGE文を解説。データの同期を1行で実行する
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    システム開発の現場では、SQLを活用してテーブルへの更新や挿入、削除を行うことは基本の業務です。しかし、テーブルの同期を行う際にUPDATEやINSERT、DELETEをそれぞれ記載していると、冗長なプログラムとなり、デバッグや修正作業が大変になることも考えられます。
    SQL ServerではMERGE文が利用でき、UPDATEやINSERT、DELETEをまとめてコーディングできます。ここでは、MERGE文の活用方法を確認していきましょう。

    システム
    エンジニア
    同じ構造を持つ2つのテーブルを同期するよう仕様書に明記されています。この場合、UPDATEとINSERTとDELETE用のサブルーチンを設けてコーディングする必要がありますよね?
    プロジェクト
    マネージャー
    確かに、それぞれのルーチンを準備するのもひとつのやり方です。でもここは、ワンランク上のプログラマーを目指すためも「MERGE」を活用してコーディングを進めていきましょう!

    MERGE文でできること【更新・挿入・削除】

    システム開発の現場で、同じようなテーブル構造を持つ2つのテーブルがあるとします。仕様書には以下の文言が記載されています。

    • ・テーブルAのデータがテーブルBに存在する場合は「UPDATE」処理を実行する
    • ・テーブルAのデータがテーブルBに存在しない場合は「INSERT」処理を実行する
    • ・テーブルBにしか存在しない場合は「DELETE」処理を実行する
    • (テーブルAとテーブルBは同じテーブル構造を持つ)

    この場合、IF文などを多用すると冗長なプログラムになってしまいます。
    SQL Serverでは、MERGE文が準備されています。上記の場合はMERGE文を活用して、「UPDATE」「INSERT」「DELETE」を一度の処理で行うようにしましょう。整理された見やすいコーディングとなるはずです。

    なお、上記のテーブルAを変更元のテーブルとして「ソーステーブル」、テーブルBを変更先のテーブルとして「ターゲットテーブル」と、それぞれ呼ばれる場合があります。

    SQL Serverを操作!同期するテーブルの作成

    まずはMERGE処理を実施する前にテーブルを準備して、データを格納しておく必要があります。
    以下、ソーステーブルとターゲットテーブルを作成します。今回は、SQL Server 2018を利用してコーディングを進めます。

    上記のSQLを実行した結果、以下のソーステーブルとターゲットテーブルが作成されました。

    DB_TEST.dbo.Country1:ソーステーブル(変更元)

    ID Country City
    1 JAPAN TOKYO
    2 FRANCE PARIS
    3 ENGLAND LONDON
    4 USA New York
    5 GERMANY BERLIN
    6 BRAZIL BRASILIA

    DB_TEST.dbo.Country2:ターゲットテーブル(変更先)

    ID Country City
    1 JAPAN OSAKA
    4 USA Los Angeles
    7 CHINA Hong Kong

    上記2つのテーブルを準備し、データを格納できました。それでは、ターゲットテーブルに対して、MERGE処理を行っていきましょう。

    MERGE文を使ってテーブルのデータを同期

    MERGE文の結合条件はID項目とします。

    下記、MERGE文の基本構文です。他にもオプションはありますが、まずはこの基本構文をおさえておきましょう。

    実行結果
    MERGEの結果

    システム
    エンジニア
    MERGE文を使いこなせば、より簡潔にテーブルの同期が行えるのですね。早速使ってみます!
    プロジェクト
    マネージャー
    コーディングもすっきりとして見やすいかと思います。誰が見ても分かりやすく簡潔にコーディングすることはとても大切です。MERGE文は積極的に活用していきたいと命令のひとつですね。

    SQL ServerのMERGE文を使いこなそう

    ここではMERGE文について解説しましたが、UPDATE、INSERT、DELETEと分かれてコーディングしている開発現場も多いといわれています。それでも問題はありませんが、SQL ServerにはMERGEという便利な命令が準備されているので、テーブル同士を同期させる場合に活用してみるのもひとつの手法です。エンジニアとしてできることを増やしていきましょう。

    >>>SQL Serverの案件を探すならFEnet .NET Navi

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job