.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. データベース
  4. SQL Server
  5. SQL ServerのDISTINCTを使って重複を除外して取得する方法

SQL ServerのDISTINCTを使って重複を除外して取得する方法

  • SQL Server
  • データベース
公開日時:   更新日時:
SQL ServerのDISTINCTを使って重複を除外して取得する方法
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    データベースからデータを取得する際に、重複したデータを取得してしまうことがあります。何件も同じデータが照会画面などで出力されるのは、ユーザーにとって使いやすいシステムとはいえないでしょう。SQL Serverでは、重複データを除外して取得する方法に「DISTINCT」命令が用意されています。ここではDISTINCTの使い方などをサンプルソースとともに解説していきます。

    システム
    エンジニア
    単体テストを行っているのですが、どうしてもデータが重複して取得されます。これを回避させる方法はありますか?
    プロジェクト
    リーダー
    そういった時にはDISTINCT命令を活用してみてください。重複データを除外してデータを取得してくれます。ですがDISTINCTを使う前に、重複データが取得される原因は突き止めましょう。もしかしたらLEFT JOINなどの条件といった原因も考えられます。

    実行環境
    ・Microsoft SQL Server 2017

    DISTINCTでできること

    まずは以下のデータを作成します。

    ■[DB_TEST].[dbo].[URI_TABLE]

    No Date Kingaku Syain
    1 20200822 10000 大阪太郎
    2 20200823 20000 東京太郎
    3 20200823 30000 福岡太郎
    4 20200823 40000 札幌太郎
    5 20200824 50000 名古屋太郎

    ※背景色が黄色の箇所が重複しています。

    SQL Serverで活用するDISTINCTとは、SELECT処理を実施した場合に生じてしまう重複データをひとつにまとめる(除外する)ための命令です。
    以下、DISTINCTの基本構文です。非常に簡単な構造ですので、忘れずに活用しましょう。

    上記のテーブルでは、カラム名「Date」が重複していますので、基本構文のカラム名に「Date」項目を設定してください。これにより重複データは除外されます。実際のプログラムは次項で確認していきましょう。

    DISTINCTの基本的な使い方

    先ほどのデータを用いて、基本的なDISTINCTの処理を実行します。

    実行結果
    重複を除外

    全体で5件のデータが格納されていますが、No.2~4のDateカラムが重複データでした。よって、今回の実行で取得できるデータ件数は3件となることが確認できました。

    複数列の重複を取得する方法

    複数の列で重複データがある場合の取得方法も解説していきます。今回は以下のデータを使って操作します。

    ■[DB_TEST].[dbo].[URI_TABLE]

    No Date Kingaku Syain
    1 20200822 10000 大阪太郎
    2 20200823 20000 東京太郎
    3 20200823 20000 東京太郎
    4 20200823 20000 東京太郎
    5 20200823 20000 東京太郎

    ※背景色が黄色の箇所が重複しています。

    複数のカラムで重複を除外する場合でも、コードの基本的な構造は変わりません。KingakuカラムとSyainカラムを追加するようにしましょう。

    実行結果
    複数列の重複を除外

    全体で5件のデータが存在し、DateカラムとKingakuカラムとSyainカラムの組み合わせで、重複データが4件(No.2~5)あります。今回の実行で取得できるデータ件数は2件となることが確認できました。

    システム
    エンジニア
    とても簡単に重複データを除外させることができました!DISTINCT命令の使い方をこの機会に覚えて、コーディングを進めていきます。
    プロジェクト
    リーダー
    DISTINCT命令を使う場面は案外多いかもしれませんね。また、DISTINCTとCOUNTを組み合わせて、重複データを除外した件数を取得することもあります。他のデータベースでもこのDISTINCT命令は使えますし、自分の技術にして現場で活用していきましょう。

    DISTINCT命令を使いこなして重複データを除外する

    何万件と登録されている、売り上げテーブルなどのトランザクション系のテーブルでは、検索条件の設定状況次第で、データが重複されて取得してしまうことが多々あります。その際には検索条件が正しいのか、データの不整合がないかといった確認調査は必要でしょう。

    今回解説したDISTINCT命令を有効活用すれば、比較的簡単に重複データは除外できます。重複データを取得して処理を行えば、それだけシステムのパフォーマンスにも影響してきますので、DISTINCTを使用して、より良いシステムを開発するように努めていきましょう。

    >>>SQL Serverの案件を探すならFEnet .NET Navi

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    SQLServer新着案件New Job