.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. エンジニア全般
  4. 働き方
  5. プロジェクトリーダーについて学べるおすすめ本31選|知識が身につく資格も紹介

プロジェクトリーダーについて学べるおすすめ本31選|知識が身につく資格も紹介

  • エンジニア全般
  • 働き方
公開日時:   更新日時:
プロジェクトリーダーについて学べるおすすめ本31選|知識が身につく資格も紹介
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

    システム
    エンジニア
    将来はプロジェクトリーダーになりたいのですが、必要なスキルなど教えてください。

    プロジェクト
    マネージャー
    わかりました。重要なポストだけに、求められるスキルはたくさんあります。具体的に見ていきましょう。

    プロジェクトマネジメントとは?


    プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトを納期内に遂行するためにプロジェクトの計画を行い、コントロールすることです。システム開発などの納期が決まっているプロジェクトを成功させるためには、プロジェクトマネジメントが必要になります。

    お役立ち情報を配信中!メルマガ登録はこちら

    プロジェクトリーダーとは?

    プロジェクトリーダーとは、開発などのプロジェクトを遂行する際の現場責任者のことです。

    プロジェクトリーダーは、プロジェクトを成功させるために要件定義や設計の把握、システムの状態の確認やスケジュールの管理などをして、現場を管理するようなプロジェクトのマネジメントが主な仕事です。

    プロジェクトリーダーは、社内や社外から重要な情報が集まるポジションで、柔軟性のある対応が求められます。

    プロジェクトマネジメントを行う上で必要な4つのスキル


    プロジェクトリーダーは、プロジェクトの遂行するために重要な役割を持ち、さまざまなスキルが必要になります。

    例えば、チームを統率するリーダーシップ、ITマネジメントのスキル、方針計画やスケジュール計画、トラブルを対処する問題解決力など、さまざまなスキルを求められます。

    ここでは、プロジェクトリーダーに必要なスキルを、4つ紹介していきます。

    1:チームを統率するリーダーシップ

    1つめのプロジェクトリーダーに必要なスキルは、チームを統率するリーダーシップです。

    プロジェクトリーダーは、プロジェクト全体をマネジメントするという役割があり、プロジェクトのメンバーを統率するための高いリーダーシップが必要です。

    プロジェクトリーダーが高いリーダーシップを発揮することで、チーム全体のモチベーションを上げ、生産性の向上などにつながることでしょう。

    2:ITマネジメントのスキル

    2つめのプロジェクトリーダーに必要なスキルは、ITマネジメントのスキルです。

    プロジェクトリーダーとして活躍するためには、プログラマーとしてのスキルだけではなく、IT業界の知識やITマネジメントのスキルが必要です。

    例えば、プログラミングの前の要件定義やクライアントとの交渉、人員配置やスケジュール管理などの経営的な視点のような、ITマネジメントのスキルを求められます。

    3:方針計画やスケジュール計画

    3つめのプロジェクトリーダーに必要なスキルは、方針計画やスケジュール計画です。

    プロジェクトリーダーは、スケジュールの計画から進行までを一任されるポジションで、納期までにプロジェクトを進めていくための、スケジュール計画やスケジュール修正のスキルが必要です。

    また、実現性のある企画の作成や管理など、プロジェクトの方針設定のスキルもプロジェクトリーダーの重要なスキルです。

    4:トラブルを対処する問題解決力

    4つめのプロジェクトリーダーに必要なスキルは、トラブルを対処する問題解決力です。

    プロジェクトを進めていく上でトラブルが発生することは多々あり、プロジェクトリーダーには、トラブルに対処するための問題解決力が求められます。

    プロジェクトを進める際に発生したトラブルに対処したり、他領域で問題が発生した時にサポートして、適切な処置がとれるような全体を見渡せるスキルも、問題を解決するためには必要です。

    プロジェクトリーダーについて学べるおすすめ本31選


    プロジェクトに関するマネジメントを適切に行うために、プロジェクトリーダーについて学べる本には、さまざまなものがあります。

    例えば、マンガでわかるプロジェクトマネジメント、プロジェクトリーダーの教科書、世界一分かりやすいプロジェクトマネジメント、「プロジェクトマネジメント」実践講座などの本があります。

    ここでは、プロジェクトリーダーについて学べる本を、31冊紹介していきます。

    1:マンガでわかるプロジェクトマネジメント

    1冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、マンガでわかるプロジェクトマネジメントです。

    マンガでわかるプロジェクトマネジメントは、プロジェクトマネジメントとは何かをマンガで説明し、その基本手法について解説している本です。

    プロジェクトマネジメントの知識体系であるPMBOKを使って、プロジェクトの立ち上げから終了までを、ストーリーを追ってマンガで解説しているので、飽きずに学べることでしょう。

    2:プロジェクトリーダーの教科書

    2冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、プロジェクトリーダーの教科書です。

    プロジェクトリーダーの教科書は、自分の頭で考え、答えのない難問に取り組む手法のプロジェクトデザイン力について書かれている本です。

    チームメンバーの力を発揮させ、プロジェクトを成功に導くために必要な、問題解決力、仮説検証力、ビジネス思考、リーダーシップなどのスキルを身につけられます。

    3:世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント

    3冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、世界一わかりやすいプロジェクトマネジメントです。

    世界一わかりやすいプロジェクトマネジメントは、人・物・金を適切に管理し、プロジェクトを納期通りに完成させ、プロジェクトによる利益を生み出すための、プロジェクトマネジメントについて学べる本です。

    プロジェクトマネジメントのフェーズごとに、困難を乗り越えるためのノウハウを説明しています。

    4:「プロジェクトマネジメント」実践講座

    4冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、「プロジェクトマネジメント」実践講座です。

    「プロジェクトマネジメント」実践講座は、大学の教科書としても採用されていて、学術的な背景と経験の双方が詰め込まれた、すぐに実践できるプロジェクトマネジメントについて説明している本です。

    実践的な技術や知識を図表で細かく解説し、ケーススタディもできるので、実戦的なスキルが身につくことでしょう。

    5:コーチング・マネジメント

    5冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、コーチング・マネジメントです。

    コーチング・マネジメントは、コミュニケーションを通して、相手に目標達成に必要なスキルや知識を身につけさせ、目標達成のための行動を促すプロセスである、コーチングについて説明している本です。

    チームのメンバーにコーチングして、実際に行動を起こさせることで、プロジェクトマネジメントがスムーズにできるようになることでしょう。

    6:抵抗勢力との向き合い方

    6冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、抵抗勢力との向き合い方です。

    抵抗勢力との向き合い方は、業務改革などの変革に抵抗するような、社内の抵抗勢力とどのように向き合って、プロジェクトを進めていくかについて書かれている本です。

    4段階の抵抗レベルと、変革プロジェクトの3つのフェーズごとに、抵抗勢力との接し方を解説していて、抵抗勢力を味方につける術を学べます。

    7:伝え方が9割

    7冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、伝え方が9割です。

    伝え方が9割は、物事を伝えるのが苦手だった著者が、コピーライターとして働く中で、伝え方には技術があることを発見し、過去の体験と発見した技術について書き記した本です。

    伝え方について学び、人の心を動かせるような伝え方を修得することで、プロジェクトマネジメントのスキルの向上に役立つことでしょう。

    8:外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント

    8冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメントです。

    外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメントは、プロジェクトを成功させるために必要な、勝てるプロジェクトを見極める目利きと、プロジェクトを成功に導くための極意について書かれた本です。

    プロジェクトの目的をしっかりと定めたり、優秀なメンバーを確保したりして、勝てるプロジェクトを作るための手法を学べます。

    9:自分の頭で考えて動く部下の育て方

    9冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、自分の頭で考えて動く部下の育て方です。

    自分の頭で考えて動く部下の育て方は、自分で考えて行動するような部下を育成するために、単純作業やメールなど、具体的な指示の出し方などを解説し、管理職として部下育成スキルを身につけるための本です。

    指示待ち人間からほっといても成果を上げる部下を育成することで、プロジェクト成功の手助けになることでしょう。

    10:困った部下が最高の戦力に化けるすごい共感マネジメント

    10冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、困った部下が最高の戦力に化けるすごい共感マネジメントです。

    困った部下が最高の戦力に化けるすごい共感マネジメントは、指示待ちや手を抜くような困った部下に、共感力を発揮して部下を育成する手法について書かれている本です。

    リーダーとして取るべき姿勢や手順について学ぶことで、部下の力を発揮させ、チームワークの向上を図れることでしょう。

    11:3分間コーチひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ

    11冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、3分間コーチひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチです。

    3分間コーチひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチは、誰でもすぐにでき、自然に続くような、部下を育成するための手法について書かれている本です。

    マネジメントの具体例を見ながら、実戦的なコーチング方法について学べることでしょう。

    12:マインドセット「やればできる!」の研究

    12冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、マインドセット「やればできる!」の研究です。

    マインドセット「やればできる!」の研究は、人間は成長し続けるという考え方の、しなやかなマインドセットを身につけ、自分や部下のやる気を引き出すための本です。

    しなやかなマインドセットについて学ぶことで、自分や部下の能力を発揮させられるようになり、プロジェクトマネジメントに役立つことでしょう。

    13:最高のリーダーは何もしない

    13冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、最高のリーダーは何もしないです。

    最高のリーダーは何もしないは、最前線で活躍するリーダーには、内向的・心配性・繊細という特徴があり、これらの特徴からリーダーとしてのあり方について書かれた本です。

    常に頭を働かせ、徹底的に考え抜いて決断をするなど、プロジェクトリーダーとして大切なことや、チームでプロジェクトに取り組むための考え方が学べます。

    14:【新版】グロービスMBAリーダーシップ

    14冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、【新版】グロービスMBAリーダーシップです。

    【新版】グロービスMBAリーダーシップは、リーダーシップ研究の基本的な内容を網羅し、理論を実践で活かすための方法を、模擬授業スタイルで紹介している本です。

    ネットワークの時代に、どのようなリーダーシップが必要になるかを具体的に紹介していて、適切なリーダーシップを身につけられることでしょう。

    15:サーバント・リーダーシップ入門

    15冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、サーバント・リーダーシップ入門です。

    サーバント・リーダーシップ入門は、リーダーが掲げるプロジェクトを実現すべくついてくるメンバーを、リーダーが下から支えるサーバント・リーダーシップについて書かれている本です。

    サーバント・リーダーシップの、逆ピラミッド型の組織構造について学ぶことで、新しいリーダーシップの取り方を学べることでしょう。

    16:本物のリーダーは引っ張らない

    16冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、本物のリーダーは引っ張らないです。

    本物のリーダーは引っ張らないは、かつてのようなボス的なリーダーではなく、問題の複雑化や、メンバーの多様化が進んだ現代のリーダーに必要なスキルについて書かれた本です。

    現代の優れたリーダーがやっている、当たり前ともいえる心の習慣を身につけることで、時代に合ったリーダーシップを身につけられることでしょう。

    17:「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

    17冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方です。

    「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方は、誰でもリーダーになれるという考えの下、まわりに推されてリーダーになる方法について書かれた本です。

    カリスマ的な雰囲気やプレゼンテーションの上手さがなくても、リーダーになる方法について学べます。

    18:WHYから始めよ!インスパイア型リーダーはここが違う

    18冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、WHYから始めよ!インスパイア型リーダーはここが違うです。

    WHYから始めよ!インスパイア型リーダーはここが違うは、思考をWHATからではなくWHYから始め、組織の内外の人たちを巻き込むための方法について紹介している本です。

    アップルやスターバックスなどの事例から、インスパイア的リーダーになるための思想や行動について学べます。

    19:リーダーシップの旅 見えないものを見る

    19冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、リーダーシップの旅 見えないものを見るです。

    リーダーシップの旅 見えないものを見るは、行動の結果としてリーダーが生まれるという考え方の下、リーダーシップとはどのようなものかを発見するための本です。

    リーダーシップを模索する上で必要な、構想力や意志力などの人間力について学べ、リーダーシップを身につけるための手助けになることでしょう。

    20: 営業プロセス“見える化”マネジメント

    20冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、 営業プロセス“見える化”マネジメントです。

    営業プロセス“見える化”マネジメントは、業績アップという課題に悩むリーダーのために、かつてのような精神論ではなく、できる営業のプロセスの見える化マネジメントをする方法について紹介している本です。

    営業プロセスの標準化から、見える化して業績改善につなげるまでの方法について学べます。

    21:他人の思考の9割は変えられる

    21冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、他人の思考の9割は変えられるです。

    他人の思考の9割は変えられるは、コミュニケーションに苦手意識を持っている人に向けて、あなたのために働きたいと思わせるような、心理テクニックについて解説している本です。

    人の考えを変える方法について学ぶことで、円滑なコミュニケーションができるようになり、プロジェクトのマネジメントにも役立つことでしょう。

    22:すべての組織は変えられる

    22冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、すべての組織は変えられるです。

    すべての組織は変えられるは、人への投資や人重視の施策をして、組織の状況を好転させるための方法について説明している本です。

    実際にリーダーの声掛けを変えたり、会議のやり方を変えたりして、組織の改革に成功した経験を基にした、組織をよみがえらせるマネジメントのスキルについて学べます。

    23:たった1分で相手をやる気にさせる話術

    23冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、たった1分で相手をやる気にさせる話術です。

    たった1分で相手をやる気にさせる話術は、アメリカでも日常的に使われているような、人を励ます技術について、スポーツ界の事例を取り入れながら説明している本です。

    需要・承認・行動・激励によって構成されるペップトークを学ぶことで、相手に信頼され、組織のマネジメントを円滑にできるようになることでしょう。

    24:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

    24冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするです。

    エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にするは、本質的な仕事に集中して、問題の発生を未然に防ぐための、エッセンシャル思考について解説している本です。

    エッセンシャル思考を身につけることで、不要で非本質的な物事を減らし、生産性を向上させるスキルを身につけられることでしょう。

    25:世界で一番やさしい会議の教科書

    25冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、世界で一番やさしい会議の教科書です。

    世界で一番やさしい会議の教科書は、ビジネスの現場で生まれた、グダグダにならないための会議の基本や、会議に関する問題の対策について紹介している本です。

    会議に関するさまざまなノウハウについて学ぶことで、効率よく議論ができるようになり、生産性の高い会議ができるようになることでしょう。

    26:生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

    26冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるものです。

    生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるものは、マッキンゼーの元人材育成マネージャーが、いかに組織と人材の生産性を上げるかについて紹介している本です。

    イノベーションの源泉でもある生産性を学ぶことで、画期的なビジネスモデルを生み出せるようになることでしょう。

    27:外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」

    27冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」です。

    外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」は、知的生産の技術を指導してきた著者が、知的成果を生み出すための心得について解説している本です。

    知的成果を生み出すための働き方や心得を学ぶことで、プロジェクトの生産性をより高められるようになることでしょう。

    28:人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント

    28冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、人と組織を効果的に動かす KPIマネジメントです。

    人と組織を効果的に動かす KPIマネジメントは、経営目標管理だけではなく、明確な戦略と実効果を測定するための方法である、KPIマネジメントについて解説している本です。

    KPIマネジメントについて学ぶことで、戦略に基づいた人や組織の動かし方ができるようになることでしょう。

    29:最高の結果を出すKPIマネジメント

    29冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、最高の結果を出すKPIマネジメントです。

    最高の結果を出すKPIマネジメントは、長年社内KPI講師を務めて、自らも事業プロジェクトのリーダーとしてKPIマネジメントを実践してきた著者が、KPIマネジメントのノウハウについて解説している本です。

    わかりやすく実践的なKPIの手法について学べ、さまざまな場面で役に立つことでしょう。

    30:まんがで身につくPDCA

    30冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、まんがで身につくPDCAです。

    まんがで身につくPDCAは、ビジネスにおいて重要なPDCAサイクルについて、マンガを使ってわかりやすく解説している本です。

    シンプルに成果を上げるためのPDCAサイクルについて、中小タオルメーカーを舞台にしたマンガで解説しており、飽きずに学べることでしょう。

    31:即効マネジメント 部下をコントロールする黄金原則

    31冊めのプロジェクトリーダーを学べる本は、即効マネジメント 部下をコントロールする黄金原則です。

    即効マネジメント 部下をコントロールする黄金原則は、マネジメントの基礎知識について、クイズ形式でわかりやすく解説している本です。

    組織と人を動かすために必要な基礎知識や、力を発揮させるための考え方について学べ、マネジメントの経験が少ない人でも、実戦で活かせるスキルを身につけられることでしょう。

    プロジェクトマネジメントの本を読むポイント3つ


    ここまでさまざまなプロジェクトリーダーについて学べる本を紹介してきましたが、このような本を読む場合はどのような点を意識して読むのが効果的なのでしょうか。

    ここでは、プロジェクトマネジメントの本を読むポイント3つを紹介していきます。

    1:自分に必要な情報を中心に読む

    プロジェクトマネジメントなどのビジネス書は、普通の本のように最初から最後まで読むと非効率です。自分に必要のない内容まで読みこむ必要はないため、まずは自分に必要な情報をしっかりと読むようにしましょう。

    2:パラレル読みを意識する

    パラレル読みとは、同ジャンルの本を2冊並行して読む読書方法です。パラレル読みを行うことで、1冊ずつ本を読むよりも飽きずに読み進めることができます。

    また、1冊が停滞したとしても別の本を読み進められるため、常に知識を吸収し続けることができます。

    3:時間をおいて読み直す

    プロジェクトマネジメントの本は、一度読んだあとで時間をおいて読み直しを行うことも有効です。1回だけでは理解できなかった内容も、時間をおいて読み直すことで、新しい要点を発見して理解を深めることも可能になります。

    プロジェクトマネジメントの知識が身につく3つの資格


    プロジェクトリーダーに必要な知識を得るには、プロジェクトマネジメントに関する資格を取得するのも有効な方法です。

    ここでは最後に、プロジェクトリーダーの知識が身につく3つの資格について紹介していきます。

    1:プロジェクトマネージャ試験

    1つめのプロジェクトリーダーの知識が身につく資格は、プロジェクトマネージャ試験です。

    プロジェクトマネージャ試験は、システム開発プロジェクトを遂行するために、プロジェクト全体のマネジメントができるかどうかを問う資格試験です。

    組織戦略やシステム、プロジェクトの計画、マネジメントなどのさまざまな知識が身につくことでしょう。

    2:応用情報技術者試験

    2つめのプロジェクトリーダーの知識が身につく資格は、応用情報技術者試験です。

    応用情報技術者試験は、高度IT人材になるために必要な、技術・管理・経営などの幅広い知識や技能を持ち、システム開発やITインフラ構築などのさまざまな場面で、高いパフォーマンスを発揮できることを証明する資格試験です。

    ITに関する知識や技能だけではなく、経営戦略など、プロジェクトのマネジメントに役立つ知識が身につくことでしょう。

    3:PHP技術者認定上級試験

    3つめのプロジェクトリーダーの知識が身につく資格は、PHP技術者認定上級試験です。

    PHP技術者認定上級試験は、PHPの言語仕様から、実用的なプログラミングテクニックまでの知識を問う試験です。

    より高度なプログラミングのテクニックや、実戦で役立つ知識を身につけることで、プロジェクトを進める上で役に立つことでしょう。

    ここまで、プロジェクトリーダーに必要なスキルや、プロジェクトリーダーを学べる本、スキルが身につく資格などについて紹介してきました。

    プロジェクトリーダーについて学ぶことで、プロジェクトの成功率が高まることでしょう。

    この記事を読んだ方は、ぜひプロジェクトリーダーについての本を読んで、知識を身につけてみてください。

    システム
    エンジニア
    プロジェクトマネジメントを行う上で必要なスキルを身につけられそうです。

    プロジェクト
    マネージャー
    プロジェクトリーダーに必要な知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

    プロジェクトマネジメントについて知識を深めよう


    プロジェクトリーダーにはプロジェクトマネジメントの知識が必要です。

    ぜひ本記事で紹介したプロジェクトマネジメントの概要やプロジェクトマネジメントを行う上で必要なスキル、プロジェクトリーダーについて学べるおすすめ本などを参考に、プロジェクトリーダーに必要な知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

    お役立ち情報を配信中!メルマガ登録はこちら

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    新着案件New Job