.net column

.NET開発者のためのブログメディア
計算記号

C#でenum(列挙型)とint型の変換をする方法

2020年04月14日

プログラムを作成していると、列挙子を数値として扱いたいことや、逆に数値を列挙子に変換したいことがあるかと思います。そこで本記事では、enum(列挙型)とint型の相互変換をする方法を分かりやすく解説しています。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

PG
確かに、enum型とint型の変換ができたらすごく便利ですよね。
PL
変換の方法は簡単なので、この機会にぜひマスターしてくださいね!
【C#の型の説明】

  • enum型…定数をまとめて管理することができる型
  • int型…整数を扱うことのできる変数の型

enum型からint型への変換

はじめに、enum型からint型への変換方法を見ていきましょう。変換方法は以下のとおりです。
※今回は分かりやすく2段階で処理しています。

では、サンプルのソースコードで実際の使い方を見ていきましょう。

そして、こちらが実行結果です。

enum型からint型への変換

きちんとint型に変換されていますね。

int型からenum型への変換

次に、int型からenum型への変換方法を見ていきましょう。変換方法は以下のとおりです。
※こちらも分かりやすく2段階で処理しています。

では、こちらもソースコードで実際の使い方を見ていきましょう。

実行結果はこちらです。

int型からenum型への変換

きちんとenum型に変換されてblueが表示されていますね。

PG
キャストをするだけで簡単に変換することができるんですね。
PL
そうですね。ちなみに文字列などにも変換することができますよ。ぜひ、試してみてください。

int型だけでなくstring型でも相互変換ができる

今回は、enum型とint型の相互変換方法を紹介していきました。この記事で紹介したのはint型ですが、同じ要領でstring型などとも相互変換することができます。変換することでより便利に扱えるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)