.net column

.NET開発者のためのブログメディア

Pythonのエンジニア認定試験とは?試験の種類と取得のメリット4つ

2020年06月02日

SE
Pythonのエンジニア認定資格取得のメリットには、どのようなことがあるのでしょうか?

PM
資格を取得することで、キャリアアップや収入アップが目指せます。

Pythonはどんな言語?

PythonはいまやAI技術には欠かせないシステムとして、世界中で使用されているプログラミング言語です。Pythonはオランダ人のグイド・ヴァンロッサムというプログラマーが1991年に開発したオープンソースのプログラミング言語です。古くからあるプログラミング言語ですが、AIに活用できるとわかり近年、一気に人気が増しています。Pythonのプログラミング言語は、初心者にも大変わかりやすいことが特徴です。

プログラミング言語の歴史 <Python(パイソン)編> | テクフリ

Python3エンジニア認定試験の特徴2つ

Python3のエンジニア認定基験の特徴は、日本国内の試験であることと、試験の種類が2つに分かれているということです。Python3エンジニア認定試験は、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会という運営団体が行っている日本独自の試験です。試験に受かると、国内で通用するPythonに対する認定資格が取得できます。Python3エンジニア認定試験には、Python3エンジニア認定基礎試験とPython3エンジニア認定データ分析試験の2つの種類があります。

特徴1:日本で受験できる国内資格

現在、日本国内で受験ができるPythonの認定試験は、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が行っているPython3エンジニア認定試験だけです。Pythonの文法や基礎となる知識をテストすることで、エンジニアとしての実績が試されます。合格すればPython3エンジニアとして認定されるため、転職などの際に有利にはたらくことがあります。なお、Python3エンジニア認定試験はPythonとデータ分析の初心者向けの試験で、国内エンジニアに人気の試験となっています。

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 | Pythonの学習の目安と習熟度チェックに試験はいかがですか?

特徴2:2種類の試験がある

Python3エンジニア認定試験には、「Python3エンジニア認定基礎試験」と、「Python3エンジニア認定データ分析試験」の2種類があります。「Python3エンジニア認定試験」は、Pythonの文法や基礎的な知識について出題されます。「Python3エンジニア認定データ分析試験」は、Pythonを使用したデータ分析に関する基礎的な知識と方法を問われる内容になっています。

Python3エンジニア認定基礎試験の概要4つ

まずは、Python3エンジニア認定基礎試験の概要について、4つに分けて紹介していきます。Python3エンジニア認定基礎試験とは、Python3の文法の基礎的な分野に関する出題がされる試験です。出題は「Pythonチュートリアル第3版」という、開発者が書いたPython3の必読書ともいえる初心者向けの入門書から行われます。「Pythonチュートリアル第3版」の各項目の中から、あらかじめ決められた比率で出題されるので、勉強しやすくできています。

基礎試験 | 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

概要1:試験時間・出題数

Python3エンジニア認定基礎試験の試験時間は60分で、出題数は40問です。Python3エンジニア認定基礎試験は試験会場で行われます。試験方法はコンピューター上で実施ができるCBT(Computer Based Testing)形式が採用されており、すべて選択式の問題です。試験の合否はWebサイトで試験終了直後に確認できます。

概要2:受験料金

Python3エンジニア認定基礎試験の受験料金は、一般が11,000円(税込)で、学生が半額に割引され5,500円(税込)です。学割の対象は、学校に所属している学生か教員です。Python3エンジニア認定基礎試験当日に、学生証か教員証を持参することを忘れないようにしましょう。試験の申込み時に、所属している学校名をオデッセイコミュニケーションズに伝えてください。受験料は銀行振込かクレジットカード払いになります。領収書は希望者に発行されます。

概要3:開催時期

Python3エンジニア認定基礎試験は、通年、随時オデッセイコミュニケーションズが指定した全国の専門学校やパソコンスクールで行われています。必ずオデッセイコミュニケーションズのオンライン上でID登録をしてから受験票を購入してください。Python3エンジニア認定基礎試験の試験会場は、オデッセイコミュニケーションズのホームページ上で全国から探し出すことができます。Python3エンジニア認定基礎試験の実施日や申込み方法は各会場によって違うので、最寄りの会場へ相談してから予約を入れましょう。

概要4:文法・基礎知識が出題される

Python3エンジニア認定基礎試験では、Python3の文法や基礎知識が選択式で出題されます。試験問題は、Python3エンジニア認定基礎試験の教材であるオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル第3版」から出されます。「Pythonチュートリアル第3版」の全14章の各項目の中から、出題の比率はすでに決まっています。自分が苦手な分野や、出題率の高い章を中心に学習するなど、勉強方法を工夫してPython3エンジニア認定基礎試験合格を目指しましょう。

Python3エンジニア認定データ分析試験の概要4つ

Python3エンジニア認定データ分析試験の概要について、4つの項目に分けて説明していきます。Python3エンジニア認定データ分析試験は2020年に始まったばかりの新しい認定試験です。文法の基礎を問われるPython3エンジニア認定基礎試験とは異なり、Python3のデータ分析の基礎や方法について出題されます。試験内容は現在作成中で、詳細は明らかにされていません。

データ分析試験 | 一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会

概要1:試験時間・出題数

Python3エンジニア認定データ分析試験は、Python3エンジニア認定基礎試験と同じように60分で40問の問題に答える選択式のCBT(Computer Based Testing)形式で行われます。「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」という教材から出題される予定です。しかし、Python3エンジニア認定データ分析試験の詳しい内容については、まだ発表されていません。また、主催の一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会は、公平性を保つために試験に対する質問はいっさい受け付けていません。

概要2:受験料金

Python3エンジニア認定データ分析試験の受験料金はPython3エンジニア認定基礎試験と同じ額で、一般が11,000円(税込)・学割が5,500円(税込)です。Python3エンジニア認定データ分析試験は2020年3月開始の予定でしたが、詳しい日程や内容はまだ発表されていません。一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会のツイッターまたはフェイスブックなどの情報を随時確認してください。

概要3:開催時期

Python3エンジニア認定データ分析試験は当初、2020年3月にスタートの予定でしたが、現在は2020年の春と明記されて開催が遅れています。試験問題の具体的な内容もまだ発表されていません。Python3エンジニア認定データ分析試験の開催時期が気になる方は、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会のフェイスブックやツイッターを確認してください。また、新型コロナに関する回答は一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会では行っておりません。試験会場を提供しているオデッセイコミュニケーションズに問い合わせてください。

概要4:データ分析の方法や基礎が出題される

Python3エンジニア認定データ分析試験では、Python3のデータ分析方法や基礎的な問題が出される予定です。「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」という教材から出題される予定です。Python3エンジニア認定データ分析試験の参考書である「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」とは、スマホなどの普及で著しく需要が増えたPython3を使用したデータ分析エンジニア育成のための著作です。データ分析エンジニアになるための基礎的な学問について書かれています。

Python3エンジニア認定試験の対策法

Python3エンジニア認定試験の対策方法として、オデッセイコミュニケーションズのCBT(Computer Based Testing)で使われている、認定テキストを勉強する方法が挙げられます。Python3エンジニア認定試験は、オデッセイコミュニケーションズが認定したテキストの章から決まったパーセンテージで出題されます。ホームページ上で発表されているため、勉強のターゲットが絞り込みやすくなっています。

Python3エンジニア認定試験の資格を取得するメリット4つ

Python3エンジニア認定試験の資格を取得するメリットは、仕事に有利になるという点です。PythonはAI技術に欠かせないプログラミング言語です。職場内でキャリアアップして地位や給料アップに繋げることが可能です。また、転職や就職を考えている方にも、求人案件に応募する際に大変有利に働くと考えられています。フリーのエンジニアを目指す方にも、キャリアの証明となる素晴らしい認定資格です。

メリット1:知識を証明できる

Python3エンジニア認定試験は、自身のPython3の知識を対外的にアピールできる、価値のある資格です。Python3エンジニア認定試験に合格して資格を収得することで、自分がPython3のエキスパートであることが証明できます。Python3エンジニア認定試験は履歴書に書くことができる立派な認定資格です。転職や昇格の際にPython3エンジニア認定試験の資格があれば、堂々と自分のPython3のスキルをアピールすることができます。

メリット2:キャリアアップが期待できる

Python3エンジニア認定試験を受けることで、Python3を使いこなすための知識や技術を深めるきっかけになります。資格取得を目指すことの意義は、自身のキャリアアップです。それは、地位や賃金の向上だけでなく、自身のエンジニアとしての知識と技術を高めるという意味でもあります。Python3エンジニア認定試験を受けるために勉強やトレーニングを行うことで、Python3に関するキャリアアップが狙えます。

メリット3:収入アップを目指せる

Python3エンジニア認定試験に合格して資格を収得できれば、収入面でのアップも期待できます。Python3は現在、AI技術の発達に欠かせないプログラミング言語として台頭してきています。そのPython3の知識や技術に詳しいエンジニアとしての証明になるPython3エンジニア認定試験の資格があれば、転職や昇格・昇給の際のアピールポイントとして有利に働く可能性が大きいからです。

メリット4:システム開発にPythonを使う企業が増えている

現在、AIの発達でシステム開発にPythonを使う企業が増えているので、Python3エンジニア認定試験の資格を持っていると就職に大変有利です。Pythonは、AIの技術開発においてもっとも使いやすいプログラミング言語として認識されています。そのため、外国を中心に急激に需要が高まっています。Python3エンジニア認定試験を受けて資格を収得しておけば、将来、必ず役立つと考えられています。

SE
Python3エンジニア認定試験に合格することで、自分の市場価値を高めることができるのですね。

PM
そうですね。これから需要が高まっていくので、今のうちに取得しておきましょう!

Python3エンジニア認定試験にチャレンジしてみよう!

Python3エンジニア認定試験は、AI技術に欠かせないプログラミング言語として人気の、Python3の実力があると認証される素晴らしい試験です。Python3エンジニア認定基礎試験の資格があれば、転職や昇格・昇給に有効活用できます。また、Python3エンジニア認定試験を受けることで、自分自身のスキル・キャリアアップが狙えます。問題は選択方式でその場ですぐに合否の判定が出ます。教材も揃っていますので、気軽にチャレンジできます。Python3をより深く理解する上でも、Python3エンジニア認定試験に挑戦してみましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)