.net column

.NET開発者のためのブログメディア

C#のシャットダウンについてご紹介!ログオフや再起動をする

2020年08月26日
SE
C#でのシャットダウやログオフの方法を教えてください。
PM
ここではWMIを利用したシャットダウンの方法を見ていきましょう。

C#のシャットダウンについて

今回は、C#のシャットダウンについて説明します。

C#のアプリケーションから、システムをシャットダウンしたり再起動したりでき、C#のシャットダウンに興味のある方はぜひご覧ください。

ここで紹介すること

ここでは、C#のシャットダウンの方法を2種類紹介します。
・WMIでシャットダウンする
WMIのWin32_OperatingSystemクラスを利用して、ログオフ、シャットダウン、再起動、電源OFFができます。
Win32Shutdownメソッドで上記の操作ができます。
・shutdown.exeでシャットダウンする
shutdown.exeを使用することで、より簡単にシャットダウンできます。
shutdown.exeの引数を指定することで、ログオフ、シャットダウン、再起動ができます。

また、シャットダウンのイベントを検知できますので、検知方法についても紹介します。

WMIでシャットダウンする

C#では、WMIのWin32_OperatingSystemクラスを利用して、ログオフ、シャットダウン、再起動、電源OFFができます。また、強制的に上記の操作を行うこともできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

プルダウンで操作を選択し、””Execute””ボタンをクリックすると、目的の操作が行えます。
このように、C#ではWMIのWin32_OperatingSystemクラスを利用して、ログオフ、シャットダウン、再起動、電源OFFができます。

shutdown.exeでシャットダウンする

C#では、shutdown.exeを使用してログオフ、シャットダウン、再起動できます。また、強制的に上記の操作を行うこともできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

プルダウンで操作を選択し、””Execute””ボタンをクリックすると、目的の操作が行えます。

このように、C#ではshutdown.exeを使用してシャットダウンできます。

シャットダウンの検知

C#では、シャットダウンやログオフの発生イベントを検知できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

Windowsメニューから、ログオフやシャットダウンしてみてください。

SystemEvents.SessionEndingのイベントハンドラで、イベントを検知してメッセージを表示します。

このように、C#ではシャットダウンやログオフの発生イベントを検知できます。

SE
再起動や電源オフまでできるなんて、便利ですね。
PM
WMIの他にshutdown.exeを利用した方法の2つを紹介しました。いかがでしたか?

C#のシャットダウン方法を正しく理解して使用しましょう。

いかがでしたでしょうか。C#でWMIでシャットダウンする方法およびshutdown.exeでシャットダウンする方法を紹介しました。

シャットダウンだけでなく、ログオフや再起動もでき、シャットダウンなどのイベントを検知できます。ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。

 


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

求人一覧

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)