.net column
.NET開発者のためのブログメディア

PythonでのforEachメソッドの基本的な使い方とループ処理方法

 

SE
Pythonでの要素の配列や表示に使われるfor文のようなメソッドはありますか?

PM
はい。Pythonではfor文の代わりにforEachメソッドを利用します。

PythonでのforEachメソッドの使い方とは?


今回は、PythonでのforEachメソッドの使い方について説明します。配列の繰り返し処理をする場合などには、forEachメソッドを使用します。

PythonでのforEachメソッドの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

基本的な使い方

実は、PythonにはforEachという名前のメソッドはありません。for文がその代わりとなります。

for文は以下のような文法です。

それではfor文を使った実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

配列の要素がすべて出力されていることが分かります。このようにPythonでは、for文で繰り返し処理を実現します。

ループ正常終了後の処理

Pythonでは、for文の正常終了後の処理をelse句で記述できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

for文が正常に終了した後に、else内が実行されていることが分かります。このようにPythonでは、for文の正常終了後の処理をelse句で記述できます。

break

Pythonでは、for文を中断するのにbreakを指定します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

特定の条件でfor文を中断していることが分かります。また、for文は正常終了していないので、else内は実行されません。

continue

Pythonでは、for文をスキップするのにcontinueを指定します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

特定の条件でfor文をスキップしていることが分かります。また、for文は正常終了しているので、else内も実行されます。

範囲指定ループ

Pythonでは、範囲指定でfor文を使用できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

“array[1:4]”で範囲を指定しています。
インデックスの1から4までの要素(4を含まない)が出力されていることが分かります。このようにPythonでは、範囲指定でfor文を使用できます。

逆順ループ

Pythonでは、reversedメソッドで配列の逆順ループを実現できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

配列が逆順ループになっていることが分かります。数字の場合は数字ソート、文字列の場合は辞書ソートになります。

このようにPythonでは、Pythonではreversedメソッドで配列の逆順ループを実現できます。

昇順ループ

Pythonでは、sortedメソッドで配列の昇順ループを実現できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

配列が昇順ループになっていることが分かります。このようにPythonでは、sortedメソッドで配列の昇順ループを実現できます。

降順ループ

Pythonでは、sortedメソッドで配列の降順ループを実現できます。第2引数に「reverse=True」を指定します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

配列が降順ループになっていることが分かります。このようにPythonでは、sortedメソッドで配列の降順ループを実現できます。

第2引数に「reverse=True」を指定します。

要素インデックスの取得

Pythonでは、rangeメソッドで要素インデックスを取得できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このように、Pythonではrangeメソッドで要素インデックスを取得できます。

SE
forEach文を使うことでリストのそれぞれの要素を効率よく出力することができるのですね。

PM
非常に簡単な処理ではありますが、そのためよく使われるメソッドでもあります。

まとめ

PythonでのforEachメソッドの使い方について説明しました。配列の繰り返し処理をする場合などには、forEachメソッドを使用します。

ぜひご自身でPythonのソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags