.net column
.NET開発者のためのブログメディア

PythonでJSONを扱う方法とは?JSONファイルの読み書きや文字列への変換について紹介!

 
PythonでJSONを扱う方法とは?JSONファイルの読み書きや文字列への変換について紹介!
SE
PythonでJSONを扱う方法について教えてください。
PM
分かりました。PythonでJSONファイルの読み書きや文字列への変換についてお話ししましょう。

PythonでJSONを扱う方法とは?


今回は、PythonでJSONを扱う方法について説明します。JSONとはJavaScript Object Notationの略で、データを扱うためのフォーマットです。ここでは、JSONファイルの読み書きや、データアクセス、文字列への変換などについて紹介します。

PythonでJSONを扱う方法に興味のある方はぜひご覧ください。

読込み

PythonでJSONファイルを読み込む方法を紹介します。事前に以下の内容のjson_sample.txtをカレントディレクトリに用意してください。

それでは、実際のソースコードを見てみましょう。ソースコードの先頭に「import json」を記述してください。

実行結果は以下のようになります。

このようにPythonでは、JSONファイルを読み込めます。json.load()で読み込むと辞書形式になります。

特定のデータにアクセス

JSONファイルに複数データが存在する場合、特定のデータにアクセスする方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。json_sample.txtは以下のようになっているとします。

それでは、実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

特定のデータにアクセスできていることが分かります。

辞書型→文字列型への変換

json.load()で読み込むと辞書型になります。Pythonで読み込んだ辞書型の内容を文字列に変換する方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

json.dumps()で文字列型に変換できます。

ファイル保存

PythonでJSON形式のファイル保存する方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにPythonでは、JSON形式のファイル保存ができます。

整形

PythonでJSON形式を整形する方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

file.read()にすることで、整形されていることが確認できます。

コマンドラインで解析

Pythonでは、コマンドラインでJSONファイルを解析できます。

実際のコマンドを見てみましょう。

SE
なるほど。よく分かりました。
PM
コマンドラインでJSONファイルを解析する方法も参考にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。PythonでJSONを扱う方法について説明しました。ここでは、JSONファイルの読み書きや、データアクセス、文字列への変換などについて紹介しました。また、コマンドラインでJSONファイルを解析する方法についても紹介しました。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags