.NETエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnet.NETナビ
  2. .NETコラム
  3. プログラミング言語
  4. Python
  5. Pythonのsleep関数とは?実行方ほについてご紹介

Pythonのsleep関数とは?実行方ほについてご紹介

  • Python
  • プログラミング言語
公開日時:   更新日時:
Pythonのsleep関数とは?実行方ほについてご紹介
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
    システム
    エンジニア
    Pythonのsleep関数を使うと何ができるのですか。
    プロジェクト
    マネージャー
    Pythonのsleep関数を使うと、指定した秒数のあいだ処理を停止したり、一定の間隔で処理を繰り返したり、指定した時間に処理を実行することができます。

    sleep関数とは?


    Pythonのsleep関数は、実行中の処理を一時的に停止することができる、timeモジュールの関数です。

    timeモジュールとは、時間に関係した処理をまとめたモジュールです。Pythonでは、sleep関数を使用することで、処理の負荷を軽くしたり、後続処理の実行時間を予約したりすることができます。

    Pythonのsleep関数の使い方

    Pythonのsleep関数は、timeモジュールをインポートしたあとに、引数をわたして実行します。

    引数として、int型もしくはfloat型の数字をわたすことができます。sleep関数は実行した際に、引数の秒数だけ処理を停止します。例えば、引数に5.12をわたした場合は、5.12秒間停止します。

    繰り返し処理のなかでsleep関数を実行すれば、連続実行される処理のあいだに、バッファを設けることができます。これによりCPUへの負荷を減らすことが期待できます。

    規定の時間に処理を実行したい場合は、sleep関数を使えば実現することができます。実行予定時刻と現在時刻の差を、sleep関数の引数として使用すれば、実行予定時刻まで後続の処理を待機させることができます。

    指定した秒数のあいだ、処理を停止する方法

    Pythonのsleep関数を使うことで、指定した秒数のあいだ、処理を停止することができます。

    さっそく、実際にソースコードをかいていきましょう。

    上記の例では、まずtimeモジュールとdatetimeモジュールをインポートしています。datetimeモジュールは、次の行のprint文で現在時刻を取得するために、インポートしています。

    それからsleep関数を使って、処理を10秒間停止したあとに、もう一度現在時刻を取得します。

    出力結果を確認すると、2度の表示時間に10秒ほどの間隔があいていることがわかります。

    もしかすると、print('10秒間、停止します。')print文で、処理に10秒ほどかかってしまったのかもしれません。それでは、sleep関数を使用しなければ、出力結果はどうなるでしょうか。実際にためしてみましょう。

    上記の例では、#time.sleep(10)で、sleep関数をコメントアウトしています。そのほかは、前出の例と同じプログラムを実行しています。

    出力結果を確認してみると、2度の表示時間が同じになっています。これはdatetimeモジュールで取得した有効数字では、差が表れないほど、一瞬で処理が終了しているということです。前出の例と比較すると、Pythonのsleep関数の効果が確認できます。

    一定の間隔で処理を繰り返し実行する方法

    Pythonのsleep関数を使うことで、繰り返し処理を、一定の間隔で実行することができます。

    さっそく、実際にソースコードをかいていきましょう。

    上記の例では、まずモジュールをインポートしたあと、for文を使って、処理を5回、繰り返しています。繰り返し処理のなかでは、実行回数と現在時刻を表示するprint文と、sleep関数が実行されています。

    実行結果を確認すると、それぞれのprint文が、10秒ごとに実行されていることがわかります。このようにバッファを設けることで、CPUにかかる負荷を軽くすることが期待できます。

    指定した時間に処理を実行する方法

    Pythonのsleep関数を使うことで、現在時刻と実行時間の差から、指定した時間に処理を実行することができます。

    さっそく、実際にソースコードをかいていきましょう。

    上記の例では、これまでと同様のモジュールをインポートしたあと、変数now_timeに現在時刻を、変数exec_time に実行時間を設定しています。ここでは、datetimeオブジェクトのコンストラクタとして、(year, month, day, hour, minute, second, microsecond)の順で実行時間を設定しています。

    次に、now_timeexec_time の差を計算し、変数sleep_timeに停止時間として設定しています。

    ここで注意しなければならないことがあります。now_timeexec_time datetimeオブジェクトとして作成されましたが、sleep_timeには、timedeltaオブジェクトとして結果が格納されていることです。

    timedeltaオブジェクトは、経過時間を保持するオブジェクトです。そのため、timedeltaオブジェクトのメソッドtotal_seconds()が使用できます。total_seconds()で処理を停止する秒数を取得し、sleep関数を実行しています。

    実行結果を確認すると、実行予定時間の2021-02-20 15:30:00に、実行時間になりました!と出力されていることがわかります。このようにsleep関数を使えば、指定した時間になるまで処理を停止することができます。

    システム
    エンジニア
    Pythonのsleep関数を使ってできることがよく分かりました。
    プロジェクト
    マネージャー
    ご紹介したソースコードを参考に、ご自身でもソースコードを書いてみてください。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。Pythonのsleep関数の使い方として、指定した秒数のあいだ処理を停止する方法、一定の間隔で処理を繰り返し実行する方法、指定した時間に処理を実行する方法を紹介しました。

    Pythonのsleep関数を使えば、CPUへの負荷を軽減したり、指定した時間まで処理を停止することができます。ぜひご自身でソースコードを書いて、動作を確認してみてください。

    FEnet.NETナビ・.NETコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    Python新着案件New Job