.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Javaのelseifの使い方を紹介!|elseifの正しい使い方を覚えよう

公開日時:   更新日時:
Javaのelseifの使い方を紹介!|elseifの正しい使い方を覚えよう
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE

PM
elseifとは複数の条件式を使い判断するときに使用します。使い方を見ていきましょう。

Javaのelseifの使い方とは?


今回は、Javaでのelseifの使い方について説明します。
条件文としてif文を使用することはよくあります。

複数の条件式を使って判定したい場合に、elseifを使用します。
ここでは、elseifの書式から紹介します。

また、複数の条件式を使い判定する構文として、switchがあります。
条件文によっては、elseifをswitchに書き換えることもできます。
elseifとswitchの使い分けについても紹介します。

Javaでのelseifの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

基本的な使い方

Javaでのif, elseif, elseの基本的な使い方について紹介します。

if, elseif, elseは、以下の書式です。

それでは、実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

80 > score >= 60

elseifの条件式がtrueになるため、「80 > score >= 60」が出力されています。

複数のelseif

Javaでは、elseifを複数記述もできます。

elseifを複数記述する場合は、以下の書式です。

条件式2, 3, 4, 5, … のように、複数の条件式を記述できます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

if文は条件式1から順番に評価されますので、「40 > score >= 20」が出力されます。
条件式を逆から記述する場合は考慮が必要です。
実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

このようにJavaでは、elseifを複数記述することもできます。

switch

Javaでは、複数の条件式を使った判定を行う構文として、switchがあります。
条件文によっては、elseifをswitchに書き換えることもできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

scoreを20で割った結果で条件分岐しています。
このようにJavaでは、複数の条件式を使った判定を行う構文として、switch文でも記述できるケースがあります。

elseifとswitchの使い分け

Javaにおいて、複数の条件式を使った判定を行う点ではif,elseifもswitchも同じです。
どのように使い分ければ良いかの基準を紹介します。

if文は条件式のtrueまたはfalseで条件分岐します。条件式を上から順に判定します。

switch文は、変数の値によって条件分岐します。
条件式で分岐する場合はif文の方が良いでしょう。
値で分岐する場合は、switch文の方が良いでしょう。

今回の例では、if文で書いたほうが良いと思います。
switch文でも記述できますが、拡張性が低いです。

例えば、今回は点数を20点刻みとしましたが、「60~80だけは10点刻みにしたい」などの変更がある場合、switch文では対応できなくなります。
無理にswitchで書こうとすると処理が煩雑になり、バグを埋め込む要因になります。

用途に応じて使い分けてください。

SE
Javaでのelseifの使い方がわかりました。

PM
elseifの使い方や書式は理解いただけたでしょうか?ぜひ実際にコードを書いてみてください。

elseifの正しい使い方を覚えよう

Javaでのelseifの使い方について説明しました。
条件文としてif文を使用することはよくあります。

複数の条件式を使った判定を行いたい場合にelseifを使用します。
elseifの書式から基本的な使い方について紹介しました。

また、複数の条件式を使った判定を行う構文として、switchがあります。
条件文によっては、elseifをswitchに書き換えることもできます。
elseifとswitchの使い分けについても紹介しました。

ぜひご自身でJavaのソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags