[C#]Moqを使って単体テストをやってみよう!Moqのインストール方法・プロパティの読み書き・結果確認・返却する値を変化させる方法

公開日時:   更新日時:
[C#]Moqを使って単体テストをやってみよう!Moqのインストール方法・プロパティの読み書き・結果確認・返却する値を変化させる方法
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

SE
Moqを使った単体テストのやり方が知りたいです。

PM
まずは、Moqのインストール方法などから説明しますね。

[C#]Moqを使って単体テストをやってみよう!


今回は、C#でのMoqの使い方について説明します。Moqとは、.NET環境の単体テストで使用する、テストの代役を簡単に作るためのライブラリです。ここでは、Moqのインストール方法、プロパティの読み書き、結果確認、返却する値を変化させる方法について紹介します。

C#でのMoqの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

インストール方法

まずはプロジェクトにMoq をインストールします。ここでは、統合開発環境にMicrosoft Visual Studio Community 2019 Previewを使用します。

ツール(T) → NuGet パッケージマネージャー(N) → パッケージマネージャーコンソール(O)と進み、以下のコマンドを実行します。

コマンドが成功すると、Moqが使えるようになります。プログラムの頭に「using Moq;」を記載してください。

プロパティの読み書き

C#でMoqを使ったプロパティの読み書きについて紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

テストを実行すると、テストエクスプローラーが開きます。テストの成功失敗はアイコンで表示されます。テスト詳細の概要ペインで「この結果に対して追加の出力を開く」をクリックすると、標準出力の内容(この場合、sample)を確認できます。

このようにC#では、Moqを使ったプロパティの読み書きのテストができます。

結果確認(int)

C#でMoqを使った比較(結果確認)の方法について紹介します。Assert.AreEqualメソッドを使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

テスト実行すると、成功することが分かります。Assert.AreEqual(10, mockMethod.Add(3, 4));などとすると、テストは失敗します。このようにC#では、Assert.AreEqualメソッドで比較(結果の確認)ができます。

結果確認(bool)

C#でMoqを使った結果確認について、戻り値がboolの場合の方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

返却する値を変化させる

C#でMoqを使って、返却する値を変化させられます。SetupSequenceメソッドを使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

テスト実行し、テスト詳細の概要ペインで「この結果に対して追加の出力を開く」をクリックすると、標準出力の内容(この場合、1,2,3)を確認できます。このようにC#では、Moqを使って返却する値を変化させられます。

SE
Moqの使い方が分かりました。

PM
Moqについての理解を深めて、実際にコードを書いてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。C#でのMoqの使い方について説明しました。Moqのインストール方法、プロパティの読み書き、結果確認、返却する値を変化させる方法について紹介しました。

ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。


FEnetへの登録は左下のチャットが便利です 経験者優遇! 最短10秒!

.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags