.net column
.NET開発者のためのブログメディア

[C#]WFPアプリで表を扱う方法とは?フィルター方法と合計・平均の算出方法

公開日時:  
[C#]WFPアプリで表を扱う方法とは?フィルター方法と合計・平均の算出方法
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
SE
C#のWPFアプリケーションで表(DataTable)の扱い方を教えてください。
PM
C#のWPFアプリケーションで表(DataTable)を扱う方法とフィルター方法や、合計・平均の算出方法についてもご紹介しましょう。

[C#]WFPアプリで表を扱う方法とは?


今回は、C#のWPFアプリケーションで表(DataTable)を扱う方法について説明します。DataTableのフィルター、合計、平均の方法について紹介します。

C#のWPFアプリケーションで表を扱う方法に興味のある方はぜひご覧ください。

WPFアプリの作成

ここでは、Visual Studio CodeでC#のWPFアプリケーションを作成します。Visual Studio Codeを開き、File → OpenFolder で作業フォルダを指定します。次に、Terminal → New Terminal を選択します。コンソールに dotnet new wpf を入力してEnterします。

コンソールにRestore succeeded.が表示されれば成功です。作業フォルダに、WPFアプリ開発に必要なファイル・フォルダが作成されます。

コンソールに dotnet run を入力してEnterすると、C#のWPFアプリケーションが起動します。

フィルター

C#でWPFアプリケーションを作成し、表をGUI表示する方法を紹介します。さらに表の要素をフィルターする方法を紹介します。
MainWindow.xaml.csを以下のように変更します。

次に、MainWindow.xamlを以下のように変更します。一部を抜粋しています。

コンソールログを出力するために、App.xaml.csを以下のように変更します。

実行すると、C#のWPFアプリケーションが起動するとともに、コンソールに以下のように出力されます。

合計

C#のDataTableに対して、特定要素を合計する方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、WPFアプリケーションが起動するとともに、コンソールに以下のように出力されます。

平均

C#のDataTableに対して、特定要素を平均する方法を紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行すると、WPFアプリケーションが起動するとともに、コンソールに以下のように出力されます。

SE
C#のWPFアプリケーションで表(DataTable)を扱う方法のほか、フィルター方法や、合計・平均の算出方法についてもよく分かりました。
PM
今回解説した内容を参考にして、今後活用してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。C#のWPFアプリケーションで表(DataTable)を扱う方法について説明しました。WPFアプリケーションにDataTableを表示するだけでなく、フィルター方法や、合計・平均の算出方法について紹介しました。

ぜひご自身でC#のソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags