.net column
.NET開発者のためのブログメディア

実行環境

PythonでのRequestsの使い方とは?HTTPメソッドの実行方法を紹介!

2021年09月10日
SE
PythonでのRequestsを使うと何ができるのですか。
PM
Requestsを使うと、GET、POST、PUT、DELETEなどのHTTPメソッドを実行できます。

PythonでのRequestsの使い方とは?


今回は、PythonでのRequestsの使い方について説明します。Requestsを使用するとGET、POST、PUT、DELETEリクエストなどのHTTPメソッドの実行が可能です。
事前に「pip install requests」コマンドを実行してRequestsモジュールをインストールしておいてください。

PythonでのRequestsの使い方に興味のある方はぜひご覧ください。

GET

PythonでのGETリクエストの発行方法について紹介します。ここでは、GET、POST、PUT、DELETEリクエストなどのHTTPメソッドに対してレスポンスを返してくれる「https://httpbin.org」というサイトを使用します。実際のソースコードを見てみましょう。

GETリクエストのレスポンスについて、様々な情報が取得できることが分かります。status_code200は正常処理のレスポンスを意味します。

また、PythonのRequestsでは、パラメータを指定することもできます。

POST

PythonでのPOSTリクエストの発行方法について紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

PUT

PythonでのPUTリクエストの発行方法について紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

DELETE

PythonでのDELETEリクエストの発行方法について紹介します。実際のソースコードを見てみましょう。

SE
Requestsを使ってGET、POST、PUT、DELETEなどのHTTPメソッドの実行の仕方がよく分かりました。
PM
ご紹介したソースコードを参考にしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。PythonでのRequestsの使い方について説明しました。Requestsを使うと、GET、POST、PUT、DELETEリクエストなどのHTTPメソッドを実行できます。

HTTPメソッドのテストをするには、「https://httpbin.org」を利用すると便利です。ぜひご自身でPythonのソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags