.net column
.NET開発者のためのブログメディア

Java JavaScript

Pythonでの辞書の操作方法とは?基本的な使い方やソートの方法まで解説!

 

SE
Pythonの辞書について教えてください。

PM
Pythonの辞書型とは、keyとvalueの組み合わせが含まれたデータを指します。基本的な操作方法を実際のコードを見て、理解を深めてください。

Pythonでの辞書の操作方法とは?


今回は、Pythonでの辞書の操作方法について説明します。Pythonの辞書は、keyとvalueの組み合わせの集合です。keyの重複はできませんが、valueの重複はできます。ここでは、基本的な使い方から、結合、削除、存在確認、フィルター、ソートの方法について紹介します。

Pythonでの辞書の操作方法に興味のある方はぜひご覧ください。

基本的な使い方

Pythonでの辞書の基本的な使い方を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

結合

Pythonでの辞書の結合方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

keyが重複した場合は、引数の辞書が優先されます。

削除

Pythonでの辞書の削除方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

末尾の要素を取得して削除することもできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

存在確認

Pythonでの辞書の存在確認の方法を紹介します。key・value・key/valuleのセットで存在確認ができます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

valueで存在確認するには以下のように記述します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

key/valueのセットで存在確認するには以下のように記述します。実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

フィルター

Pythonでの辞書のフィルター方法を紹介します。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

ソート

Pythonでの辞書のソート方法を紹介します。keyでソートしたりvalueでソートしたりできます。

実際のソースコードを見てみましょう。

実行結果は以下のようになります。

文字列の場合はアルファベットソートになります。

SE
やや複雑ですが、実務でよく使われるオブジェクトなんですね。

PM
そうですね。Pythonではよく利用されます。目的のはっきりしたプログラムを書くことができますので、しっかりマスターしたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Pythonでの辞書の操作方法について説明しました。ここでは、基本的な使い方から、結合、削除、存在確認、フィルター、ソートの方法について紹介しました。

ぜひご自身でソースコードを書いて、理解を深めてください。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags