.net column
.NET開発者のためのブログメディア

MAMPとは?MAMPをインストールする方法や起動する方法について紹介

 
MAMPとは?MAMPをインストールする方法や起動する方法について紹介
SE
MAMPをインストールする方法や起動する方法について教えてください。
PM
では今からMAMPをインストールする方法など詳しく紹介していきます。

MAMPとは?


「MAMP(マンプ)」とは、MacOSまたはWindowsのコンピューターにWeb開発のローカル開発環境を構築できるソフトウェアです。Macintosh、Apache、MySQL、PHPの4つの頭文字をつなげたものが名称となっています。

サーバーやデータベース、FTPソフトウェアを用意せずWebサイトを再現できるので、PHPプログラムなどを使用したWeb開発の動作検証に使うことができ、特にWordPressを構築して動かす際によく使われています。

有料版MAMP PROとの違いは?

MAMPは基本フリーで使えるソフトウェアですが、MAMP PROという有料のグレードアップ版もあります。

MAMP PROを利用すると、フリー版のMAMPでは使えない機能や、フリー版で行う面倒な作業を省略できる機能を使うことができます。

MAMP PROの大きな機能の特色としては、「ホストの複数作成」「PHPの簡単バージョン切り替え」「CMSの簡単インストール」などがあります。

XAMPPとの違いは?

MAMPと似たソフトウェアに、「XAMPP(ザンプ)」というものがあります。

XAMPPの「X」は「クロスプラットフォーム」の頭文字に由来し、MAMPと用途は同じですが、名前の通りどのOSにも対応しているソフトウェアです。

また、他にも似たツールで「LAMP(ランプ)」というものがありますが、こちらもMAMPと用途は同じです。ただし、「LAMP」が対応するOSは「Linux」という点で異なります。

MAMPのインストール方法

MAMPをインストールする方法を見て行きましょう。

まず、下記リンクのMAMP公式サイトから「Free Download」をクリックして、MAMPをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを開くとセットアップ画面が表示されますので、手順に従ってセットアップを進めていきましょう。

MAMPのインストールが完了したら、インストーラーはもう使わないので削除しておきます。

なお、MAMP PROを一緒にインストールしたくない場合は、セットアップの途中に出てくる「カスタマイズ」のボタンをクリックし、MAMP PROのチェックを外しておきましょう。

MAMPの起動方法

ここで、MAMPを起動してサーバーを立ち上げる手順などを解説していきます。

MAMPの初期設定

MAMPをインストールできたら、アイコンをダブルクリックして開きます。

ウィンドウが表示されるので、その中にある「Start Servers」のボタンをクリックし、「Apache Server」「MySQL Server」が問題なく点滅するかを確認してください。

起動に問題がなければ、上部バーの「Preferences」からMAMPの設定画面を開きます。そこから「Ports」のタブに移動し、「Apache Portを80」「Nginx Portを80」「MySQL Portを3306」に変更してください。

他には、特に変更が必要な点はありませんが、Generalタブは「MAMP起動時と終了時の動作設定」、PHPタブは「PHPのバージョン設定」、Web Serverタブは「Webサーバーとドキュメントルートの設定」、MySQLタブは「MySQLのバージョン確認」と、それぞれに設定事項がありますので、しっかりと把握しておきましょう。

PHPのエラーをチェックできるようにする

次は、PHPのエラーをチェックできるように、php.iniのファイルを編集していきましょう。

「アプリケーション」→「MAMP」→「bin」→「php」→「php最新バージョン」→「conf」ディレクトリにある「php.ini」ファイルを開き、457行目あたりにある下記ブロックを確認します。

こちらの「display_errors = Off」の部分を「display_errors = On」に変更することで、PHPのエラーが表示されるようになります。

タイムゾーンを設定する

MAMPの初期値では、タイムゾーンがドイツ時間になっているので、これを日本時間に変更する設定を行っていきます。

前の章と同じ「php.ini」ファイルを開き、900行目あたりにある下記ブロックを確認します。

こちらの「;date.timezone = “Europe/Berlin”」の部分を「date.timezone = “Asia/Tokyo”」に変更することで、タイムゾーンを日本時間にできます。

ブラウザ画面に文章を表示する

サーバーの起動とMAMPの初期設定ができたので、ブラウザ画面に文字を表示してそれを確認してみましょう。

あらかじめ実行したいPHPファイルなどを「アプリケーション」→「MAMP」→「htdocs」ディレクトリにコピーしておきます。

ブラウザで「http://localhost:8888/ファイル名」というアドレスを打ち込むと、実行したいファイルの表示を確認できます。

上記の例のようにファイルに打ち込んでみると、PHPの処理が実行され、文字が表示されます。

SE
MAMPをインストールする方法や起動する方法がよく分かりました。
PM
MAMPは、特にWordPressを使ったWeb開発者にとって必須のツールですので、参考にしてください。

MAMPで手軽に開発環境を作ろう!

本記事ではMAMPの機能や起動方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

MAMPは英語のソフトですが、インストールや設定が簡単で、すぐに開発環境を整えることができます。

とっつきにくいものではないので、ぜひ手軽にMAMPをインストールして開発に利用してみましょう。


.NET分野でのキャリアアップをお考えの方は、現在募集中の求人情報をご覧ください。

また、直接のエントリーも受け付けております。

エントリー(応募フォーム)

Search

Popular

reccomended

Categories

Tags