クラウド時代が到来している今インフラエンジニアが必要とする知識とは

クラウド時代が到来している今インフラエンジニアが必要とする知識とはのアイキャッチイメージ

クラウドサービスが一般的になってきた今、インフラエンジニアの業務にも変化が訪れています。
クラウド環境の変化が今後も続くと考えられており、インフラエンジニアにはどのような知識が必要となるのでしょうか。
この記事では今後インフラエンジニアが身に付けたい知識などを紹介します。

今までのインフラエンジニア

クラウド時代が到来するまでは、物理環境が重要とされていました。
企業が自社で購入し設置する、サーバーの構築や保守管理がインフラエンジニアの主な仕事です。ソフトウェアの知識もハードウェアの知識も必要とされるため、とても専門性の高い仕事でした。また、サーバーに不具合が生じたときに備えて、24時間365日対応しなくてはいけません。

しかし、クラウドサービスが導入されてからは、自社内にサーバーがなくても簡単に構築や運用ができるように変化したのです。
クラウドサービスは実際にサーバーを購入しなくても、インターネットに接続でき、ある程度のスペックがあるデバイスならどこでも利用できます。
そのため導入コストが低く、今では中小企業から大企業まで多くの業種でクラウドが利用されるようになりました。

これからのインフラエンジニアに必要な知識

エンジニア

企業が次々とクラウドサービスに移行する現在、これからのインフラエンジニアにはクラウドに関する知識も求められてくるでしょう。
現在の知識とクラウドの仕組みを理解して活用できるようにしていくことが重要です。

特にソフトウェアを駆使した設定や最適化などが求められることが多くなると考えられています。
また、プログラミングの知識を身に付けておくことで幅広い案件に対応できるようになります。

物理環境はなくならない

クラウドサービスに移行する部分が多くなっても、すべてがクラウドに移行できるわけではありません。
特に大企業などは、従来のような自社内にサーバーを設置するオンプレミス環境の方が、結果的にコストが安くなる場合もあります。
物理環境は今後しばらくなくならないため、物理関係のスキルや知識が無駄になることはありません。

幅広い知識を身に付けよう

クラウド化によってインフラエンジニアが対応すべき領域が広くなる場面が今後出てくる可能性もあります。
従来の物理環境に関する知識だけでは対応できない場合もありますので、今後はクラウドに関する知識も積極的に学ぶのがおすすめです。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。