【大企業とベンチャー企業】2つの違いと求められる能力についてまとめました

【大企業とベンチャー企業】2つの違いと求められる能力についてまとめました
基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>
最新情報や関心のある情報を毎日お届け。  FEnetインフラメールマガジン    メルマガ登録はこちらから>>

なんとなく「大企業」や「ベンチャー企業」といった言葉を使っている人もいるかもしれませんが、はたしてこの2つはどう違うのでしょうか?
また、必要とされるスキルにはどのような違いがあるのでしょうか?本記事で紹介します。

大手とベンチャー企業の違い

まずは大手企業とベンチャー企業の違いをご紹介します。
なお、ここでは大手企業=大企業とします。

大企業

大企業とは、簡単に言えば「中小でない企業」のことです。
中小企業の基準は業種ごとに決められています。

  • 製造業:資本金3億円以下または従業者数300人以下
  • 卸売業:資本金1億円以下または従業者数100人以下
  • 小売業:資本金5千万円以下または従業者数50人以下
  • サービス業:資本金5千万円以下または従業者数100人以下

これよりも大規模な企業が大企業です。

ベンチャー企業

ベンチャー企業については明確な定義がありません。
一般的には以下3つの要素がある会社がベンチャー企業と呼ばれます。

  • 革新的なアイデアか新技術で、それまでにない新しいサービスを行っている
  • 中小規模
  • 成長過程にある

明確な定義がないためベンチャー企業を自称する会社もありますが、基本的に既存のサービスをダウンサイジングして行っている会社はスモールビジネスを行っている会社と呼んだ方が実態に近いです。
「革新性」がベンチャー企業のキーワードと捉えた方が良いでしょう。

大手とベンチャーでそれぞれ求められる能力

【大企業とベンチャー企業】2つの違いと求められる能力についてまとめましたのイメージ

次に、大手企業とベンチャー企業で求められる能力について紹介します。

大手に求められる能力

IT業界では大手企業を頂点として、ピラミッドのような形でプロジェクトを進めることが往々にしてあります。
大手企業には下請企業の進捗を適切に把握し、ステークホルダーとの各種調整を行う力量が求められるのです。
このため、大手企業に勤める人にはマネジメントスキルが必要です。

ベンチャーで求められる能力

ベンチャー企業はまだ従業員が少ないこともあり、エンジニアには仕事を早くこなすスキルと多様な業務に対応する能力が求められます。
そのため、1人で開発を行えるフルスタックエンジニアは特に重宝されます。

大手はマネジメントスキル、ベンチャーはフルスタック

同じIT業界のエンジニアでも、大手とベンチャーでは求められるスキルに違いがあります。
大手ではマネジメントスキル、ベンチャーではフルスタックが求められるのですが、裏を返せばそれらのスキルをそれぞれの会社で身につけられるとも言えます。
自分の目指すエンジニア像に合わせて会社を選ぶことは、今後のキャリアを考えるうえで重要になります。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。