エンジニアの転職を支援するFEnetインフラのテックブログ。ネットワークなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. FEnetインフラ
  2. FEnetテックマガジン
  3. エンジニア
  4. 【つい飲みすぎてしまうエンジニアへ】飲酒と健康について考えましょう

【つい飲みすぎてしまうエンジニアへ】飲酒と健康について考えましょう

  • エンジニア
  • 生活・便利
公開日時:   更新日時:
【つい飲みすぎてしまうエンジニアへ】飲酒と健康について考えましょう
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    エンジニアとして日々忙しく働いていると、家に帰ってからついお酒を飲みすぎてしまうこともあるのではないでしょうか。
    ここでは、飲酒が健康に与える影響と飲酒量を減らす方法について考えていきましょう。

    飲酒は健康に良い!?飲酒量と健康リスク

    世界保健機関の報告によると飲酒は60以上もの病気の原因となっており、代表例としては高血圧、脂質異常症、脳出血、乳がん、肝硬変、虚血性疾患、脳梗塞、2型糖尿病などが挙げられます。
    しかし、飲酒量とリスクの相関関係は病気によって異なります。

    高血圧・脂質異常症・脳出血・乳がんなどの病気においては、飲酒量とリスクは正比例の関係にあります。
    それに対し肝硬変は、飲酒量が少ない場合のリスクの上昇率は低いものの、ある一定の量に達するとリスクが一気に高まります。

    そして、特殊な関係性が見られるのが虚血性疾患や脳梗塞、2型糖尿病などです。
    これらの病気においては少しの飲酒をすることで罹患リスクが下がり、飲酒量が多くなりすぎるとリスクが上がっていきます。
    このことから、少量の飲酒は健康にプラスの影響を与えることもあるといえるでしょう。

    出典元:e-ヘルスネット

    FRAMES法で飲酒量を減らそう

    【つい飲みすぎてしまうエンジニアへ】飲酒と健康について考えましょうのイメージ

    適度な飲酒は一部の病気のリスクを減らしますが、飲酒量が多い場合にはやはり健康への悪影響が大きくなります。
    自分で飲酒量を減らす場合には、飲酒日数や飲酒量について具体的な目標を定めましょう。
    目標を達成できたかどうかを毎日記録することで、効果的な減酒ができます。

    また、自力での減酒が困難なようであれば専門家のカウンセリングを受けるのもいいでしょう。
    専門家が簡易介入する代表的な方法としては「FRAMES法」があり、それぞれのアルファベットはFeedback(現実の正確なフィードバック)、Responsibility(責任が本人にあることへの理解)、Advice(明確な助言)、Menu(飲酒量を減らす方法の紹介)、Empathy(本人への共感的態度)、Self-efficacy(飲酒行動の改善が可能であることへの理解)を表しています。
    精神保健福祉センターや保健所では減酒をサポートしてくれる専門家を探すことができるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

    出典元:e-ヘルスネット

    専門家に相談して効果的に減酒を

    お酒をほどほどに楽しむのであれば問題ありませんが、飲みすぎると健康に悪影響を与えてしまいます。
    飲酒量が多すぎるという自覚がある人は少しずつ量を減らすようにしましょう。
    自分で行うのが難しい場合には、専門家に相談することをおすすめします。

    ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

    FEnet経験者優遇! 最短10秒!

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job

    人気記事Popular Posts