【BIG-IPのエンジニア求人】仕事内容や求められるスキルとは

【BIG-IPのエンジニア求人】仕事内容や求められるスキルとはのアイキャッチイメージ

F5社独自のOSを基盤としたフルプロキシ、ロードバランサを提供するBIG-IPというプラットフォームをご存知ですか。

この記事では、そんなBIG-IPのエンジニア求人で求められるスキルや、その仕事内容についてまとめました。

ネットワークのロードバランサを提供するBIG-IP

BIG-IPとはプラットフォームの一種で、F5社独自のオペレーティングシステムであるTMOSを基盤としています。
このプラットフォーム上に構築されたソリューションはロードバランサとなるだけでなく、そのネットワークを通過するすべてのトラフィックに対しての暗号化をするフルプロキシでもあります。

F5社は他にもBIG-IPプラットフォーム上で連携して動作するアプリケーションデリバリーサービスのシステムを展開しています。

その製品は、トラフィック管理をするBIG-IP Local Traffic Manager、DNSを最適化するBIG-IP DNS、安全なユーザアクセスを統合するBIG-IP Access Policy Managerや、サイトのリンクを管理してイン/アウトバウンドを分散させるBIG-IP Link Controllerなど多岐に渡ります。

BIG-IPを使用するエンジニアに必要なスキル

BIG-IPに必要なスキル

ここでは、実際の求人情報をもとにして、BIG-IPを使用するエンジニアに必要と思われるスキルについて紹介していきます。

BIG-IPエンジニアの求人例1

まずは一つ目の例ですが、BIG-IP上でのネットワーク提案・設計・構築の案件では、ネットワークの運用経験、ネットワークスキル(CCNAレベル以上)、サーバ構築経験、コミュニケーション能力(顧客との打ち合わせなど)の4つが必須スキルとして示されています。

そのほかにも、推奨されるスキルとしてCCNAもしくはCCNP取得、ネットワーク構築業務経験、Cisco Catalyst、Nexus、BIG-IP、Bluecoatの知識などが挙げられています。

BIG-IPエンジニアの求人例2

2つ目の例として、開発環境ネットワークのセキュリティ強化の案件を見ていきます。

必須スキルはCisco製品、Juniper製品の使用経験のある方、インフラ設計、構築の景観のある方、と書いてあります。

しかしながら、業務内容の環境がCisco, Juniper, BIG-IPなどと書いてあることから、BIG-IPに関しては経験がなくても良い、という風に読めます。

BIG-IPを使用した業務内容

BIG-IPエンジニアの業務内容

最後に、BIG-IPを使用した業務内容について見ていきましょう。
ここでも、先ほどと同じように実際の求人情報にもとづいた業務内容を紹介します。

BIG-IPを使用した業務内容:求人例1

まずは、先ほどもご紹介したBIG-IPを使用したネットワーク提案・設計・構築に関しての求人案件の業務内容について見ていきます。

こちらの求人に書いてある業務内容は主に4つで、産業流通顧客に対するネットワーク提案、ネットワーク設計構築、顧客の要件抽出・調整、設計から構築作業が記載されています。
なお、他にもスキルや適性に応じた仕事があるそうです。

BIG-IPを使用した業務内容:求人例2

次も先ほどご紹介して開発環境ネットワークのセキュリティ強化の求人案件の業務内容について見ていきます。

こちらの求人にも4つの業務内容が書かれており、その内容はネットワーク構築、コンフィグ作成、試験資料作成、単体試験・結合試験が業務内容となっています。
求人例1とまったく異なる業務内容であることから、BIG-IPを使用する業務は、幅広くあることが分かります。

BIG-IPエンジニアは未経験可な求人が多い

BIG-IPエンジニアの実際の求人情報を基に、必須スキルや業務内容についてまとめました。
必須スキルにBIG-IPの経験が書かれていない求人が多いことから、BIG-IPエンジニアになるにはBIG-IP自体の経験はなくても構わないということが分かります。

中には高額案件も紹介されていますので、この機会にぜひBIG-IPエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

エンジニアの案件を探すならFEnetインフラ