【エンジニアの恋愛を応援!】エンジニアがデートで注意すべきあれこれ

【エンジニアの恋愛を応援!】エンジニアがデートで注意すべきあれこれのアイキャッチイメージ

ここではエンジニアの方の恋愛をバックアップするために、デートのときの会話における注意点を紹介していきます。
なお、デートの相手はエンジニア以外の仕事をしていると仮定します。ご了承ください。

専門用語を使わない

エンジニアの方は仕事をする上で数多くの専門用語と日常的に触れ合っています。
その中にはIT業界では常識であり、誰もが知っているような用語もあるかもしれません。
しかしデートの相手がエンジニアではない場合、会話の中でIT業界の専門用語を使ってしまうと意味が通じないことがあります。
自分がいつも使っている言葉でも、相手がいつも使って理解している言葉とは限らないことを意識して、デートのときに業界専門用語はできるだけ使わないようにした方がいいでしょう。

仕事の話をしすぎない

【エンジニアの恋愛を応援!】エンジニアがデートで注意すべきあれこれのイメージ
エンジニアの仕事の話はときに難しく、業界外の人にとっては理解できないこともあります。
ただでさえエンジニアという仕事は多種多様であり、多くの専門分野に分かれています。
一言で説明することが難しい場合もあるかもしれません。
しかし、正確に説明しようとすると難しい用語を使わなければならないかもしれないほか、話が長くなってしまうかもしれないです。
特に相手がエンジニアでない場合、エンジニアの仕事を完全には理解できない可能性もあります。
エンジニア同士であれば通じることでも、そうでない人にとっては難しいことがあります。
「どんな仕事をしているの?」と聞かれることはあるかもしれませんし、それについて説明する場面もあるかもしれませんが、説明に時間を割きすぎるのはおすすめできません。

話を詳細にしすぎないように注意

上記2つと関連する部分もありますが、話を詳しくしすぎると相手が飽きてしまうおそれがあるので注意しましょう。
エンジニアは仕事柄、物事を丁寧かつ正確に説明しなければならないこともある職種です。
仕事の上ではそういったことが求められるシーンが日常的にあるかもしれませんが、デートの場でそれをしてしまうと話が難しくなり、相手が内容を理解できない可能性もあります。
「そこまで深いことを聞きたいわけではないのに」「なんだか難しい話ばかりする人だ」と思われてしまう危険性がゼロではないので、適切なトークを心がけることをおすすめします。

難しい話はしないでデートを楽しもう

仕事柄難しい話をすることも多いエンジニアという職業ですが、デートの場で難しい話や仕事の話は深くしない方が無難です。
相手に合わせた会話を意識しておきましょう。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。