フルスタックエンジニアってどんな職業?エンジニアの種類と一緒に解説します

フルスタックエンジニアってどんな職業?エンジニアの種類と一緒に解説しますのアイキャッチイメージ

一口にエンジニアと言っても様々な種類があります。
ここではエンジニアの分類の一例を説明しつつ、併せて複数の得意分野を持つ「フルスタックエンジニア」についても解説します。

エンジニアの種類

エンジニアは「開発エンジニア」と「インフラエンジニア」の2つに大別できます。

開発エンジニア

システムやアプリケーションの開発を行うエンジニアが開発エンジニアです。
以下の4種類が該当します。

  • Webエンジニア
  • ゲームエンジニア
  • 制御・組み込みエンジニア
  • ブリッジSE

Web上で動くシステムを作るのがWebエンジニアで、ゲームの開発を行うのがゲームエンジニアです。
制御・組み込みエンジニアは車やエアコンに入るシステムやマイコンの開発を行います。
ブリッジSEは海外と開発を行うときに、仕様書等をその国の言語に翻訳するのが仕事です。

インフラエンジニア

システムを動かすための環境を構築するのがインフラエンジニアです。
以下の4種類があります。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • ヘルプデスク

サーバーエンジニアはサーバーの、ネットワークエンジニアはネットワークの環境を構築して運用します。
データベースエンジニアはデータベースのチューニングや加工を行うのが仕事です。
ヘルプデスクはユーザーからの問い合わせに対応する人のことで、問い合わせセンターの担当者がこれにあたります。

フルスタックエンジニアが求められる理由

フルスタックエンジニアってどんな職業?エンジニアの種類と一緒に解説しますのイメージ

フルスタックエンジニアとはマルチエンジニアとも呼ばれ、1人で開発のすべてを手掛けることができるエンジニアを指します。
「専門分野があって他の分野も多少わかる」という程度ではなく、複数の分野に精通している人がフルスタックエンジニアといわれます。

フルスタックエンジニアは1人で開発が可能です。
そのため、フルスタックエンジニアがいれば人件費の節約や開発期間の短縮ができるので、ベンチャー企業で求められることが多いです。

また、近年大企業でも増えてきた「まず最小限の機能を持ったものをリリースし、クライアントやユーザーの要望に合わせて完成させていく」といったスピードの必要な開発スタイルを行うときにも、フルスタックエンジニアは重宝されます。
企業の規模にかかわらず、フルスタックエンジニアの需要はあるのです。

エンジニアの種類を把握して自分の指針にしよう

どのエンジニアがどのような仕事をしているのかを把握すれば、自分のなりたいエンジニア像が見えてくるでしょう。
もしフルスタックエンジニアになりたい場合は勉強することが多くて大変ですが、需要はあるので頑張ってください。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。