Chromeリモートデスクトップの導入方法|使用するメリットと3つの注意点

Chromeリモートデスクトップの導入方法|使用するメリットと3つの注意点のアイキャッチイメージ

リモートデスクトップとは?


Chromeリモートデスクトップは「Google Chrome」の拡張機能の1つであり、これを利用することでスマホやタブレットから、離れた場所にあるパソコンでも遠隔操作することができます。
対応している機器は、以下のとおりです。

ホスト側対応機器:Windows、macOS、Linux
リモート側対応機器:Windows、macOS、Linux、iOS、Android

Chromeリモートデスクトップの利用は、様々な場面で役に立ちます。
例えば、パソコンに保存されているデータの内容を確認する必要が生じた場合に、パソコンのある場所まで移動せずにデータにアクセスすることができます。
また、勤務先のパソコンからのみアクセスできるサイトに自宅からアクセスしたい場合、遠隔で勤務先のパソコンを操作することができ、移動の手間を省くことができます。
さらに、複数のパソコンを操作しなければいけない場合にも便利だといえるでしょう。

私たちの生活に欠かせないパソコンですが、スマホやタブレットとは違い気軽に持ち歩けるわけではありません。
だからこそ、Chromeリモートデスクトップの機能は非常に重宝するのではないでしょうか。

Chromeリモートデスクトップの導入方法


Chromeリモートデスクトップを導入する際には、まずパソコンでリモートアクセスを設定しましょう。
パソコンでChromeを開き、アドレスバーに「http://remotedesktop.google.com/access」と入力し、「リモートアクセスの設定」でダウンロードボタンをクリックします。
その後は、画面に表示される手順に従ってChromeリモートデスクトップをダウンロード・インストールします。

なお、Chromeリモートデスクトップにアクセスを許可するために、パソコンのパスワードが求められる場合があります。
また、セキュリティ設定を変更しなければいけない場合もあることを覚えておきましょう。

Chromeリモートデスクトップのインストールが完了したら、次にパソコンへのリモートアクセスを許可するユーザーを設定します。
パソコンでChromeを開き、アドレスバーに「http://remotedesktop.google.com/support」と入力し、「サポートを受ける」をクリックします。
その後「コード作成」をクリックしそのコードを、アクセスを許可したいユーザーに送りましょう。
なお、アクセスコードは1回限り有効であり、パソコンを共有した際には30分ごとに共有を続行するか確認するメッセージが表示されます。

Chromeリモートデスクトップを削除する方法


Chromeリモートデスクトップの削除方法は、WindowsとMacで異なります。
Windowsの場合は、「コントロールパネル」から「プログラム」、「プログラムの追加と削除」の順で選択し、「Chromeリモートデスクトップ」アプリをクリックしましょう。
そこで「削除」を選ぶと、Chromeリモートデスクトップが削除されます。

Macの場合は、Chromeリモートデスクトップのアプリをアンインストールする必要があります。
まず、「Chromeリモートデスクトップホストのアンインストーラ」を検索しましょう。
アプリが見つかったらアンインストーラを起動し、「アンインストール」をクリックします。
これで、削除が完了します。

Chromeリモートデスクトップを使用するメリット


スマホやタブレットからPCを遠隔操作する方法は「Chromeリモートデスクトップ」以外にもたくさんありますが、ここでは「Chromeリモートデスクトップ」を導入するメリットについて紹介します。

以下2点に絞ってお伝えします。
1、無料で利用できる
2、簡単に導入できる

無料で利用できる

「Chromeリモートデスクトップ」は、Google Chromeの拡張機能です。Chromeリモートデスクトップは、本機能の導入、そして利用するのも一切費用がかからず無料で使用が可能です。

簡単に導入できる

前述の「Chromeリモートデスクトップの導入方法」にて、導入の仕方について記載した通り、ネットからGoogle Chromeに入り、そこからリモートデスクトップの設定をするだけの作業になります。
導入時にツールのインストールなどの手続きや設定はありませんので、簡単に導入可能です。

Chromeリモートデスクトップを使用するときの注意点3つ


「Chromeリモートデスクトップ」は費用がかからず導入しやすいため、取り入れる人や企業が増えていますが、導入するにあたり注意点があります。

本章では導入に伴う3つの注意点についてお伝えします。
1、セキュリティ対策が必要
2、トラブルが起きたときの対応が難しい
3、データ通信量が膨大になる可能性がある

1:セキュリティ対策が必要

Googleアカウントがあれば、誰でも簡単に導入し、利用開始できます。そのため、セキュリティーが脆弱な場合、不正アクセスやウイルス感染の危険性があります。

従って、ログインするパスワードは複雑なものに設定し、毎月更新するなどのルールを設けてセキュリティー対策しておくと安心です。

2:トラブルが起きたときの対応が難しい

在宅勤務などの開始に伴って導入した場合、自宅等から遠隔で操作することが多いため、リモートアクセスを設定したパソコンに不具合が生じた際は出社し、トラブル対応する必要があります。

3:データ通信量が膨大になる可能性がある

「Chromeリモートデスクトップ」はインターネットを経由して使用します。
そのため、リモート中はデータ通信が行われ、膨大な通信量になることが多いです。
使用する場合はWi-Fiに接続すると良いでしょう。

また、フォアグランドだけではなく、バックグラウンドの通信量もかかるので、事前にバックグラウンドデータを制御しておく(アプリ画面を表示していない時の接続をオフにする)と安心です。

Chromeリモートデスクトップの役立つ使い方3つ


「Chromeリモートデスクトップ」を使用する際に役立つ使い方を3つご紹介いたします。

1、ファイル転送
2、画面のサイズ調整
3、ディスプレイの表示

ファイル転送

Chromeリモートデスクトップの役立つ使い方1つにファイル転送があります。

ホストのパソコンで転送したいファイルをアップロードし、そのファイルをリモート環境のデバイスでダウンロードすることにより、簡単にファイルを転送することができます。

画面サイズの調整

Chromeリモートデスクトップの役立つ使い方に画面サイズの調整があります。

1つ目は「全画面表示」です。
「全画面表示」にすることで、1つの画面だけが映るので、ホストのパソコンを実際に操作しているような感覚で使用することができます。

2つ目は「ウィンドウに合わせる」です。
これは、画面全体が見える状態になるため、複数のプログラムを動かしたり、参照するときに便利です。

ディスプレイの表示

Chromeリモートデスクトップの役立つ使い方3つ目はディスプレイの表示です。
複数のディスプレイに接続している場合、表示させるディスプレイを選択することができ、片方もしくは両方表示可能です。

Chromeリモートデスクトップを導入しよう


Chromeリモートデスクトップを導入すると、いざという時に非常に便利です。
特に、普段から仕事でパソコンを使うエンジニアにとっては役に立つ場面も多いのではないでしょうか。
万が一の時のためにも、ぜひChromeリモートデスクトップを利用してみましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

Zoomでオンライン会議をする方法とは?活用したい機能6つを紹介... Zoomでオンライン会議をするために必要なもの Zoomは、ネットを通じてコミュニケーションを行うオンライン会議システムです。 Zoomを使用するためには、ネットにつながる端末としてパソコン、タブレット、スマートフォンなどが必要になります。 Zoom利用に必要な機材は、マイク、スピーカ...
リモートワークで使われている主なツール18選|選ぶときのポイントとは?... リモートワークで取り入れるべきツールとは? 最近では、リモートワークを取り入れる企業が増えてきました。 リモートワークを取り入れたことで生産性が上がった企業が多い一方で、様々な課題に悩まされている企業も多いのではないでしょうか。 リモートワークにおいてよく問題となるのが、コミュニケーション...
リモートワークで使えるプロジェクト管理ツール9選|メリットや選ぶポイントも... プロジェクト管理ツールとは プロジェクト管理ツールとは、プロジェクトの作業やスケジュールの管理するためのツールのことを指します。 業務の可視化やスケジュールの作成だけであればExcelだけでも十分ですが、プロジェクト管理ツールには他にも優れた点が多くあります。 まず、プロジェクト管理ツ...