エンジニアが知っておくべき5Gの電波と健康被害の関連について

エンジニアが知っておくべき5Gの電波と健康被害の関連についてのアイキャッチイメージ

いよいよ新しい通信方式である5Gサービスが始まろうとしています。
しかし、5Gの電波は健康被害があるのではないかと不安に思っている人も少なからずいるのではないでしょうか。
この記事では、エンジニアが知っておきたい5Gの電波と人体への影響について紹介します。

浴びると人体に悪影響を及ぼす電波

電磁波は周波数によって分類されます。330GHzまでが電波防護指針の対象周波数、3THzまでが電波法で定義されている「電波」となっています。

短波ラジオ、消防無線、携帯電話、GPS気象レーダーなどはすべて、電波防護指針の対象周波数及び電波の中に入っています。
この周波数帯のものは、「物質の電子を電離させることができない電磁波(非電波放射線)」と呼ばれています。
生体作用の熱作用はあるとされていますが、人体に悪影響を及ぼすとはいわれていません。

人体に悪影響を及ぼすとされているのは「電離作用」のある電波です。
電離作用があり物質の原子を電離させることのできる電磁波のことは「電離放射線」と呼ばれ、多量に浴びると遺伝子が損傷し、がんなどの原因になるとされています。
この電離放射線の周波数は携帯電話の3GHzよりはるかに高い3000THzからとされています。

身近にあるものだと紫外線やレントゲンなどがあります。そのため、携帯電話程度の周波数帯のものは人体に影響がないとされているのです。

5Gの電波は人体に悪影響ではない

電波と人体

総務省が発表によると、携帯電話端末から出る電波エネルギーの一部は、人体に吸収され熱になります。しかし定められた基準値を超えなければ人体に影響はないとされています。
この基準値には十分な安全率(50倍)が適用されているので、少し超えても直ちに人体に影響はないといわれています。

携帯電話のような人体のすぐそばで使う機器は、局所SARが2W/kgに定められています。
このSAR値は電話通信事業者のホームページで確認することが可能です。
電話通信事業者はこのSAR値を超えないように提供されているので、5Gの電波でも人体に影響はないと考えられています。

また、端末のSAR値に関係なく、通信が良好にできる状態であれば、電波は非常に弱いとされています。
さらに携帯電話基地局のアンテナは特定の方向に電波を発射しています。真下に電波を発射しているだけではないため、基地局に近いほど電波が強いわけではありません。

正しい知識を身に付けよう

5Gの電波は、人体に影響があるのではと考える人も多くいます。
しかし総務省が発表した結果によると、携帯電話端末程度の電波では人体に影響がないとされています。
局所SARも電気通信事業者によって管理されているため、気になる場合はホームページで確認して正しい知識を身に付けることが大切です。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

来る5G時代にインフラエンジニアが身に付けるべき技術とは【IoT】... 5Gが一般に普及する時代がすぐそこまできています。これからの5G時代にエンジニアが身に付けておくべき技術には何があるのでしょうか。 ここでは5Gの普及によって身近になるものや身に付けておきたい技術について紹介します。 5Gの普及でIoTがより身近になる 5Gの中でも生活に密着していると...
【エンジニア注目】サムスンの5G対応スマホGalaxy S20シリーズを解説... 新しい通信方式である5Gの運用開始が目の前に迫ってきています。 そんな中、2020年2月11日にサムスンは5G対応のスマホシリーズ「Galaxy S20」を発表しました。 本記事では「Galaxy S20」の特徴、従来のスマホとどこが違うのかについて紹介します。 Galaxy S20シリー...
富士通の5G基地局や無線装置とは?エンジニアが知っておくべき前提知識も紹介... 5G基地局とは? 基地局とはスマートフォンなどの携帯電話と更新を行う装置で、電波の送受信を行っています。つまり、5G基地局とは「5G(第5世代移動通信システム)」での通信を行うための基地局です。 5Gに対応したスマートフォンを利用するには、利用場所が5G基地局が設置されている対応エリアで...
VRエンジニアとはどういう職種?5G×VRで可能になることを解説... 5Gによって進むIoT化 IoT化が徐々に進んでいますが、5Gによりその傾向がさらに加速するとの見方が強いです。 IoTでは、パソコンやスマホだけでなくあらゆる電化製品をネットに接続できます。 電化製品同士でも接続可能になるので、多接続が可能になる5Gにより利用しやすい環境が整うでしょう。...
【5Gに注目しているエンジニアへ】2020年から本格的に始まる5Gの特徴2つを解説... 2020年から本格的に運用が始まるとされている、5Gに今注目が集まっています。 本記事ではエンジニアが知っておきたい5Gの特徴である、「ヘテロジニアス・ネットワーク」と「B2B2X」について紹介します。 5Gの特徴「ヘテロジニアス・ネットワーク」とは ヘテロジニアス・ネットワークとは「...