外資系ネットワークエンジニアの実情!必要なスキルや仕事内容を紹介

外資系ネットワークエンジニアの実情!必要なスキルや仕事内容を紹介のアイキャッチイメージ

ネットワークエンジニアとして外資系企業で働きたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
本記事では、外資系企業のネットワークエンジニアに求められるスキルや仕事内容の例などについてまとめました。
また外資系ネットワークエンジニアとして働くメリットについてもご紹介するので、転職を考えているという方はぜひ参考にしてください。

外資系ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアとして外資系企業で働くのであれば、まずはネットワークエンジニアとして高いスキルが必要です。
外資系企業では、世の中で広く使用されている製品をデザインしているレベルの高いエンジニアと一緒に働ける機会が多くあります。
外資系企業は実力主義の厳しい世界です。
最新技術も含めて貪欲に学んでいく必要があるといえるでしょう。

また、外資系企業で働くのであれば英語力も必須だといえます。
日本企業で働くエンジニアにとっても英語力は重要ですが、外資系企業においてはディベートができるくらいの英会話力が求められることが少なくありません。
とくにマネジメントポジションを目指すのであれば、流暢に英語を話せる必要があります。
英語技能試験に向けて勉強するだけではなく、実践的な英語力を身に付けるようにしましょう。

外資系ネットワークエンジニアになるには高いスキルが必要ですが、年齢よりもスキル重視の企業が多いため、スキルさえあれば転職は可能です。
日本企業で着実に経験を積み、外資系企業への転職を目指しましょう。

外資系ネットワークエンジニアの仕事内容

外資系ネットワークエンジニアの仕事内容

外資系企業でのネットワークエンジニアの仕事内容は多岐にわたります。
例えば、ハイブリッドクラウドやネットワーク、各種セキュリティソリューションなどの設計や実装です。
ITインフラの設計・構築プログラムを通じて経験を積むことで、キャリアアップを目指すことができます。

また、次世代IT実現に向けた戦略コンサルやロードマップ策定の仕事もあります。
コンサルティングサービスに興味がある人には最適な仕事だといえるでしょう。

この他にも、外資系企業でネットワークエンジニアが行う仕事は数多くあります。
自分の持っているスキルや経験、やりたいことなどを考慮しつつ応募する求人を選びましょう。

外資系ネットワークエンジニアとして働くメリット

外資系ネットワークエンジニアのメリット

外資系企業でネットワークエンジニアとして働くことには、多くのメリットがあります。
まず、外資系企業は日本企業に比べて給料が高い傾向にあります。
外資系企業で結果を残したことによって年収が大幅にアップしたという人もいるようです。

また、高いスキルを持つエンジニアの中で働けるのも外資系企業の魅力です。
身近にレベルの高いエンジニアがいると刺激になるため、仕事に対するモチベーションがあがりやすいでしょう。

そして、日本ではまだ普及していない最先端の製品やサービスに触れることができるのも大きなポイントです。
実力主義の外資系企業で働くのは大変な面もありますが、向上心の高いネットワークエンジニアにとっては非常によい環境でしょう。

スキルを磨いて外資系ネットワークエンジニアを目指そう

外資系企業のネットワークエンジニアは高いスキルを求められるため、ハードルが高く感じることもあるでしょう。
しかしその分、外資系ネットワークエンジニアとして働くことには多くのメリットがあります。
ぜひ求められるスキルを身に付けて、外資系ネットワークエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

ネットワークエンジニアの案件を探すならFEnetインフラ

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。