PPPoEとは?IPoEの5つの違いやIPv4・IPv6との組み合わせを知ろう

PPPoEとは?IPoEの5つの違いやIPv4・IPv6との組み合わせを知ろうのアイキャッチイメージ

PPPoEとは?

「PPPoE」とは、一言でいうならばインターネットの接続方式のひとつです。PPP (Point-to-Point Protocol)という通信方式を、一般家庭やオフィスなどで使えるようにしたのが、「PPPoE」です。

従来型の「PPPoE」

「PPPoE」は、電話回線でインターネットに接続していた技術を応用したものです。ADSLや光回線が普及し始めてからも、従来型の「PPPoE」でインターネットに接続していた家庭は多かったと思います。契約したプロバイダから割り当てられた、接続するために必要なIDとパスワードを入力すると、インターネットに接続できる仕組みになっています

次世代型の「IPoE」

従来型の「PPPoE」に対して、「IPoE」は次世代型ネットワークと直接接続してIP通信を行います。インターネット環境を提供している事業者のネットワークに直接接続できるので、速度も速く安定しています。「IPoE」は、ネイティブ方式とも呼ばれ、「PPPoE」のように、接続するためのIDやパスワードを入力する必要がありません。

PPPoEとIPoEの違いとは?5つを紹介

簡単にいってしまえば「PPPoE」は従来型、「IPoE」は次世代型の接続方式ということになります。それでは、この2つの接続方式はいったい何が違うのでしょうか。「PPPoE」と「IPoE」の違いを5つご紹介します。

PPPoEとIPoEの違い1:通信速度

「PPPoE」と「IPoE」では、通信速度に大きな違いがあります。「PPPoE」は電話回線でインターネットに接続していた技術を用いた通信方法ですから、新しい接続方式である「IPoE」には到底適いません。「PPPoE」の通信速度は200Mbpsですが、「IPoE」の通信速度は100Gbpsです。もちろんインターネットを使う環境で異なりますが、通常であれば「PPPoE」よりも「IPoE」のほうが通信速度は速くなります。

PPPoEとIPoEの違い2:設定方法

「PPPoE接続」と比べると「IPoE接続」のほうが、設定が簡単です。「PPPoE接続」をするには、ルーターやアダプターなど専用の機器が必須で、さらにそれらの設定が必要です。ですが「IPoE接続」なら、「IPoE接続」に対応したルーターを使用するだけで、面倒な設定をしなくてもインターネットに接続することができます。

PPPoEとIPoEの違い3:接続可能なWebサイト

「PPPoE」と「IPoE」では、接続できるWebサイトにも違いがあります。「PPPoE」方式ではIPv4方式のWebサイト、「IPoE」方式ではIPv6方式のWebサイトのみに接続が可能です。ですが、「PPPoE」方式ではIPv6に対応した接続機器などを使用すれば、IPv6方式のWebサイトに接続することができます。

PPPoEとIPoEの違い4:安定性

「IPoE」は「PPPoE」よりもゆとりを持たせた設定になっているため、安定した通信を行うことができます。動画などの容量が重いサービスに対しても通信速度が安定しているので、高画質の映画などを観たい場合には、「IPoE」が向いているといえます。また、「IPoE」は通信が集中する時間帯でも、安定した通信速度を提供することができます。

PPPoEとIPoEの違い5:セキュリティ

「PPPoE」は、プロバイダからのIDやパスワードがなければインターネットに接続することはできませんが、「IPoE」ではIDやパスワードを必要としません。「IPoE」なら回線から契約情報の承認がとれるからです。IDやパスワードの入力を必要としないことで、IDやパスワードの漏洩を防ぐことができます。また、IDとパスワードを忘れてしまった、ということもなくなります。

IPv6やIPv4とは

「PPPoE接続方式」では「IPv6」のみ、「IPoE接続方式」では「IPv6」のみに対応したWebサイトにしか接続できないとお伝えしました。では「IPv6」と「IPv4」とは何なのでしょうか。IPとはインターネットプロトコルのことで、それぞれ「IPv4」は第4版「IPv6」は第6版という意味です。それでは、「IPv4」と「IPv6」それぞれの特徴や違いを見てみましょう。

IPv6とは?

「IPv4」だけではIPアドレスが不足する恐れがあり、登場したのが「IPv6」です。「IPv6」はIPアドレスを128ビットのデータとして識別し、IPアドレスを振り分けることができます。また、「IPv6」はIPアドレスを自動で振り分けてくれるので、面倒な設定をする必要がありません。私たちが普段使っているスマホは、この「IPv6」を使ってインターネットに接続しています。

IPv4とは?

「IPv4」とは、IP(インターネットプロトコル)の第4版です。1990年代後半から使われるようになり、現在も多く使われています。「IPv4」はIPアドレスを32ビットのデータとして識別し、約43億ものIPアドレスを振り分けることができます。ですが、急速なインターネットの普及により「IPv4」だけではIPアドレスが足りなくなる恐れが出てきました。そこで「IPv6」が登場したのです。

IPv4 over IPv6とは?

「IPv4 over IPv6」とは、「IPv4」と「IPv6」の両方のアドレスを使える、いいとこ取りの通信技術です。基本的には「IPv6」環境で通信を行いますが、必要な場合には「IPv4」アドレスも使うことができます。画期的なサービスですが、「IPv4 over IPv6」を利用するには、プロバイダが「IPv4 over IPv6」に対応していなければなりません。

インターネット回線はどれを選べばいい?

「PPPoE」や「IPoE」、さらに「IPv4」「IPv6」と聞くと、どのインターネット回線を選べばいいのか分からなくなってしまうのではないでしょうか。通信速度のみを見るならば、古いものより新しい接続方式である「IPoE」のほうが早いです。ですが、インターネットを使用する環境によっても通信速度は変わります。通信速度だけでなく、料金やサービスなども考慮してインターネット回線を選ぶことをおすすめします。

通信速度の早い組み合わせは?

「PPPoE接続」よりも「IPoE接続」のほうが通信速度は速いといわれると、それなら「IPoE接続」が良いだろうと思うのは当然です。ですが、単純に「IPoE接続」が良いともいえない理由もあるのです。では、通信速度の速い組み合わせとはどんな組み合わせなのでしょうか。IPアドレスのバージョンである「IPv4」と「IPv6」と接続方式の組み合わせなどから見ていきましょう。

IPv4とPPPoE

従来のIPアドレスである「IPv4」は、基本的には「PPPoE」にしか対応していません。インターネットとプロバイダを接続する際には、「網終端(もうしゅうたん)装置」というものが必要になります。「PPPoE」は速度が遅いといわれるのは、この「網終端装置」にあります。アクセスが集中する時間帯に、「網終端装置」が混雑することで回線速度が落ちてしまうのです。言い換えれば、常に速度が遅いというわけではありません。アクセスが集中する夜間などはあまりインターネットを使わないというのであれば、十分でしょう。

IPv6とIPoE

通信の速度だけを考えた場合は、「IPv6」と「IPoE」の組み合わせが最強です。ですがデメリットもあり、「IPv4」にしか対応していないWebサイトには接続できません。広く普及しているのは「IPv4」で、「IPv6」に対応していないWebサイトはまだ多くあります。「IPv6」と「IPoE」の組み合わせにした場合は、見られないWebサイトもあるということを頭に入れておかなければなりません。

PPPoEとIPoEを理解して自宅のインターネット環境を整えよう

「PPPoE」は従来の接続方式で、「IPoE」は次世代の接続方式です。「PPPoE」よりも「IPoE」のほうが回線速度も速く安定していますが「IPv6」にしか対応していないため、見られないWebサイトもあります。現在は「IPv4」が「IPv6」へ移行している段階にあり、まだ「IPv6」に対応していないWebサイトが多くあります。「PPPoE」が現在も使われているのはそのためです。「PPPoE」と「IPoE」の違いを理解して、インターネット環境を整えましょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。