Wirelessとは?メリット・デメリットやWi-Fiについても解説

Wirelessとは


Wireless(無線)とは、線(LANケーブル)を使わずに、電波や赤外線、可視光線などの電磁波を用いて行う通信・放送のことです。対義語は有線(Wired)。

Wirelessの詳しい仕組み


従来インターネットでは、ルーターとパソコンをLANケーブルで接続する有線接続が一般的でした。しかし有線接続の場合はPC台数に合わせてLANケーブルの本数も増やす必要があり、距離が遠くなるにつれて配線のわずらわしさが発生するなどのデメリットもあります。

Wirelessの場合、伝送方式には「電波伝送方式」や「赤外線(光)伝送方式」などの種類があります。赤外線伝送方式は障害物を透過しにくいという特徴がありますが、太陽光に触れる場所では使用することができません。

Wirelessのメリット

Wirelessの場合、有線接続と違ってルーターに繋ぐためのLANケーブルは必要ありません。そのため、配線のわずらわしさがなく、無線の電波が届く範囲であればどこでも接続することができます。また、有線接続のようにケーブルやHUBなどが故障することでインターネットに繋がらなくなるといったことがありません。

Wirelessのデメリット

Wirelessの場合、データ転送量が有線接続に比べて低く、大容量のデータ転送やダウンロードに時間がかかってしまう場合があります。また、きちんとしたセキュリティ対策をもって接続を実施しなければ、外部に情報が漏洩してしまう恐れもあります。

鉄筋構造の建物であったり、電波干渉を引き起こす機器があったりする場合には、期待する通信速度が出ないなどやや安定性に欠けるケースもあります。

Wirelessとコードレスとの違い


Wirelessとコードレスは同じような意味で使用されることがありますが、Wirelessは無線通信を意味し、コードレスはコードがないことを意味するという違いがあります。

また、言葉としての使われ方にも違いがあり、コードレスは充電機能を搭載しており電気コードが必要なくなったものに使用される傾向があります。

一方、Wirelessは無線接続機能によって通信用のコードが不要になったものに使用されます。

Wirelessとは?Wi-Fiについて


Wi-Fiとは「Wireless Fidelity」を略した言葉です。Wi-FiとWirelessは同じような意味で使用されていますが、厳密には異なるものです。

Wi-Fiも無線でネットワーク接続を行う技術のことですが、Wirelessの場合は電波だけでなく赤外線接続なども含まれることから、より広い範囲を指す言葉となっています。ここではWirelessとWi-Fiの違いについて詳しくご紹介していきます。

Wi-Fiの仕組み

Wi-Fiはスマートフォンやパソコンなどのネットワーク接続に対応しているデバイスを電波によって無線で接続し、インターネットに接続する技術です。そのため、Wi-Fiを利用することにより、電波が届く範囲であればHUBやLANなどを使用せずにインターネットを利用できるようになります。

Wi-Fiと無線LANは別物?

Wi-Fiと無線LANは混同されることが多いですが、前述のとおり、Wi-Fiと無線LANは別物です。無線LANの場合はルーターなどを使用してWirelessでデバイスをネットワークに接続する幅広い仕組みを指す言葉ですが、Wi-Fiの場合はルーターなどのデバイスが接続可能であることを意味する言葉です。そのため、Wi-Fiも無線LANやWirelessの一部だと言えます。

Wi-Fiのメリット・デメリット

Wi-Fiは電波が届く範囲であれば、場所を選ばずどこでもインターネットを利用することができます。また、スマートフォンでWi-Fiを利用すればデータ容量を節約することが可能になります。一方で、Wi-Fiは通信速度が遅くなったり途切れたりするケースがあるなどのデメリットもあります。

Bluetoothとの違い

Wi-Fiとは無線LANの規格の中でも「IEEE 802.11」という通信規格を使用した無線通信に対応したデバイスを指す言葉です。一方で、Bluetoothとは「IEEE 802.15.1」という通信規格を指す言葉で、50m~100m程度の無線通信が行えるWi-Fiと違い、主に10m程度の近距離無線通信を想定しています。

Wirelessとはなにか改めて知っておこう


Wirelessとは電波や赤外線などを使用して無線でインターネットを利用できるようにする仕組みです。近年ではWirelessのインターネット接続が主流となっています。

ぜひ本記事でご紹介したWirelessの概要やWirelessの仕組み、WirelessとWi-Fiの違いなどを参考に、Wirelessについて理解を深めてみてはいかがでしょうか。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

ネットワークエンジニアがリモート案件を探す前にするべきこと... これまで、ネットワークエンジニアは客先で業務をする働き方が一般的でした。 しかし、近年では多様な働き方が認められるようになっており、ネットワークエンジニアも案件の種類によってはリモート業務が可能です。 この記事では、ネットワークエンジニアのリモート案件を探す前に必要なことを紹介します。 ネット...
LB (ロードバランサ) ロードバランサとは? ロードバランサとは高い負荷を複数のサーバに分散させ、処理を低減させる装置です。 インターネットから各種サーバーにアクセスがあると、サーバーはその機器に搭載されているCPUやメモリーなどのリソースを使って指示を処理します。しかしアクセスが集中し処理数が激増すると、応答が極...
サーバー監視とは?おすすめのサーバー監視ツール17選を紹介!... サーバー監視とは? サーバー監視とは、サーバー(ソフトウェアがインストールされたコンピューター)の稼働状況を監視することです。トラブルが起きないよう正常な稼働を維持し、万が一トラブルが起きた時には管理者に通知します。 サーバーはサイトやシステムなどにアクセスして機能を使う際に必要となるも...
知らないと時代に乗り遅れるかも。エンジニアなら知っておきたい無線LANの「メッシュネットワーク技術」... ほとんどのオフィスで無線LANを使用しているでしょう。 広いオフィスだと中継機を使用するケースも多いですが、最近ではメッシュネットワークという方法を用いるケースも見られます。 では、無線LANのメッシュネットワークについてご紹介します。 メッシュネットワークとは メッシュネットワークとは、オ...
今主流のWi-FiセキュリティWPAとWPA2とは?おすすめの理由も紹介... Wi-Fiにも使われるWPAとWPA2 2019年現在、Wi-Fiのセキュリティで主に使われている仕組みはWPAとWPA2です。この2つのセキュリティは具体的にどう違うのでしょうか。 WPA WPAはWi-Fi Protected Accessと呼ばれている暗号化方式です。 WPAは開発...