【種類別】Webサーバソフトのメリット7つ|Webサーバとは?

【種類別】Webサーバソフトのメリット7つ|Webサーバとは?のアイキャッチイメージ

Web サーバとは何か

Webサーバとは、ネットワークを通じて他の端末にWebに関するサービスを提供するためのコンピュータのことです。

コンピュータを使用してWebサイトの閲覧などをする際に、サービスの提供を受けるコンピュータのことをクライアントといい、クライアントからサーバーにリクエストを送信します。

リクエストを受けたサーバは、サーバ上にあるWebのページなどのサービスを提供します。

サーバの種類

サーバはさまざまな用途で使用され、多くの種類が存在します。

例えば、自身のネットワーク宛に送られたメールの管理や、メールの送受信サービスなどを提供するメールサーバ、クライアントからのWebブラウザのリクエストに応じて、サービスを提供するWebサーバなどがあります。

ここでは、メールサーバとWebサーバの特徴について詳しく解説していきます。

メールサーバ

メールサーバとは、メールを送受信する際に使用するサーバのことです。

メールサーバは、メールを送信するSMTPサーバと、メールを受信するPOP3サーバから成り立っていて、IPアドレスを割り出すDNSサーバや、サーバ上でメールを管理するIMAPサーバなどと組み合わせて使用します。

作成したメールは、DNSサーバで送信先IPアドレスを取得して、SMTPサーバで送信し、POP3サーバを通して受信されます。

Webサーバ

Webサーバとは、ネットワークを通して他の端末にWebに関するサービスを提供するためのサーバのことです。

Webサーバは、大量の情報を保存していて、クライアントからのリクエストに応じてサービスを提供しています。

普通のパソコンでも、サーバ用のOSをインストールして、外部に提供するためのWebに関するサービスの情報を入れたりして、Webサーバとして稼働させられます。

【種類別】Webサーバソフトのメリット7つ

Webサーバを構築するためのソフトにはさまざまな種類のものがあり、種類ごとにさまざまな特徴やメリットがあります。

例えば、専用サーバ、共用サーバ、パブリッククラウド、VPS、Apache、GoogleWeb Server、IISなどの種類のサーバソフトがあります。

ここでは、Webサーバソフトのメリットについて、種類別に7つ紹介していきます。

Webサーバソフトのメリット1:専用サーバ

1つめの種類別Webサーバソフトのメリットは、専用サーバです。

専用サーバとは、サーバを貸し出すレンタルサーバの中でも、特定のユーザーがサーバ1台を専有できるようなサーバの種類です。

専用サーバは、個人でも団体でもサーバを専有できるので、他のユーザーの影響を受けずにサーバが本来持つ高いパフォーマンスを発揮でき、本格的なアプリケーション開発や大規模Webサイトの運営ができるようになります。

Webサーバソフトのメリット2:共用サーバ

2つめの種類別Webサーバソフトのメリットは、共用サーバです。

共用サーバとは、レンタルサーバの中でも、1台のサーバを複数のユーザーでシェアして使用するようなサーバの種類です。

共用サーバは、複数ユーザーでシェアをするので、OSのカスタマイズなどの高度な設定はできませんが、専用サーバよりも利用料金が安くてメンテナンスの必要がなく、初めてサーバを運用する人でも気軽に始められることでしょう。

Webサーバソフトのメリット3:パブリッククラウド

3つめの種類別Webサーバソフトのメリットは、パブリッククラウドです。

パブリッククラウドとは、クラウドサービスによって利用ができ、必要な時に必要なだけ利用できるようなサーバの種類です。

パブリッククラウドでは、OSなどのあらゆる環境をユーザー全体で共有するので、一定のパフォーマンスを保つサーバを安価で利用でき、システムのメンテナンスをしなくても利用できます。

Webサーバソフトのメリット4:VPS

4つめの種類別Webサーバソフトのメリットは、VPSです。

VPSとは、仮想専用サーバのことで、1台のサーバを複数のユーザーで共有しながら、仮想的に専用サーバと同じ性能で利用できるような種類のサーバです。

VPSは、専用サーバと共用サーバのメリットを兼ね備えていて、専用サーバと同じようなスペックを安価に利用でき、共用サーバよりも自由度が高く、さまざまな場面で使用できることでしょう。

Webサーバソフトのメリット5:Apache

5つめの種類別Webサーバソフトのメリットは、Apacheです。

Apacheとは、世界中で高いシェアを誇り、オープンソースで利用できるような種類のサーバソフトです。

Apacheは、パソコンに組み込んで使用できるサーバソフトで、オープンソースとして誰でも無料で利用でき、動作が軽快で安定しており、幅広いOSに対応しているので、気軽に利用できることでしょう。

Webサーバソフトのメリット6:GoogleWeb Server

6つめの種類別Webサーバソフトのメリットは、GoogleWeb Serverです。

GoogleWeb Serverとは、Googleが提供しているWebサーバで、一般に開放されていないので利用はできませんが、高いシェアを誇るWebサーバです。

Googleの提供するサービスとして、GoogleWeb Serverの代わりに、Web Server for Chromeによってサーバを立ち上げられます。

Webサーバソフトのメリット7:IIS

7つめの種類別Webサーバソフトのメリットは、IISです。

IISとは、Microsoftが提供する、無料で利用可能なサーバソフトです。

IISは、Windowsでも使用でき、視覚的に操作ができるので、コマンドを覚える必要がありません。また、開発環境や拡張機能が充実していて、日本語のマニュアルが充実しているので、セキュリティの設定などの操作も、簡単にできることでしょう。

Webサーバを選ぶコツ6つ

Webサーバにはさまざまな種類があり、自分に合ったWebサーバを選ぶためのコツには、さまざまなものがあります。

具体的には、用途に合ったものを選ぶ方法、評価を見る方法、容量で選ぶ方法、料金で選ぶ方法、運用の難しさで選ぶ方法、操作の自由さで選ぶ方法などのコツがあります。

ここでは、自分に合ったWebサーバを選ぶコツを、6つ紹介していきます。

Webサーバを選ぶコツ1:用途に合ったものを選ぶ

1つめのWebサーバを選ぶコツは、用途に合ったものを選ぶ方法です。

Webサーバを利用する目的として、個人でのブログ運営や企業や店舗のWebサイトの運用、ECサイトの運営やWebサービスの展開などがあり、それぞれの目的に合う種類のWebサーバを選ぶのが大切です。

例えば、個人でブログを運営する場合は、比較的安価で初心者でも簡単に利用できる共有サーバを利用する場面が多くあります。

Webサーバを選ぶコツ2:評価を見る

2つめのWebサーバを選ぶコツは、評価を見て選ぶ方法です。

レンタルサーバなどを利用する場合に、ユーザーの評価が高いサーバを選ぶことで、通信障害などのアクシデントが起こった時にサポートをしてくれるような、信頼のできる会社からサーバをレンタルできることでしょう。

また、ユーザからの評価が高いと、サーバを利用するユーザが多くなる傾向があり、Webサーバを選ぶうえで、1つの指標になることでしょう。

Webサーバを選ぶコツ3:容量で選ぶ

3つめのWebサーバを選ぶコツは、容量で選ぶ方法です。

小規模なWebサイトの作成や、大規模なWebサービスの作成など、使用する目的によって必要なサーバの種類と容量は違います。

ブログなどの小規模なWebサイトは、容量の小さなサーバでも運用は可能ですが、大規模で高機能なWebサービスなどの作成には、容量と機能が充実しているサーバを選ぶ必要があります。

Webサーバを選ぶコツ4:料金で選ぶ

4つめのWebサーバを選ぶコツは、料金で選ぶ方法です。

サーバを利用するためには、必要な機材やソフトに必要な初期費用に加えて、サーバの利用料金やドメインの取得費用などがかかります。

サーバの利用料金の支払い方法には、使用時間で支払う方法と月額で支払う方法があり、必要な容量や機能、支払い方法に応じた適切なプランを選ぶことで、経済的な負担を軽減できることでしょう。

Webサーバを選ぶコツ5:運用の難しさで選ぶ

5つめのWebサーバを選ぶコツは、運用の難しさで選ぶ方法です。

Webサーバを運用するためには、サーバの管理やメンテナンスなどの作業が必要です。特に、専用サーバでは、自由にサーバの拡張ができる反面、1からサーバを構築する必要があり、専門的な知識が必要です。

大規模な開発でなければ、共用サーバやVPSなどの種類のサーバを利用することで、簡単にサーバの操作ができることでしょう。

Webサーバを選ぶコツ6:操作の自由さで選ぶ

6つめのWebサーバを選ぶコツは、操作の自由さで選ぶ方法です。

Webサーバを操作してサーバの設定を変更したり、機能を追加したりすることは、サーバの運用において欠かせません。

共用のサーバは安価に利用できる反面、個別のユーザーの都合でサーバの変更などができないので、操作の自由度の高いサーバが必要な場合は、専用サーバやVPSなどの種類のサーバから選びます。

用途に合ったWebサーバを選ぼう

ここまで、サーバの種類や種類別のWebサーバソフトのメリット、Webサーバを選ぶためのコツなどについて紹介してきました。

Webサーバは、Webサービスを展開するために必要なツールで、種類ごとに違った特徴やメリットがあります。

Webサーバの利用を考えている方は、ぜひ用途に合ったWebサーバを選んでみてください。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。