サーバーエンジニアが職場で使うLinuxの紹介3【CentOS】

サーバーエンジニアが職場で使うLinuxの紹介3【CentOS】のアイキャッチイメージ

サーバーエンジニアがよく使うLinuxディストリビューションのひとつが「CentOS」です。
CentOSはLinuxの中でも使う機会が多く、実際に使ったことがあるエンジニアも多いのではないでしょうか。
この記事ではCentOS特徴や世界でのシェアについて紹介します。

無償の長期サポートが特徴のCentOS

CentOSはLinuxの種類のひとつで、Community ENTerprise Operating Systemの略称です。
企業用の中で最も有名なLinuxといわれているのが、「Red Hat Enterprise Linux(通称RHEL)」ですが、CentOSはこのRHELのクローンOSにあたります。
RHELの商標やライセンスに関わるものをすべてフリーなものに置き換え、作り直されました。
そのためRHELとの高い互換性が特徴です。

CentOSの特徴

CentOSの特徴として挙げられるのが、費用がかからないということです。
RHELは一般的に、1台で年間約10万円かかりますが、CentOSは費用がかかりません。それにも関わらず、長期間にわたる無償サポートがあるのも特徴です

基本的には無料で使えるソフトですが、さらに無償サポートもあることで安心して使えます。
デスクトップでもサーバーでも使えるので、サーバーエンジニアの業務に向いているOSといえます。

企業でも多く利用されていますが、RHELと違い商業的なサポートはないので注意が必要です。
業務運用に耐えるシステムを提供していますが、技術的な問題はすべてコミュニティか自己責任で解決しなくてはいけません。

また、クローンOSである以上、RHELの最新版がリリースされてからCentOSの最新版がリリースされるまでに遅延が生じます。
平均して1ヶ月ほどですが、サーバーとして運用する場合は気を付けましょう。

CentOSはLinuxの中でシェア3位

ランキング

W3Techsの調査によると、CentOS はLinuxの中でシェア3位を誇ります。(2020年2月時点)
Linuxディストリビューションに関する世界でのシェアは以下のようになっています。

1位:Ubuntu(39.1%)
2位:Debian(18.1%)
3位:CentOS(16.7%)
4位:Red Hat(1.9%)
5位:Gentoo(1.9%)

CentOSは2011年時点ではシェア1位となっていましたが、その後、DebianとUbuntuが登場したことにより、現在では3位となっています。
4位のRed Hatのシェアが1.9%であることから、いかに1~3位までのOSに人気が集中しているかが分かります。

世界中で使われているOSのひとつ

CentOSはLinuxの中でシェア3位を誇る人気のOSです。
基本的に無料で利用できること、無償の長期サポートがあることが人気のひとつといえるでしょう。
サーバー業務に向いていることから、サーバーエンジニアは職場で使うことも多いOSのひとつですので、覚えておくのがおすすめです。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

エンジニアが知っておきたいLinuxの文字列置換について。bashやsedの書式を解説... Linuxは、アプリケーション開発やサーバ構築、組み込みシステムの開発など、様々な用途で使用されています。 エンジニアの仕事にLinuxのスキルが求められることも多く、Linuxを学ぶことで仕事の幅が広がるといえるでしょう。 本記事では、エンジニアなら知っておきたいLinuxの文字列置換につ...
サーバーエンジニアのキャリアパスを解説。フリーランスとして働くキャリアもあり?... ここではキャリアパスについて悩んでいるサーバーエンジニアのために、キャリアを積み上げるときの心構えや考え方をお伝えしていきます。 会社員としてだけでなくフリーランスとしての生き方も紹介するので、ぜひご一読ください。 キャリアパスのゴールはどこか インフラは基本的になくなりません。従って、サ...
ラズベリーパイとは?ラズベリーパイでできること18選や利用する際の注意点... ラズベリーパイ(Raspberry Pi)とは ラズベリーパイは、イギリスのラズベリーパイ財団が開発している「シングルボードコンピュータ」です。 シングルボードコンピュータは一般的なPCとは違い、基盤やCPU、メモリがむき出しになっている小型のパソコンのことで、当初は子どもたちにプログラミン...
サーバーエンジニアが職場で使うLinuxディストリビューションの紹介2【Debian】... 前回はUbuntuに関して紹介をしましたが、サーバーエンジニアが使うLinux ディストリビューションの1つにDebian(デビアン)というものもあります。 ここではDebianについて簡単に紹介し、Linuxにおけるシェアも述べていきます。 DebianとはどんなOSか Debian...
【Linux初心者のエンジニア向け】おすすめの高機能エディタを紹介... エンジニアにとって欠かせないものの1つが「エディタ」です。 この記事ではLinux初心者のエンジニア向けに、高機能エディタを2つピックアップして紹介します。 「どのエディタを使えばいいのだろう」と悩んでいる人は参考にしてください。 vi系の高機能エディタ「Vim」 「Vim(ヴィムまたは...