サーバーエンジニアが職場で使うLinuxディストリビューションの紹介2【Debian】

サーバーエンジニアが職場で使うLinuxディストリビューションの紹介2【Debian】のアイキャッチイメージ

前回はUbuntuに関して紹介をしましたが、サーバーエンジニアが使うLinux ディストリビューションの1つにDebian(デビアン)というものもあります。
ここではDebianについて簡単に紹介し、Linuxにおけるシェアも述べていきます。

DebianとはどんなOSか

Debian は「Debian プロジェクト」という世界規模のコミュニティによって開発され、無償提供されているOS(オペレーティングシステム)です。
「Debianなんて使ったことがない」と言う方もいるかもしれませんが、日本では様々な分野で活用されており、知らない間に利用している可能性もあります。

例えば、以下のような分野でDebianが使われています。

  • 個人・公共機関・教育機関用のデスクトップ
  • スマートフォンOSの置き換え用
  • NASや組み込み機器のベンダーが使うベースシステム
  • セキュリティ会社のシステム検証用
  • インターネット企業のサーバー

サーバーエンジニアと関係が深いのは、最後の「インターネット企業のサーバー」かもしれません。

Debianの最新版について

Debian には「安定版」「テスト版」「不安定版」の3つがあります。

「安定版」は、厳しい品質検査を経たもので、公式が最も勧めているバージョンです。
バグが少なく、安定しているのが「安定版」のメリットです。しかし、更新はセキュリティや致命的不具合の修正がメインで、機能の追加は基本的に行われません。

「テスト版」は次のリリース候補とされているバージョンです。
「安定版」よりも新しいバージョンのソフトを使うことができ、「不安定版」よりも安定しています。
しかし、「安定版」のような厳しい検査をくぐり抜けていないため、不具合が起こる可能性があります。

「不安定版」は常に開発中のもので、日々変化しておりバージョンはありません。
安定性はないので、自己責任で使う必要があります。

それぞれの最新版は以下の通りです。(2020年1月25日現在)

  • 安定版:Debian GNU/Linux 10.2
  • テスト版:Debian GNU/Linux 11

DebianはLinuxの中でシェア2位

Debian

2020年1月1日時点で、Debianは19.4%のシェア率を誇っていました。同じ日におけるシェア1位はUbuntuの38.7%で、3位はCentOSの16.9%です。

1年前の2019年1月1日におけるDebianのシェア率は22.4%であり、対するUbuntuは38.1%でしたので、Debianは1年でシェアをやや落とし、Ubuntuは微増したことが分かります。
しかしシェア率が減っているとはいえ、およそ2割がDebianであることに違いはありません。
Debianに触れる機会があるサーバーエンジニアは、概要だけでも学んでおけば仕事に役立つ可能性があります。

Debianは多目的に使われているOS

Debianは安定性の面で評価が高く、Linuxディストリビューションのうち約2割のシェアを占めています。
Debianが使われている分野は幅広く、サーバーエンジニアが仕事で関わる可能性は大いにあります。
いざというときに慌てないよう、準備をしておくと良いかもしれません。

※出典元
DEBIAN JP Project「リリース情報」
https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu

DEBIAN JP Project「Debian とは何でしょうか?」
https://www.debian.or.jp/using/

W³Techs「Historical trends in the usage statistics of Linux subcategories for websites」
https://w3techs.com/technologies/history_details/os-linux

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

【Linux初心者のエンジニア向け】おすすめの高機能エディタを紹介... エンジニアにとって欠かせないものの1つが「エディタ」です。 この記事ではLinux初心者のエンジニア向けに、高機能エディタを2つピックアップして紹介します。 「どのエディタを使えばいいのだろう」と悩んでいる人は参考にしてください。 vi系の高機能エディタ「Vim」 「Vim(ヴィムまたは...
サーバーエンジニアが職場で使うLinuxの紹介5【Slackware】... Linuxには様々なディストリビューションがありますが、ここではLinux史上最古のディストリビューションとしてしられるSlackwareについて説明します。 独自の魅力があるディストリビューションなので、興味のある方はぜひ目を通してください。 カスタマイズ性に優れたSlackware S...
ネットワークエンジニアもLinuxスキルが必要。求人の内容をチェック!... 最近、クラウドコンピューティング技術が活用されていくなかで、消費電力が少なく小規模な機器でも軽快に動作するLinuxの重要性が増大しています。そのため、ネットワークエンジニアにもLinuxに関するスキルが必要になる場面が増えています。 本記事では、ネットワークエンジニア向けにLinuxのスキルが必...
エンジニアの福利厚生は何が一般的?満足度の調査結果から分かることまとめ... 一般的に就職・転職する際に、企業の福利厚生を気にする人も多いのではないでしょうか。 ここではエンジニアの一般的な福利厚生やその満足度について紹介します。 エンジニアの福利厚生は住宅や食事の手当が多い Tech総研の調査によると、「勤務先の福利厚生は充実しているか」という質問に対して「そう思...
Linuxでログを調査する方法|syslogや/var/log/についても解説... ログの調査とは サーバを利用する際には、ログの調査が必要不可欠です。 ログを調査することによって、利用状況や外部からの不正アクセスなどを把握することができます。 本記事では、Linuxでログを調査する方法についてまとめました。 仕事でLinuxを使用する際には、ぜひ参考にしてください...