ネプラスのテックブログ。ネットワーク、クラウド、サーバなどのITインフラ情報を中心に発信中。

  1. ネプラス インフラエンジニア採用
  2. テックマガジン
  3. サーバー
  4. UNIXとは?利用するメリット・デメリットやLinuxとの違いを解説

UNIXとは?利用するメリット・デメリットやLinuxとの違いを解説

  • サーバー
  • テクノロジー
公開日時:   更新日時:
UNIXとは?利用するメリット・デメリットやLinuxとの違いを解説
この記事でわかること
    基本情報技術者試験の試験対策はこちら>>

    Linuxエンジニア 案件・求人一覧はこちら
    Unixエンジニア 案件・求人一覧はこちら

    UNIXとは?


    UNIXとは、1969年にAT&T社ベル研究所で開発されたオペレーティングシステム(OS)です。

    UNIXは、キャラクターユーザーインターフェース(CUI)を基本としたOSであり、 1台のコンピューターで複数の作業をこなすマルチタスク、複数の人間が同時に操作することができるマルチユーザーという機能を備えています。

    UNIXの歴史


    UNIXとは1960年代に開発されたOSで、1980年代後半には、日本でもUNIXをOSとするワークステーションの開発と販売が行われました。1990年代になると、パーソナルコンピューターが高性能になり、ワークステーションとして活躍し始めます。

    UNIX搭載マシンは、ワークステーションとしてよりもサーバーとして用いられることが増え、処理能力の高さだけでなく、安定性や耐障害性、拡張性などが強化されたことで汎用機同等の役割も担うことになりました。

    UNIXを利用するメリット5選


    コンピューターを動かすOSには多くの種類がありますが、UNIXとは、どのようなメリットをもたらしてくれるのでしょう。ここでは、UNIXを利用することで得られるメリットを5つ紹介します。

    1:動作が安定している

    パソコンを使っていて、突然フリーズしてしまったり、アプリケーションやOSの再起動がかかったりした経験を持つ方も多いでしょう。

    UNIXとは安定したOSであり、予期せぬダウンに見舞われることがあまりありません。ネットワーク機能も優れているため、UNIXとは長期間稼働を予定しているコンピューターとして採用しやすいOSといえます。

    2:動作が軽い

    UNIXとはマルチユーザー・マルチタスクで稼働させることを前提に開発されているため、動作が軽く、アプリケーションを動かすために資源をあまり必要としません。

    そのため、CPUやメモリ、ハードディスクといった資源をあまり搭載していない低スペックのマシンでも、満足のいく動作を期待できます。

    3:カスタマイズしやすい

    UNIXとは、動作環境やコマンドなどを簡単にカスタマイズして使えるOSです。UNIXを利用するときは「シェル」と呼ばれる環境にログインします。この「シェル」はログインユーザーごとにカスタマイズが可能です。

    シェルにログインしたあとに利用する「コマンド」も、ログインユーザーごとに用意される環境設定ファイルに記述しておくことで、利用者に合った環境で利用できるようになります。

    4:セキュリティがしっかりしている

    UNIXとはOS開発当初からネットワーク利用が考慮されていたこともあり、セキュリティに優れたOSだとされています。UNIXを導入しただけでセキュリティが守られるわけではなく、UNIXにはセキュリティ対策可能な機能が備わっていると理解しておいた方がよいでしょう。

    UNIXでは、アクセスパスや権限管理として対策しておくことで、コンピューター内のファイルやディレクトリを守ることが可能です。

    5:コストが削減できる

    UNIXとはオープンソースのOSで、無料利用できるものもあります。LinuxやFreeBSD、NetBSDなどBSD系と呼ばれるOSは、フリーUNIXに分類され、狭義としては商用UNIXと異なりますが、UNIXの一種です。

    UNIXとは低スペックコンピューターでも充分動作できるOSなので、中古のパソコンをフリーUNIXで動作させればコスト削減につなげられます。

    UNIXを利用する際の注意点3選


    UNIXとは動作が軽く安定性があり、低スペックなコンピューターでも十分に動作するなど、メリットが目立ちますが、デメリットもあります。

    UNIXの導入を決定する前に、UNIXを利用する際に注意しておかなければならないことも把握しておきましょう。ここでは、UNIXを利用する際に注意したい3つの事項を紹介します。

    1:ソフトウェアがほとんど英語である

    UNIXとはオープンソースのOSなので多くの種類に派生していますが、画面に表示される言語はほぼ翻訳されておらず、英語表示のみです。

    コンピューター操作になじみのある技術者にとってはあまり問題になりませんが、トラブル発生時に表示されるトラブル内容や対処方法などもすべて英語表示になるという点は導入前に理解しておいた方がよいでしょう。

    2:コマンド入力が必須

    UNIXとは、操作を基本的に「コマンド」で行います。コマンドとは命令文字列をキーボードから入力するもので、多くの種類のコマンドがあります。どのような場合にどのコマンドを使うといった使い方は、利用者が習得して使い分けなくてはなりません。

    「コマンド」の利用には文法があり、文法誤りがあればエラーになります。コマンド内で指定するディレクトリ名やファイル名に入力誤りがあっても、コマンドの命令は無効になります。

    3:CUIを理解する必要がある

    Windowsを扱っていてGUI (Graphical User Interface)という用語を目にしたことがある人も多いと考えられますが、UNIXとはCUI(Character User Interface)を使うシステムです。

    GUIはユーザーが目で見て理解できるインターフェースですが、CUIは文字列を介するインターフェースです。UNIXやWindowsのDOSプロンプトなどは、CUIを習得する必要があります。

    UNIXとは何かを深く理解するために知っておくべきこと2つ


    UNIXとはコンピューターOSですが、まだWindowsに比べてよくわからないという方も多いでしょう。ここでは、UNIXに対する理解を深めるために役立つ知識を2つ紹介します。

    UNIXの概要がまだ理解できていないという方は、UNIXに対する知識を広げることで理解を深めていきましょう。

    Linuxとの違い

    UNIXとはオープンソースOSなので、誰もが手を加えて新たなUNIXを生み出すことができます。UNIXから派生して生まれたUNIX風のOSのひとつがLinuxです。系統としてフリーUNIXやUNIX系OSと呼ばれます。

    商用版のUNIXは有償ですが、Linuxは無償利用できることも多く、個人だけでなく企業内のシステムでも利用されています。LinuxはUNIXがベースなので、コマンドの多くが共通して使えます。

    コマンド

    UNIXにはWindowsのDOSコマンドと共通しているコマンドもあります。たとえば、「cd」コマンドは、DOSでもUNIXでもディレクトリ移動のときに使えます。ディレクトリを作成するmkdirやディレクトリを削除するrmdirも共通して使えます。

    移動に用いるコマンドはDOSではMoveですがUNIXではmvになります。ディレクトリ内のファイル一覧を表示させるとき、DOSではdirですがUNIXではlsコマンドを使います。

    UNIXとは何かを理解し使ってみよう!


    UNIXというOSの存在を知っていても、どのような特徴があって、どのようなシステムに向いているのかまで知っているという人は多くないでしょう。Linuxに関する知識と混同してしまっているという人も多いでしょう。

    UNIXを利用したり、システム選定の対象として検討したりする機会があれば、UNIXというOSに対する正しい知識を身につけ、理解を深めたうえで利用や検討を進めていきましょう。

    Linuxエンジニア 案件・求人一覧はこちら
    Unixエンジニア 案件・求人一覧はこちら

    FEnetを運営しているネプラス株式会社はサービス開始から10年以上
    『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、
    多くのインフラエンジニア・ネットワークエンジニアの就業を支援してきました。
    ネプラス株式会社ロゴ

    ネプラス株式会社はこんな会社です

    秋葉原オフィスにはネプラス株式会社をはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • インフラ業界に特化

      インフラ業界に特化

      ネットワーク・サーバー・データベース等、ITインフラ業界に特化。Cisco Systemsプレミアパートナーをはじめ各種ベンダーのパートナー企業です。

      業界を知り尽くしているからこそ大手の取引先企業、経験豊富なエンジニアに選ばれています。

    • 正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員なのにフリーランスのような働き方

      正社員の方でも希望を聞いたうえでプロジェクトをアサインさせていただいており、フリーランスのような働き方が可能。帰社日もありません。

      プロジェクト終了後もすぐに次の案件をご紹介させていただきますのでご安心ください。

    • 大手直取引の高額案件

      大手直取引の高額案件

      案件のほとんどが大手SIerやエンドユーザーからの直取引のためエンジニアの皆様へに高く還元できています。

      Ciscoをはじめ、Juniper、Azure、Linux、AWS等インフラに特化した常時300件以上の案件があります。

    • スキルアップ支援

      スキルアップ支援

      不要なコストを削減し、その分エンジニアの方へのスキルアップ支援(ネットワーク機器貸出、合格時の受験費用支給など)や給与で還元しています。

      受験費用例)CCNP,CCIE:6-20万円、JNCIS:3-4万円、AWS:1-3万円など

      ※業務に関連する一定の資格のみ。各種条件がありますので詳しくは担当者へにお尋ねください。

    • 現給与を保証します!

      100%現給与保証

      前職の給与保証しており、昨年度は100%の方が給与アップを実現。収入面の不安がある方でも安心して入社していただけます。

      ※適用にはインフラエンジニアの業務経験1年以上、等一定の条件がございます。

    • インセンティブ制度

      インセンティブ制度

      ネットワーク機器の販売・レンタル事業等、売上に貢献いただいた方にはインセンティブをお支払いしています。

      取引先企業とエンジニア側、双方にメリットがあり大変好評をいただいています。

    • 社会保険・福利厚生

      社会保険・福利厚生

      社員の方は、社会保険を完備。健康保険は業界内で最も評価の高い「関東ITソフトウェア健康保険組合」です。

      さらに様々なサービスをお得に利用できるベネフィットステーションにも加入いただきます。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      ネプラスは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    ネプラス株式会社に興味を持った方へ

    ネプラス株式会社では、インフラエンジニアを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    オンライン面接も随時受付中。ぜひお気軽にご応募ください。

    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓
    ネプラス株式会社へのご応募はこちら↓

    新着案件New Job