手軽にサーバー上のファイルを編集できる「viエディタ」の基礎知識【Linux】

手軽にサーバー上のファイルを編集できる「viエディタ」の基礎知識【Linux】のアイキャッチイメージ

ここではLinuxを扱うときに便利な「viエディタ」について紹介していきます。
UNIX環境で人気があるテキストエディタですが、一体どのような特徴があるのでしょうか?
Linuxを扱うのであれば基礎の基礎ともいえる知識なので、ぜひ覚えていってください。

viエディタとは

vi エディタとは UNIX の標準的なテキストエディタです。
「Visual editor」または「Visual Interface」が名前の由来とされています。
Windowsにはない操作があるので最初は扱いにくいですが、サーバー上のファイルを少しだけ編集するような場合はviエディタを使うと便利です。
ほとんどのLinux 環境にvi エディタがインストールされているため、基本操作をマスターすれば大抵の Linux 環境で使うことができます。
比較的新しいUNIX系OSに搭載されているviエディタは、vimやnviなどviの上位互換であることが多いですが、viコマンドでvimやnviが起動するので、viの扱いに慣れていれば問題なく使えます。
viエディタには「モードを選択する」という操作があり、これがWindows環境との大きな違いです。
「コマンドモード」と「入力モード」の2つがあるので、それぞれの違いを簡単に紹介します。

コマンドモード

・起動直後のモード
・各種コマンドを入力して、文字列のコピーや削除、ファイルの保存などを行う
・「i」キーで入力モードに移行

入力モード

・入力したキーがそのまま入力されるモード
・文字の入力ができる
・「 Esc」キーでコマンドモードに移行

viエディタの起動方法

viエディタを起動するには、コンソール上に「vi 起動したいファイル名」と入力します。
例えばsample.txtというファイルを開きたい場合、以下のように記述します。

# vi sample.txt

もしカレントディレクトリにsample.txtというファイルがあればそれを開きますし、ない場合はsample.txtというファイルを新しく作成します。
viエディタではマウスを使わずキーボードだけで操作するため、一見操作しづらいように思えますが、慣れれば画面に集中しやすいというメリットがあります。

使いこなすと便利なviエディタ

viエディタにはほかにも「命令を覚える必要がある」「カーソルキーを使わない」などの特徴がありますが、これらも慣れればむしろ快適になる要素です。
始めはとっつきにくいかもしれませんが、エンジニアであればviエディタの扱いに慣れておくことをおすすめします。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

Linux環境なら覚えておきたい「viエディタ」の基本コマンド... viエディタを使うときには、ある程度のコマンドを覚えておく必要があります。 ここではviエディタを使うための基本的なコマンドをいくつか紹介します。 最低限ここにあるコマンドは覚えておくことをおすすめします。 viエディタの基本コマンド一覧 「カーソル移動」や「検索」など、ある...
インフラエンジニアの宗教戦争の原因!シェルの種類「CLI」と「GUI」の特徴とメリット... インデントは4タブ派か8タブ派か、エディタはvi派かEmacs派など、プログラマ同士の派閥争いは時としてジョーク交じりに「宗教戦争」とも呼ばれます。 ここではそのうちの1つかもしれない「CLI」と「GUI」について、それぞれの違いやメリットを紹介していきます。 CLIの特徴やメリット ...