【データ使用量】データトラフィックの爆発的な増大と対策技術について

【データ使用量】データトラフィックの爆発的な増大と対策技術についてのアイキャッチイメージ

スマートフォンの普及などから、ここ数年でデータトラフィックが著しく増加しています。
そして今後もデータトラフィックの増加は続くものとの見方が強いです。
ではいったいどの程度増加しているのか、またどんな対策が講じられているのか見ていきましょう。

データトラフィックは爆発的に増大している

国内のデータトラフィックは2004年から2013年までは一貫して微増していましたが、2013年から2014年にかけて急増しました。

平成29年度の総務省の情報通信白書によると、ブロードバンドの国内の総ダウンロードトラフィックは、2004年11月は257Gbpsでした。
これに対して、2012年11月は1,905Gbps、2013年11月は2,584Gbps、2014年11月には3,552Gbpsまで上がっています。
そして2016年11月には8,254Gbpsにまでに達し、4年間で約4.3倍になりました。

総アップロードトラフィックに関しても、似た傾向が見られます。
ただし2013年から2014年にかけての時期で比較すると、総ダウンロードトラフィックほど急激な増え方ではありません。
2004年11月は224Gbps。そこから2012年11月には666Gbpsまで増えていますが、2013年11月は834Gbps、2014年11月は930Gbpsです。

移動通信体においては、さらに強い増加傾向が見られます。
総ダウンロードトラフィックは2010年6月の時点で57Gbpsでした。しかし、2012年6月には247Gbps、2016年6月には1,228Gbpsにまで上がっています。
4年間で約5倍にまで伸びているのです。

ブロードバンドデータトラフィック(Gbps)
総アップロードトラフィック 総ダウンロードトラフィック
2004年 224 257
2012年 666 1,905
2013年 834 2,584
2014年 930 3,552
2015年 1,051 5,423
2016年 1,464 8,254

移動通信体のデータトラフィック(Gbps)
総アップロードトラフィック 総ダウンロードトラフィック
2010年 6 57
2012年 27 247
2016年 197 1,228

効率的なデータ処理の研究

【データ使用量】データトラフィックの爆発的な増大と対策技術についてのイメージ

データトラフィックが増加してく中で、効率的なデータ処理が求められています。
その方法の1つとして研究されているのがデータの集中化と分散化です。
データの集中化は端末で取得したデータをクラウドに送信し、クラウド上で処理を行う仕組みです。

データの分散化は端末で取得したデータを、クラウド・ネットワーク・端末それぞれで分散して処理することでクラウド上にデータが集中することを防ぐ技術です。
分散処理をすることでデータ移動を効率化できるため、IoT時代のトラフィック増加を見据えた技術であるといえます。

データトラフィックの増加に伴い効率的なデータ処理が急務

スマートフォンの普及やコンテンツの高品質化により、データトラフィックが爆発的に増加しました。
今後もこの傾向が続くとの見方が強いです。
データトラフィックのさらなる増加に備えるため、データの集中化や分散化による効率的なデータ処理の方法が模索されています。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。