新たな仮想化ネットワークの形SD-WANとは何か。SD-WANのメリットもご紹介

新たな仮想化ネットワークの形SD-WANとは何か。SD-WANのメリットもご紹介のアイキャッチイメージ

これからのビジネスに欠かせないSD-WAN。
新しい仮想化ネットワークの形といわれているSD-WANですが、従来のSDNとの違いはどこにあるのでしょうか。

SD-WANとは?SDNとの違いについて

SD-WANとはSoftware Defined WANの略称です。
直訳は「ソフトウェアで制御されたWAN」となり、ハードウェアで構成されたネットワーク上に別のネットワークを構築しソフトウェアで統括する技術です。

従来の企業ネットワークでは、それぞれ個別にCPEの設定を実施する必要がありました。
そのため現地での作業が必要だったり、調整が必要だったりなど管理が煩雑になりがちでした。
SD-WANは拠点展開と管理が簡単になることで、セキュリティ対策の強化にもつながるのです。

SDNとの違い

SDNは物理ネットワーク上の仮想ネットワークの管理や、運用の柔軟性を高めるための技術です。
SDNはソフトウェアベースでネットワークを制御するため、複雑なプログラミング作業がなくても設定を変更でき、企業LANを中心に広がりを見せています。

このメリットをWANの領域にも適用できるのがSD-WANです。
従来の通信網のメリットを生かしつつもより柔軟にネットワーク運用ができ、さらに低コストで実現できるとされています。

SD-WANのメリット

新たな仮想化ネットワークの形SD-WANとは何か。SD-WANのメリットもご紹介のイメージ

これまでの企業内ネットワークは、企業起点ごとにネットワーク設定をする必要がありました。
そのため、拠点間でデータを共有するにはセキュリティが担保されないインターネットと担保された専用回線を利用して通信を行っていました。
これには重要度に合わせた適切なネットワーク選択や、データ量などに合わせた帯域変更が必要なためIT管理者の業務が膨大になりがちです。
また、維持コストも膨大になっていました。

独自のコントローラーを用いるSD-WAN

SD-WANは独自のコントローラーのため、ソフトウェア上で様々な設定ができ、国内外を問わずネットワーク環境や端末を一元管理することができます。
IT管理者の負担軽減はもちろんのこと、拠点間接続の際に柔軟な構築や変更ができるようになります。

さらにSD-WANのハイブリッドWAN機能を使うことで、拠点間同士のセキュアな通信が可能です。
重要度の高いアプリケーションはプライベートWAN。クラウドサービスへのアクセスはインターネットなど、柔軟にネットワークの切り替えができるのが、SD-WANのメリットです。

業務の迅速化や多様化に対応できるSD-WAN

SD-WANを導入することで、より柔軟なネットワークの切り替えが可能になります。
また適切なコストで運用できるようになり、ビジネスの円滑化も図れます。
SD-WANはシステム面でもコスト面でも企業側にとって大きなメリットのあるツールといえるのではないでしょうか。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。