サーバーエンジニアが職場で使うLinuxの紹介5【Slackware】

サーバーエンジニアが職場で使うLinuxの紹介5【Slackware】のアイキャッチイメージ

Linuxには様々なディストリビューションがありますが、ここではLinux史上最古のディストリビューションとしてしられるSlackwareについて説明します。
独自の魅力があるディストリビューションなので、興味のある方はぜひ目を通してください。

カスタマイズ性に優れたSlackware

Slackwareは1992年から提供されている、歴史の長いディストリビューションです。
多くのアプリケーションに対応しているなどの特徴がありますが、最大の特徴は「シンプルさ」です。
パッケージの内容からしてシンプルで、インストール時に実行するスクリプト、ソースコード、解説ファイルしかありません。
パッケージ管理システムがないため、初心者が使いこなすのは難しいでしょう。
しかしSlackwareを使っているだけで「スクリプトを読む」「パッケージを1から作成する」「プレーンなカーネルを自力でコンパイルする」などのスキルが身につきます。
また、シンプルであるが故にカスタマイズ性は非常に高く、熟練すれば自分の好きな環境を構築することができます。
後述する特徴も相まって、サーバーエンジニアが使う利点が多いディストリビューションです。
一時期よりも多少ユーザーフレンドリーになっているので、過去に挫折してしまった人も再挑戦してみてはいかがでしょうか。

Slackwareはサーバー用に向いている

linux

Slackwareには以下の特徴があり、サーバー用に使うメリットがあります。

安定性や信頼性が高い

Slackwareは20年にわたって「最も堅牢なディストリビューション」という評判を勝ち取っています。
Slackwareはリリース前に入念なチェックが行われ、万全だと判断されて初めてリリースが行われます。
そのためセキュリティホールや不具合が少ないのが大きな特徴です。
安定性はサーバーを扱う上で非常に重要度が高いため、この点だけでも検討するに値するでしょう。

立地の良さ

多くのレンタルオフィスは駅の近くなどに存在します。
通うのに便利ですし、お客様に足を運んでいただくときも便利です。

サーバーOSとしての適性がある

上記の安定性や信頼性の高さに加えて、Slackwareは「規格の準拠」に注力しているという特徴があります。
例えば標準的なサーバー(Samba、Apache等)であれば、ドキュメント通りに動きます。
問題が発生する可能性が少ないので、サーバー用のOSにピッタリです。

難しいが利点の多いSlackware

Slackwareは使いこなすだけでスキルアップを図れますし、カスタマイズ性や安定性、信頼性の高さからサーバーに使うにはメリットの1つです。
本腰を入れて勉強してみると、サーバーエンジニアとしてのキャリアが広がるでしょう。

インフラエンジニア専門の転職サイト「FEnetインフラ」

FEnetインフラはサービス開始から10年以上『エンジニアの生涯価値の向上』をミッションに掲げ、多くのエンジニアの就業を支援してきました。

転職をお考えの方は気軽にご登録・ご相談ください。

合わせて読みたい

Linuxで何ができる?インフラエンジニアが仕事で使うLinuxの用途... Linuxは、多くのインフラエンジニアが利用しているOSです。 これからLinuxを学びたいと考えているインフラエンジニアの方も多いのではないでしょうか。 ここでは、Linuxのスキルが重要な理由やLinuxの用途、Linux案件の特徴などについてご紹介します。 Linuxを使えるインフラエン...
サーバーエンジニアが意識すべきLinuxのセキュリティ【ウイルス対策】... サーバーエンジニアにとってウイルス対策は必要なものですが、「Linuxだから大丈夫」と対策を疎かにしてしまう人もいるかもしれません。 はたしてLinuxはウイルスに感染しないのでしょうか。 そして、Linuxのウイルス対策にはどのような方法があるのでしょうか。 Linuxに感染するウイルス...
【Linuxの学習方法】エンジニアが独学でLinuxを身に付けるには?... 最近では多くの企業でLinuxが採用されており、Linuxに精通していると転職やキャリア形成の際に非常に役立つでしょう。 これからLinuxの勉強を始めようと考えているエンジニアの方は多いのではないでしょうか。 ここでは、勉強に役立つ学習サイトや入門書についてまとめました。また、取得したい資格に...
【Linux初心者のエンジニア向け】おすすめの高機能エディタを紹介... エンジニアにとって欠かせないものの1つが「エディタ」です。 この記事ではLinux初心者のエンジニア向けに、高機能エディタを2つピックアップして紹介します。 「どのエディタを使えばいいのだろう」と悩んでいる人は参考にしてください。 vi系の高機能エディタ「Vim」 「Vim(ヴィムまたは...
Linuxを使ったインフラエンジニアにおすすめの資格13選|勉強方法も紹介... Linuxはインフラエンジニアの主力 Linuxは1991年に開発されたOSです。OSS(オープンソースソフトウェア)であるため、ソースコードが公開されており、誰でも無料で自由に使うことができます。そのため、これまでIT業界においてサーバを中心に、様々な場面で利用されてきました。 インフラエ...