クラウド時代に必要なセキュリティサービス「IDaaS」とは?メリットや機能をご紹介

クラウド時代に必要なセキュリティサービス「IDaaS」とは?メリットや機能をご紹介のアイキャッチイメージ

クラウドサービスが当たり前になってきた現代。
気になるのは作業の効率化とセキュリティ面の強化です。
そこで今回はセキュリティサービスのひとつ「IDaaS」について紹介します。

クラウドのセキュリティサービスIDaaSとは?

IDaaSとは、クラウドでID管理を行えるようにしたサービスのことです。
これまで認証基盤はADやLDAP Serverなどをベースにしていました。
IDaaSはこれらの基盤を備えつつ、さらにSSOや多要素認証、統合ID管理などを合わせて提供しています。

IDaaSを導入することによるメリット

まずIDとアクセス管理の効率化を図れます。
新入社員のID追加や退職者のID無効化など、社員のID・パスワードの管理を単一のダッシュボードで操作することが可能になります。

またIDaaSはシングルサインオン機能(SSO)を含んでいるため、一括ログインで利用することが可能で、IDに関するマネジメントを一元的に実行できます。
スタッフ入退社時などでID管理の手間が減り、管理者の負担やセキュリティリスクなども低減できます。

さらにIDに付随するパスワードの増加が問題でしたが、IDaaSを導入すればIDaaSにログインするためのパスワードを覚えておくだけで済みます。
そのため、パスワードの使いまわしによるリスクを排除できるのもメリットです。

IDaaSが提供するサービス

クラウド時代に必要なセキュリティサービス「IDaaS」とは?メリットや機能をご紹介のイメージ

IDaaSにはセキュリティを高めるためのさまざまなサービスが搭載されています。

ID管理機能

社員の入退社時の情報や、配属変更時の情報変更を一元管理できます。
マスターシステム内の情報を変更することで、システムごとに情報を変更しなくても済みます。

シングルサインオン機能(SSO)

IDaaSにログインすれば、他のシステムへのログインが自動でできるサービスです。
システムごとにIDやパスワードを入れる手間を省くことができます。

アクセスコントロール機能

人や端末、場所ごとに制限をかけ、管理者が許可を出したユーザーのみがサービスを利用できるようにする仕組みです。多要素認証も行えます。

ログレポート機能

管理者がIDaaSの利用状況を把握できます。
社員のサービス利用状況やパスワードの変更履歴などを確認できます。
ログレポート機能では、IDaaSがしっかり運用されているかを把握可能です。

IDaaSによってもたらされるシステムの効率化

IDaaSを導入することでIDやパスワードの管理作業が簡単になり、管理者の負担を軽減できます。
また同じパスワードを使いまわさなくなるため、セキュリティも向上します。
このようにIDaaSは業務上の様々な面でメリットのあるサービスといえます。

ネットワーク・データベース・クラウド・サーバ案件多数! インフラエンジニアの転職なら「FEnet インフラ」