SourceTreeをインストールする9の手順|ツールと設定について

SourceTreeをインストールする9の手順|ツールと設定についてのアイキャッチイメージ

SourceTreeとは

「SourceTree」とは、Atlassian社が開発したバージョン管理システムに関するグラフィカル・ユーザ・インターフェース(GUI)です。

さらに「SourceTree」は、「Git」と「Mercurial」の両方に対応しており、基本的な操作を身に付ければ、同じ操作でそれらを簡単に使用することができます。

gitとは

「Git」とは、Linuxの開発チームが使用したことで世界に広まった分散型のバージョン管理システムです。「Git」の特徴として、ローカル環境にリポジトリーの完全な複製が作成されることが挙げられます。

ローカル環境にリポジトリーの複製が作成されることで、利便性が格段に高まりました。ローカル環境にはコードの変更履歴も保存されるので、オフライン環境でも作業を行うことができます。

SourceTreeをインストールする手順9ステップ

ここでは、「SourceTree」を使用したいと考える人のために、インストールの手順を紹介していきます。

「SourceTree」を利用できるようになるまで、大きく分けて9つのステップを具体的に解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

インストールする上での注意点は、アカウント作成が必要なことです。慣れている人にとっては簡単ですが、慣れていない人でも理解できるように基本部分から紹介していきます。

インストールする手順1:SourceTreeをダウンロードする

「SourceTree」をインストールするには、まず初めに「SourceTree」の公式サイトからインストーラーをダウンロードしましょう。

OSは、MacとWindowsのどちらにも対応しているので、自分が使用しているOSを確認して、それぞれのインストールボタンからソフトウェアをダウンロードして下さい。

この時、保存先をデスクトップにするなど、後から確認しても分かりやすい場所にしておくと良いでしょう。

インストールする手順2:SourceTreeをインストールする

インストーラーのダウンロードが完了したら、ダウンロードしたフォルダーに「SourceTreeSetup」で始まる最新のインストーラーが格納されているかを確認しましょう。確認できたら、インストーラーを起動します。

インストーラーを起動すると、セキュリティ警告が表示されるので、実行ボタンを押して進めます。その後、ライセンスへの同意を求められるので利用許諾契約書をクリックし、内容を読んで確認します。

インストールする手順3:Atlaasianアカウントを作成する

ライセンスへの同意後にインストールを行うためには、Atlassian社のアカウントを作成する必要があります。インストーラーで先に進むと、ログイン画面が表示されるので、「My Atlassianを開く」をクリックします。

続いてブラウザが立ち上がるので、メールアドレス、ユーザ名、パスワードなどの必要事項を入力し、先に進みます。その後、認証メールが届くので、確認することでアカウントの作成が完了します。

Bitbucketアカウントが必要

「SourceTree」 を利用するためには、別途「Bitbucketアカウント」が必要になります。

一度Atlassianアカウントを取得すると、SourceTreeの利用アカウントのみならず、クラウド製品であるBitbucketの管理アカウントなど、様々なシステムを利用できるようになります。

Bitbucketの設定画面はインストール中に表示されますが、インストール後に設定しても問題ありません。

インストールする手順4:My Atlassianにログインする

「SourceTree」を使うためには、Atlassianのアカウントへのログインが必要です。すでにAtlassianのアカウントを持っている人や、新規にアカウントの作成が済んだ人は、次にログインステップへ進みます。

ログイン画面が表示されたら、登録したメールアドレスを入力し次に進みます。次の画面でパスワードを入力してログインを完了させると、ひとまず「SourceTree」を使用することができるようになります。

インストールする手順5:GitHubにログインする

「SourceTree」を使うためには、「GitHub」へのログインも必要になってきます。設定は、ログイン後の画面で行えます。GitHubへのログインはサービスの連携によるものなので、簡単に行うことができます。

チュートリアルでは使用しないため、Bitbucketと同じくスキップすることができますが、このタイミングで済ませておくのが良いでしょう。

ここでスキップしても、設定は後から行うことができます。

インストールする手順6:リモートリポジトリーのチェックをする

ログイン後、利用するリポジトリーのチェックが確認されます。「リポジトリー」とは、管理するファイルを保存する場所のことです。

「SourceTree」ではリポジトリーにも種類があり、使用しているPCやHDDなどで管理するローカルリポジトリー、ネット上で管理するリモートリポジトリーの2つがあります。

ローカルリポジトリーを選択しても問題ありませんが、ここではリモートリポジトリーにチェックを入れておきましょう。

インストールする手順7:SSHキーの読み込み設定

リポジトリーのチェックが終わると、SSHキーの読み込み設定の有無を確認されます。ここで設定しておかなくても問題ありませんが、設定して損はないでしょう。

キーの設定自体は、「SourceTree」を起動後、「ツール」、「SSHキーの作成」、「Generate」の順に進んでいきます。表示された枠内でマウスを動かすとキーが作成されますので、コピーなどして分かりやすい場所にメモとして保存しておくと良いでしょう。

インストールする手順8:SourceTreeの更新有無を確認する

SSHキーの読み込み設定を済ませると、次に「SourceTree」の更新有無を確認する表示が出てきます。アップデート更新が表示されたら、「Yes」を選択してソフトウェアを最新に保ちましょう。

最新のアップデートをしていないと不具合やバグが解消されない為、更新しておくと良いでしょう。もちろん更新自体はいつでも行えますが、それほど時間もかからないので、このタイミングで行いましょう。

インストールする手順9:SourceTreeを起動する

My AtlassianやGitHubへのログイン、諸々の設定が終わり、無事にインストールが完了すると、最後に「Finish」ボタンのあるページが表示されます。

「Finish」ボタンをクリックすると、「SourceTree」が起動します。

ここまで、スキップしてしまった設定などがある場合は、起動後に設定を行うことができるので必要な場合に行いましょう。

SourceTreeでGitHubのリポジトリーをクローンする

GitHubのリポジトリーのクローンを行う方法には、SSHとHTTPSの2通りがあります。ここでは、比較的簡単なHTTPSの方法についてご紹介します。

まず、GitHubのプロジェクトページで、リポジトリーのURLを取得します。Windowsでは「新規/クローンを作成する」、macOSでは「新規リポジトリー」を選択後、「URLからクローン」というメニューを選択します。

そこに取得したURLを入力すればクローンが行えます。

Source Treeのツールと設定

インストール段階でGitやMercurialなどスキップした設定は、必要に応じてインストール後に設定しておきましょう。

例えば、Gitなどのツールとの連携をスキップした場合、内蔵のGitが使用されています。また、元々インストールが済んでいた場合は設定画面自体が表示されません。

Gitなどは、バージョン管理を行う上で必要になってくるので、起動前に設定しなかった場合は、起動後に設定が必要になってきます。

バージョン管理ツールのインストール

バージョン管理を行うためには、オープンソースソフトウェアのGitというシステムを導入する必要があります。バージョン管理を行えば、変更箇所についての詳細なログを作成することができるので、様々なトラブルを避けることができます。

Gitの特徴は、リモートリポジトリーだけでなくローカルリポジトリーでバージョン管理を行うことができるという点です。ログを作成すれば、前回バージョンの確認・変更の箇所の確認も行えます。

環境設定

「SourceTree」では、様々な環境設定が行えます。

例を挙げると、Gitのインストールや初期設定、Mercurialのインストール、SSH接続設定、SSH公開鍵と秘密鍵の作成、秘密鍵の登録、公開鍵の登録、リモートの設定などです。

起動前に済ませている場合は必要ありませんが、例えば利用する中で、リポジトリーをローカルからリモートへ変更したい際などは、環境設定から変更することができます。

SourceTreeをインストールしてGitを使おう!

ここまで、「SourceTree」のインストール方法について、9つの手順をご紹介してきました。

「SourceTree」は直感的なインターフェイスなので、インストールから使用まで、簡単に行えるように設計されています。ぜひ、この機会に「SourceTree」をインストールして、Gitをより快適に使いこなしてみましょう。