Javaエンジニア・プログラマ向けの技術情報・業界ニュースをお届けします。

  1. FEnetJava
  2. Javaコラム
  3. Java TIPS
  4. Javaでの複数戻り値について解説!配列やクラスなど複数の型を返却

Javaでの複数戻り値について解説!配列やクラスなど複数の型を返却

  • Java TIPS
  • Java入門
公開日時:   更新日時:
Javaでの複数戻り値について解説!配列やクラスなど複数の型を返却
この記事でわかること
    システム
    エンジニア
    Javaの複数戻り値はどのように行えばよいのでしょうか。
    プロジェクト
    マネージャー
    Javaでは戻り値を1つしか返却できませんが、様々の方法を用いることで複数の戻り値を返すことができます。方法はこれから説明していきます。

    Javaでの複数の戻り値について

    今回は、Javaにおける複数戻り値の返却方法について説明します。Javaの関数は、戻り値を1つしか返却できません。

    複数の戻り値を返却するには、いくつかの方法があります。Javaにおける複数戻り値の返却方法に興味のある方はぜひご覧ください。

    1つの戻り値を分解する

    戻り値を分解することで、複数の値を取り出せます。以下のサンプルコードは、”:”をデリミタとして複数の値を取り出しています。

    実行結果は以下のようになります。

    この場合、”:”を戻り値の一部としたい(デリミタとしたくない)場合の考慮が必要です。また、戻り値がString以外の型の場合も何かしらの考慮が必要で、あまりスマートではありません。

    配列で返却

    複数の戻り値が同じデータ型の場合、配列を返却することで複数の値を取り出せます。

    実際のソースコードを見てみましょう。

    実行結果は以下のようになります。

    このように、複数の戻り値が同じデータ型の場合、配列を返却することで複数の値を取り出せます。

    複数の戻り値が、異なるデータ型の場合でも、Objectクラスの配列を利用すればよいです。実際のソースコードを見てみましょう。

    実行結果は以下のようになります。

    このように、複数の戻り値が、異なるデータ型の場合でも、Objectクラスの配列を利用すれば、複数の値を取り出せます。

    List型で返却

    複数の戻り値が同じデータ型の場合、List型で返却することで複数の値を取り出せます。

    実際のソースコードを見てみましょう。

    実行結果は以下のようになります。

    このように、複数の戻り値が同じデータ型の場合、List型で返却することで複数の値を取り出せます。

    先ほど述べた配列の場合と同じように、複数の戻り値が異なるデータ型の場合でも、ObjectクラスのListを利用すればよいです。

    実際のソースコードを見てみましょう。

    実行結果は以下のようになります。

    このように、複数の戻り値が異なるデータ型の場合でも、ObjectクラスのListを利用すればよいです。

    Map型で返却

    JavaのMap型は2つの情報をキー(key)と値(value)のペアとして格納します。Objectクラスの値を格納したMapを返却することで、複数の値を取り出せます。

    もちろん、値の型が決まっている場合は、Object型でなくても構いません。

    実際のソースコードを見てみましょう。

    実行結果は以下のようになります。

    このように、Objectクラスの値を格納したMapを返却することで、複数の値を取り出せます。

    同じような型として、Java8以降で使用できるjavafs.util.Pair型もあります。

    クラスで返却

    Javaのクラスオブジェクトを返却し、そのオブジェクトのフィールドを呼び出すことで、複数の値を取り出せます。

    実際のソースコードを見てみましょう。

    実行結果は以下のようになります。

    このように、クラスオブジェクトを返却し、そのオブジェクトのフィールドを呼び出すことで、複数の値を取り出せます。

    システム
    エンジニア
    様々な方法を用いることで、複数の値を返すことができるのですね。
    プロジェクト
    マネージャー
    ぜひ自分でソースコードを書いてみてください。そうすると、理解も深まりますよ。

    Javaのソースコードの理解を深めよう

    Javaの関数で返却できる値は1つです。しかし、配列・List型・Map型・クラスオブジェクトを返却することで、複数の値を取り出せます。

    ぜひご自身でJavaのソースコードを書いて、理解を深めてください。

    FEnetJava・Javaコラムは株式会社オープンアップシステムが運営しています。
    株式会社オープンアップシステムロゴ

    株式会社オープンアップシステムはこんな会社です

    秋葉原オフィスには株式会社オープンアップシステムをはじめグループのIT企業が集結!
    数多くのエンジニアが集まります。

    秋葉原オフィスイメージ
    • スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで

      スマホアプリから業務系システムまで開発案件多数。システムエンジニア・プログラマーとしての多彩なキャリアパスがあります。

    • 充実した研修制度

      充実した研修制度

      毎年、IT技術のトレンドや社員の要望に合わせて、カリキュラムを刷新し展開しています。社内講師の丁寧なサポートを受けながら、自分のペースで学ぶことができます。

    • 資格取得を応援

      資格取得を応援

      スキルアップしたい社員を応援するために資格取得一時金制度を設けています。受験料(実費)と合わせて資格レベルに合わせた最大10万円の一時金も支給しています。

    • 東証プライム上場企業グループ

      東証プライム上場企業グループ

      オープンアップシステムは東証プライム上場「株式会社夢真ビーネックスグループ」のグループ企業です。

      安定した経営基盤とグループ間のスムーズな連携でコロナ禍でも安定した雇用を実現させています。

    株式会社オープンアップシステムに興味を持った方へ

    株式会社オープンアップシステムでは、開発系エンジニア・プログラマを募集しています。

    年収をアップしたい!スキルアップしたい!大手の上流案件にチャレンジしたい!
    まずは話だけでも聞いてみたい場合もOK。お気軽にご登録ください。

    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓
    株式会社オープンアップシステムへのご応募はこちら↓

    Java新着案件New Job