Salesforceエンジニアの求人・案件ならFEnet Salesforce

上場企業グループ会社の安定基盤で
コロナ禍においても増収増益を実現!

Salesforceエンジニアへの転職を検討しているなら必見

Salesforceエンジニアの将来性が高い6つの理由

エンジニアとしての将来性を考えて、転職も視野に入れている方へ、Salesforceエンジニアの仕事について解説しています。Salesforceエンジニアの将来性が高い理由、転職の際に身につけておきたいスキルなどの情報を、将来を考える際に役立ててください。

Salesforceエンジニアの将来性が高い6つの理由

目次

社会のIT化が加速し、エンジニアの需要は益々高まっています。一方でエンジニア間の収入格差、需要格差が気になっている方、将来性のある働き方やキャリアアップを模索している方、転職を視野に入れている方もいらっしゃるでしょう。

この記事ではSalesforceエンジニアの仕事についてご紹介します。Salesforceエンジニアの需要は上昇傾向にあり転職も増加していることから、これからも伸びていくことが予想されます。

Salesforceエンジニアについて知ることで、あなたの理想の将来像が見えてくるでしょう。

Salesforceエンジニアの将来性が高い6つの理由

Salesforceエンジニアの将来性が高い6つの理由

Salesforceとは、セールスフォース・ドットコム社が提供しているクラウド型のビジネス支援アプリケーションのことです。このソフトウェアに携わるエンジニアをSalesforceエンジニアと言います。

Salesforceを導入している企業は現在およそ15万社以上、世界有数のシェア率を誇ります。必要に合わせて機能をカスタマイズできるため、導入コストも抑えられて、使用する企業にとってメリットの高いシステムです。

それではSalesforceエンジニアの将来性について、具体的に説明していきます。

導入コストが低い

Salesforceにはビジネスを支援する様々な機能があります。顧客管理や営業管理、売上予測、マーケティング、社内コミュニケーションツールなど、様々なツールの中から、各企業が必要な機能を選択して導入できます。

選んだ機能に応じた従量課金制のため、企業は規模や業種を問わず、費用を抑えて導入することが可能です。

またクラウドプラットフォームであるForce.com上で提供されているサービスですので、導入時にハードウェアを購入する費用も発生しません。

最も安価なタイプでは、3,000円/月(税抜)のサブスクリプション(月額課金制)があります。無料お試し期間も設けており、手軽に試してみることも可能です。

世界各国で使用されている

Salesforceは世界各国で使用されています。世界各国で使用されているということは、知名度の高さがずば抜けているということです。

知名度が高い=知っている人が多いということは、使用している企業にとっては宣伝効果があります。これから導入する企業にとっても知名度は重要で、担当者は経営側に説明がしやすく、経営側にとっても納得する材料になります。

様々な業界で導入されている

Salesforceは、様々な業界で導入されています。つまり業界別の問題解決のためのノウハウを多く持っているということです。

業界にはその業界特有の問題点や効率化を図りにくい部分が存在します。その解決のノウハウを顧客に提供できること、そしてノウハウの提供によってさらに新しいノウハウを蓄積し、より高度なスキルとしてサービスに還元できる好循環が生まれています。

導入以外の受注も見込める

Salesforceは各企業に合う機能をカスタマイズできます。Salesforceエンジニアの仕事の1つは企業の要望を聞き取り、効率的で使いやすい機能をカスタマイズすることです。

企業の要望を聞き取り、企業内の事情を知ることで、Salesforce以外のシステム導入を勧めることも可能です。大きなシステムに限らず、ちょっとした困りごとの解決の提案でも、企業からの信頼度は上がります。

1つの仕事で得たノウハウは、別の仕事でも活かせます。機密漏洩になってはいけませんが、企業に共通した問題は存在しますから、それらを俯瞰できる外部のエンジニアは重宝されるでしょう。

企業の顧客満足度向上につながる

Salesforceの中心機能はCRMシステムです。CRMは、「Customer Relationship Management」の略で、日本語では「顧客関係管理」と言います。

Salesforceを導入した企業は、細かい顧客情報の管理や、営業支援システムによる商談管理が可能となります。それによって、個別の顧客に対する、より高度なサービスの提供につながるので、顧客満足度が向上します。

顧客満足度が向上すれば、さらなる売り上げアップにつながります。売り上げ増により企業の規模や戦略が進化すれば、Salesforceの項目追加も期待できます。

フリーランスの需要も高い

企業が必要とするSalesforceエンジニアの役割は、新システムの導入、あるいは新システムへの移行ですから、基本的にはその期間が中心の仕事になります。また導入後の保守や点検も必要になりますが、常時人材を置くことは、現在は少ないでしょう。

現時点では、Salesforceエンジニアはフリーランスの需要の方が高くなっています。IT業界でもSalesforceの重要度は上がっていますから、これからは企業からの需要も上がっていくと考えられます。

Salesforce開発や導入を多く出がけたエンジニアの需要はさらに高まっていくと予想され、将来性が期待されます。

Salesforceエンジニアの転職で身につけておきたいスキル

Salesforceエンジニアの将来性が高い6つの理由

Salesforceエンジニアに転職したいと思った場合に、必要になるスキルを解説します。Salesforceエンジニアの求人には、「Salesforceの開発経験」、「Apexでの開発経験」、の条件が見られます。

Salesforceの開発や関わった経験は必要ですが、最初は誰でも未経験です。未経験からスキルを身につけるには、後ほど説明するSalesforceエンジニア認定資格も選択肢の1つでしょう。

Apexの知識

Apexは、Salesforceのプラットフォーム(force.com)で使用されている独自の開発言語です。SalesforceエンジニアはApexという言語でブログラミングすることになるので、Apexのスキルが必要になります。

Apeの勉強には、後ほど紹介するSalesforceエンジニア認定資格、あるいはJavaの勉強をおすすめします。

最低限Javaなどは身につけておく

ApexはJavaがベースとなっており、Javaによく似ています。ベース言語であるJavaを学習しておくと、Apexの学習もスムーズに進む可能性があります。

またApex未経験者でもJavaの開発経験が豊富だと、Salesforceエンジニアの求人や案件に参加できる場合があります。

コミュニケーション能力

Salesforceエンジニアに転職すると、Salesforceの開発運用、導入支援、保守点検などが主な仕事になります。Salesforceシステムを実際に使用する顧客とのコミュニケーションにより、必要事項を共有しながら仕事を進めていくことになります。

顧客の要求事項を共有・反映できない場合、システムの開発やカスタマイズにも反映できないので、顧客の問題解決や売上向上にもつながらないことになります。

将来性のあるエンジニアになるには、聞く力と伝える能力が必要です。

Salesforceの開発経験があればなお良い

開発経験はなくてもSalesforceシステムを使用することは可能ですが、顧客要望に標準機能では答えられない場合、自分で開発することが求められます。

企業にとっては、自社の要望が実現されることが大事です。企業の要望は様々ですから、Salesforceエンジニアにも様々な要求があります。将来性を考えるとブログラム開発ができる方がより良いでしょう。

転職が有利になるSalesforceエンジニア資格はある?

Salesforceには独自認定されている資格があります。業務の担当別に、管理者はCRMコンサルタント、開発者はアーキテクト、マーケターはコンサルタントなどがあります。

基本資格と上位資格で構成されており、基本資格を取得後に、上位資格を受験できます。資格保有者は、各分野の即戦力であることを証明できます。

資格はグローバル資格で、世界共通です。世界のどこでも通用する将来性のある資格ですから転職にも有利でしょう。資格取得後は、定期的な学習による資格更新が必要になります。

Salesforceエンジニアは将来性あり!転職を検討してみよう!

Salesforceエンジニアの将来性が高い6つの理由

Salesforceエンジニアは将来性があり、今後需要はますます高まっていくことが予想されます。フリーランスだけでなく、大手企業の社員においても資格補修者が増加していますし、IT企業での需要も増えることが考えられます。

将来を見据え、需要度の高いエンジニアを目指して、Salesforceエンジニアへの転職を「FEnet」で検討してはいかがでしょう。