未経験エンジニアの求人・案件ならFEnet 未経験

上場企業グループ会社の安定基盤で
コロナ禍においても増収増益を実現!

未経験からエンジニアへの転職は難しい?

未経験からの転職を成功させるコツとは?

未経験者がエンジニアへの転職が難しい理由とはどのようなものでしょうか。エンジニアとしての経験がないという理由でエンジニアへの転職を諦める人もいらっしゃるでしょう。この記事では、未経験エンジニアの転職が難しい理由と成功させるコツについて解説します。

未経験からの転職を成功させるコツとは?

目次

IT系などのエンジニアの転職は難しくなっている状況があります。難しい理由として、待遇面や仕事をする環境を選ぼうとすると、求人が多くても自分にあった会社を見つけることが困難なケースもあります。

本当にエンジニアとして転職を成功させるためには、転職における基本情報の収集も必須です。この記事では、エンジニアの転職が難しい理由や成功させるコツなどを様々な視点から説明します。

未経験からエンジニアの転職が難しい理由とは…?

未経験からの転職を成功させるコツとは?

未経験でエンジニアに転職が難しいのは、プログラミングなどの知識以外にその企業などで必要とされる知識や経験が要求されるのも1つの理由です。

エンジニアとしての知識は、自分である程度勉強することが可能ですがある業界の知識やその会社が扱っているサービスなどに関する知識は簡単には身につかないので、結果的に未経験のエンジニアへの転職が難しくなっています。

自身のキャリアに対する向上心が薄い

自身のキャリアについての向上心が薄いと、未経験のエンジニアへの転職は難しくなります。

エンジニアは日々進歩する技術について敏感に反応して勉強し続ける必要がありますが、自分のキャリアについて向上心がないと必要な知識を勉強で身につけることができない場合があります。

必要とされているエンジニアの知識レベルに到達していなければ、未経験で転職を目指したとしても採用される可能性は低くなるでしょう。

企業が求めるスキルとのマッチングが合っていない

未経験の人がエンジニアへの転職が難しい理由として企業が必要としているスキルにマッチングしていないことがあげられます。

スキルがマッチングしていないケースでは、面接や書類審査の段階ではっきりとわかる部分なので、企業からしても内定を出せないことがあります。

もしもスキルがマッチングしていないで転職で内定をもらっても、エンジニアとして仕事をする際に問題が出てくるでしょう。

職種・職場の情報収集不足

職種・職場の情報収集不足により未経験のエンジニアの転職が難しくなるケースがあります。未経験でエンジニアに応募する時に、書類審査ではじめに職種や職場のことをどの程度理解しているか見られます。

未経験の人は、事前に希望している職種や職場についての情報収集をしていないと仕事のイメージができないため、転職で内定をもらうことは難しくなります。最低でも応募している企業の会社情報や仕事内容については把握しておく必要があります。

自身のスキル・経験のアピールが薄い

エンジニア職を未経験の人の転職が難しい理由として、自分のスキルや経験のアピールが薄い点があります。アピールするための方法があってもそれに気が付かないで効果の薄いアピールを応募書類に記載しても、転職で結果を出すことは難しいでしょう。

IT系のエンジニアであれば、自分がつくった成果物などを見てもらうことも可能で、考え方次第でかなりアピールできる方法はあります。自分のやる気をあらわすためにも採用担当者の立場になってどの様なアピールが効果的か考えてみるのも良いでしょう。

転職活動で必要な選考準備対策ができていない

未経験のエンジニアの転職が難しい他の理由として、転職活動に必要な基本的な選考準備の対策ができていないケースがあります。

選考対策は、面接では事前に面接官に少しでも自分が良い人材であることをアピールするための準備が必要です。何も準備をしないで面接を受けても十分に自分をアピールすることは困難でしょう。

事前に面接対策としてどのような質問に対してどのように回答するか決めておけば、十分に自分をアピールできるのと、内定をもらう可能性も高くなります。

未経験から難しいエンジニアの転職成功率を上げる方法

未経験からの転職を成功させるコツとは?

未経験の人がエンジニアへの転職を成功させるには、いくつかのポイントがあります。最初に今までの自分のスキルを把握しなおしてみることや、アピールできる成果物を整理するなどのことを行うと、転職を成功させるためのコツが見えてきます。

あくまでも採用担当者が応募者の提出書類や面接での言動を見て内定を出すか判断するので、採用担当者が必要としているポイントを理解することが大切です。面接でのポイントを把握できれば、実際にどのような準備をすれば良いか分かります。

自身のスキルを把握する

自分のスキルを把握することは、転職の成功率を上げるポイントの1つです。客観的に見て自分のスキルが他の応募者と比べて何が強い点なのか知ることができると良いでしょう。

一般的に当たり前とされているコミュニケーション能力があるなどのスキルでも、自分の言葉で上手にアピールできれば、スキルとして評価されます。

自分には特にスキルはないと感じても、少しでも得意だと考えられるスキルがあればそれを発展させて転職の際にアピールポイントにすると、採用担当者も認めてくれるでしょう。

成果物の作成

未経験からのエンジニアへの転職を成功させるためには、成果物を作成することが有効です。

成果物の作成は、他の応募者全員が行うわけではないので作成することでその分有利になります。採用担当者も実際に応募者が作ったプログラムなどを見ることができればより具体的にあなたのやる気や能力を知ることが可能です。

成果物の提出は、自分の能力をアピールするだけでなく、やる気も採用担当者に感じてもらえることも利点です。そのため、成果物の作成は内定を獲得できる可能性が高くなるでしょう。

複数のプログラミング言語の習得

未経験のエンジニアに転職する確率を上げるためには、複数のプログラミング言語の習得が効果的です。様々なエンジニアの求人を見てみると、JavaとC言語などの複数のプログラミング言語を必要とするものがかなりあります。

募集要項で複数のプログラミング言語を必要とされているので、未経験からエンジニアを目指す人も独学でも良いので勉強しておくとアピールできます。複数のプログラミング言語を同じ時期に勉強するのが難しい時は、別々の時期にわけて勉強するなどの工夫が必要です。

目的とする将来像を描く

目的とする将来像を描くことで、未経験でもエンジニアに転職する可能性を高くします。普段の仕事では目的意識を強く持つことは少ないですが、転職活動中に目的意識をもって転職に取組むことで、なぜ転職するのか明確になり転職に対するやる気も変わってきます。

将来像を描くことが出来れば、もしも転職活動が長期になっても継続して集中して転職活動をすることが可能です。

モチベーションの向上

エンジニアに対するモチベーションを向上させることは、未経験でエンジニアへの転職をする際にポイントとなります。

モチベーションを高い状態で保つことができれば、面接などでもそのやる気は採用担当者にも伝わるため、転職を成功させることにつながります。

モチベーションが低い状態で面接を受けてしまっても、やる気のない応募者であると判断されてしまうので注意が必要でしょう。

モチベーションの向上には、エンジニアとして働く自分をイメージして何に対してやる気をもって仕事をしたいのか考えることで、転職におけるモチベーションの向上が可能となります。

学習サイトで基礎知識を身につける

未経験の方がエンジニアへの転職成功率を高くするには、学習サイトを利用して基礎知識を身に付けるのも良い方法です。

エンジニアには様々な職種があってプログラマー、システムエンジニア、サーバーエンジニアなど多くの種類があります。これらのどの職種を希望するかによって必要とされる基礎知識も違うので、はじめの段階である程度職種を決められると良いでしょう。

本格的にプログラミングスクールで学ぶ

未経験の人でエンジニアへの転職を希望する場合、本格的にプログラミングスクールで勉強することで転職成功率を高くすることが可能です。

プログラミングスクールの良いところは、何がプログラムのポイントなのか効率良く勉強できる点です。独学で知ることのできないプログラミングのポイントを短い時間で勉強できるのはプログラミングスクールのメリットです。

転職エージェントを使う

転職エージェントを利用することで、エンジニア未経験の人でも転職成功率を上げることが出来ます。

転職エージェントでは、応募者の疑問に答えたり未経験でエンジニアに転職するノウハウを教えてくれます。1人では解決できない未経験のエンジニアへの転職の問題を一緒になって解決してくれるのが転職エージェントの大きな利点なので、迷ったら利用してみる価値はあります。

派遣エンジニアとして登録

派遣エンジニアとして登録することは、未経験でエンジニアに転職する近道と言えます。プログラミングスクールなどで勉強をして基礎知識を身に付けてから派遣エンジニアとして働きはじめれば無理のないステップアップでしょう。

最近では、エンジニアの求人は多く人が足りていないのが現状なので、派遣エンジニアとして登録を行い実際にエンジニアとして経験を積むことで正社員のエンジニアへの道にもつながっています。

未経験から難しいエンジニアでもコツを抑えて転職を成功させよう

未経験からの転職を成功させるコツとは?

未経験からエンジニアになるためのコツは、成果物を作って採用担当者に提出したり無料で見られる学習サイトで基礎知識を身に付けるなどのいくつかの方法があります。

大切なことは、実際のエンジニアとして必要な知識などを学ぶことでエンジニアになるためのモチベーションを向上させることです。「FEnet」で、豊富なラインナップの研修を受けてエンジニアとして働きはじめることの出来る環境を見つけましょう!